不妊治療~タイミング法①~

不妊治療の一番最初のステップ「タイミング法」です。

この方法は医師に相談しなくても、自分達で試すことができることから
不妊治療を考える前に自分達で試すカップルがほとんどです。

タイミング法の方法

タイミング法の基本は、
自分の「生理理周期」を計算し、次の排卵がいつ来るか予想し試みます。

自分で基礎体温を付けて進めていきますが
ぴったりタイミングが合った夫婦生活での
妊娠確率は、「20~30%」と言われています。

「排卵日前後の5日間」は、十分にチャンスはあるので
焦ったり、ストレスを感じることなく試していきましょう。

医師に相談せず、自分なりに計算した排卵日にも関わらず
試し始めて1ヶ月目で妊娠することもあれば、半年かかる方もいます。
確率的に考えれば、ゆっくりと1年の目安で試してみてもいいと思います。

まずは自分でタイミング法を半年前後続けてみて
1年以上妊娠の兆候がないようであれば医師の相談してみましょう。

>>基礎体温と排卵日について詳しく

不妊治療の始めの一歩




自分達なりのタイミング法で結果が出ず
医師に相談する場合、そこからが不妊治療の始まりとなります。

正確に排卵日を計測するために、「おおよその基礎体温」から
「排卵が起こりそうな日」を計算し、近づいてきたら超音波を使い

卵子が入っている「卵胞」の大きさを観察します。

正確な排卵日が確定したら、「タイミング法」を試します。

「妊娠しやすいタイミング」に関してですが
排卵日の2日前・前日が、最も確立が高いことが分かっています。

「タイミング法」によるマイペースな自然妊娠は、最も理想的です。

まずは早い段階で、自分達で計算して試すことが最初のステップになります。

「しっかりと計算」するだけで、うまくいくこともよくあることです。

>>基礎体温と排卵日について詳しく



>>タイミング法②