妊娠しヤスイ女性・しヅライ女性

病弱であっても妊娠しやすい体質の女性もいれば
健康であっても妊娠しにくい体質の女性もいます。

神秘的なことだけに、はっきりとした原因を
断言することはできませんが、妊娠しヅライ女性に
共通していると思われる要因をご紹介したいと思います。

  1. 冷え性である
  2. 血流(リンパ液の流れ)が悪い
  3. 極端に痩せている(太っている)
  4. 過度の喫煙・アルコールの摂取(現役・経験関わらず)
  5. ストレスを抱えやすい
  6. 神経に関わるストレスを抱えている(情緒障害・睡眠障害)
  7. 極端に激しいスポーツの経験がある

1・2・3・4は、健康上のリスクとして納得できると思います。

まずは健康な体が前提

基本的に体にとってマイナスなことは妊娠にとってもマイナスなります。

また、表面上(見た目)は健康そうでも
長い期間の喫煙暦・飲酒暦は確実に体を蝕みます。

これらの要因は妊娠後にも影響を及ぼしてくるため、常にケアを続けていきたいものです。

BABY葉酸

5・6は自律神経に悪影響を及ぼし
ホルモンの分泌に影響がでてくることもあるため
妊娠するキッカケとなる生理・排卵に一番影響を及ぼします。

生理不順・排卵障害にもストレスは大きく関わっているため
抱え込まない方法を早めに見つけましょう。

7に関しては、どの程度が過度に当たるかは個人差になりますが
長距離ランナーに生理が止まった経験がある女性が多いのも事実です。

しかし、オリンピック選手レベルの女性でも
引退後に元気な赤ちゃんを産んだ女性は、沢山いるので一概には言えません。

ただ、これから不妊治療をしていく場合は
過度な運動は絶対に控え、適度な運動に切り替えましょう。

最低限改善すべきポイントを把握しておく

これらの要因と逆であれば妊娠できるとは限りませんが
不妊治療を始める前には、少なくとも改善出来る要因は改善しておきましょう。

同じ体質の人であれば、基本的に若ければ若いほど妊娠しやすいです。

これははっきりとした事実です。

出来るだけ早い、準備・改善をこころがけましょう。

>>高齢出産という「ハードル」