不妊治療の始め方-1~まずは自分達の状況を確認する~

このパートでは、「不妊治療を受けたほうがいいのかな?」と思い始めたカップルや
年齢や体調に関して不安があり、「受ける可能性も考えている」カップルの参考になるよう
実際の不妊治療の始め方や、段階ごとに分けて不妊治療を解説していきたいと思います。

また、実際に病院に通うことだけを「治療」とせず
日々の習慣などを含めて「出来ることは全てやる」というスタンスで望み
なるべく「時間」や「プレッシャー」などのストレスに捕らわれずに授かることを目指します。

まずは状況の確認

不妊治療を始めるために、病院を訪れるその前
まずは自分達の状況を冷静に確認しておくことが大切です。

  • 結婚して、子供を望んでからの時間
  • 「自分達なりの」タイミング法を試し始めてからの時間
  • 自分達の体調(持病や生理の特徴)
  • 中絶や流産の経験
  • 不妊治療を考え始めた経緯

一度自分だけでしっかりと整理し
その後、パートナーとじっくり話し合いましょう。

不妊治療の始まりは、医師による「問診」であることがほとんどであり
その際に、しっかりと答えられるかどうかいによって
その後の治療をスムーズに進めることが出来るか変わってきてしまいます。

非常にプライベートなことを聞かれることも多くあります。

そんな時に躊躇無く答えられることや
正確な返答が出来るよう整理しておくことはとても大切です。

「自分でも分からない」ということが無いように
自分達のことを、自分達でしっかりと知っておきましょう。

迷っている時は準備だけでも進める

不妊治療を始めるタイミングやキッカケは、カップルそれぞれであり
「早い」「遅い」というタイミングも、本来は他人が指摘することではありません。

しかし、このサイトでも何度も言っていて
医学的にも「早ければ早いほどいい」ということは事実です。

「今は迷っている」という状態であっても
準備だけは、しっかりと進めておきましょう。

不妊治療には時間がかかることも多く
生理周期なども非常に大きな要因であり
自然と検査だけでも時間がかかることは仕方の無いことでもあります。

それだけに、日頃から基礎体温を付けておいたり
生理不順を治すための改善策をとっておいたりと
「いざ」となった時のために、しっかり準備しておくことが非常に大切です。

※参考ページ
>>基礎体温の付け方と排卵日の計算

>>妊娠しやすい体を作る

>>平行して試して欲しい妊活サプリの解説

>>不妊治療(妊活)中にしてはいけないこと

共通の意識を持ってから臨む

そして何よりも大切なことは、パートナーとしっかり話し合って
「同じ気持ちで」治療に望むことです。

前記した通り、不妊治療は時間がかかってしまうことも多く
どうしても途中で心が折れてしまう、ネガティブになってしまう時期が訪れます。

どんな時でも、最後まで支え合うことが何よりも大切です。

そのためには、治療を始める前にしっかりと向き合ってみましょう。

>>不妊治療の始め方-2~医療機関を訪問してみる~