妊娠するタイミング・いつまでに子供が欲しいのか

計画的に「子作り」をしたいと思っている方にとって
子供を作るタイミングはいつにしようか、とても迷うことだと思います。

「今なら自分達が思い描く家族像を作ることが出来そう」と思ってから
「タイミング法(避妊せずに夫婦生活)」を実践していくと思いますが
その決断をする時期はどうやって判断していくのでしょうか?

「子作り(妊活)」を始める「決断」をするきっかけ

今日から(近々)「タイミング法」を試し始めようと考える場合に
考慮していく内容として、「自分のため」と「子供の将来のため」
この2つが判断基準になっていくと思います。

BABY葉酸

自分のため

自分が妊娠するタイミングを決める判断基準として

  • 仕事のキャリアの問題
  • 結婚生活に慣れてからにしたい
  • 夫婦二人きりの生活を楽しみたい

以上が挙げられると思います。

特に女性側が決断することが多くなります。

仕事のキャリアの問題は、妊娠すると出産後しばらくまでは働けなる
仕事を辞めることになることが多い風土も影響していますが
それまでに、何らかの自分のキャリアを達成しておきたいと考える人も多いと思います。

また育児が一段落してから、新たに復帰するための「下地」を作っておく意味でも
結婚後しばらくは、しっかり働きたいと考える人が多いと思います。

>>妊娠・出産と女性の仕事

更に、結婚生活に慣れてから二人の時間を大切にしたいというカップルも多く
将来のことを考えるうえで、もう一度じっくりとお互いのことを知る時間も大切です。

生まれてくる子供のため

子供を生む際に、一番考えることは

「しっかりと・十分に、愛情とお金をかけて育ててあげることができるか」

という現実的な部分もとても大きいと思います。

それは子供の教育費であったり
やりたいこと・進路の選択肢を準備してあげることができるか
「お金」に関わることが大部分を占めます。

妊娠した場合、女性が働けなくなることも考慮しておかなければなりません。

>>乗り越えるハードル~時間とお金~

しかし、お金も大切ですが、体力にも限りがあることを考慮しましょう。

「早めの決断」が何よりも大切

子供が好きな人ほど、万全な準備をしたいと考え
その結果、年をとってしまい、高齢出産になってしまったり

もしくは最初から不妊の要因があったにも関わらず放置してしまうなどの
不妊治療に至る要因が増えてしまいます。

子供が好きな人ほど、子供のことをよく考えた結果
不妊治療を受けることになるケースが目立ちます。

できるだけ早い決断と、万全な準備がとても大切になります。

makana