不妊治療克服

本気で乗り越えるための不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

知っておきたい妊娠・出産のリスク

「妊娠」によって宿した「新しい命」をこの世に産み出す「出産」

カップルにとって妊娠・出産というイベントは非常に喜ばしいことですが
大きな喜びには大きなリスクが伴います。

 

妊娠することによって、その後約10ヶ月の妊婦生活が始まりますが
その過程での生活や、健康に関するリスクは

今までの生活とは比べ物にならないものになります。

 

ここでは大まかな物理的・肉体的なリスクと
日常生活の変化によるリスクを紹介していきたいと思います。



「妊娠」自体、非常に大きなリスクをはらんでいますが
特に妊娠に至るまでの過程で「不妊治療」を経ている場合

 

本来、妊娠することが困難であったことから
通常の自然妊娠した女性よりも

 

>>>妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)

 

>>>流産

 

>>>先天性障害(ダウン症)

 

などの、妊娠中・出産に対するリスクが高くなる傾向があります。

 

そして、以上挙げたものを経験するうえで

年齢に伴う体力などの問題も考慮しなければなりません。

また、昨今の妊娠・出産の現場で多く見られる
リスクが一番高くなっているケースが「高齢出産」です。

 

>>>高齢出産について詳しく

 

不妊症治療の現実的なリスク

 

また、日常生活のリスクの中には

今まで共働きをしていたカップルの場合
女性が妊娠・出産・育児によって働きに出られなくなることで
「金銭的な負担」というリスクもあります。

 

昨今、高齢出産が増えている理由に

  • 共働きでないと家計が苦しくなるために子作りできなかった
  • 金銭的に余裕が出来てから安心して子作りしようと思っていた

 

以上の2パターンが非常に多くなっています。

 

そして、いざ「妊活」を始めたもののなかなか恵まれない
肉体的にも・生殖細胞(卵子・精子)を含め

衰え始めていたということも多くなっています。

 

当然のことながら若いほど妊娠しやすく
また、母体・胎児へのリスクも少ないですが
年を経るごとにそれらは段々と大きくなってきます。

 

 

「妊娠・出産は健康なうちに、体(精子・卵子)が劣化しないうちに経験すべき」

 

 

ということのが、医学的には推奨されますが

分かってはいてもなかなか難しい問題でもあるため
早い段階で「とりあえず準備だけはしておく」ということが大切になります。

 

 

>>>妊娠・出産と女性の仕事



 

注目の「最新」妊活サプリ
makana
「現在までの利用者数」No1の妊活サプリ
よく読まれている記事
トピックのカテゴリー
必ず知っておきたいこと
このサイトについて