不妊治療克服

本気で乗り越えるための不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

不妊治療(妊活)中になるべく避けた方がいいこと

必ずしも禁止と言うわけではありませんが
できるだけ避けた方がいいことを

妊娠初期の段階のことも考えて制限します。



不妊治療(妊活)中にはなるべく避けるべきこと

 

以下で紹介するものは「絶対禁止」ということではありませんが

「原則的」に避けるべきことであり、医師への相談も必須になります。

 

薬の服用

 

妊娠中には薬の摂取が制限されるため
「もしも」妊娠していた時のことを考えるとあまりお勧めできません。

 

そうはいっても服用しないと体調が悪くなったりして
妊活に余計に支障をきたす場合もあります。

 

できるだけ早めに、「飲まずに済む」ような体を作り
体調万全の状態で不妊治療に望めるようにしましょう。

 

アルコールの摂取

 

妊娠中の飲酒では「胎児性アルコール症候群」

リスクが高まるため、基本的には飲んではいけません。

 

しかし、不妊治療中や妊娠の初期段階であれば
それほど神経質になる必要はありません。

 

妊娠が発覚してからは授乳が終るまで一切絶ちましょう。

不妊治療中であれば、通院しているため
妊娠はすぐに発覚するのでその時点でやめれば問題ありません。)

 

ただし、不妊治療中であってもなくても
過剰な飲酒は肉体へのダメージやホルモン以上の原因になるので
不妊治療中はなるべく控えることをおススメします。

 

もしも、どうしても飲む機会があるのであれば
「抗酸化作用」のあるポリフェノールを含んだワインや

薄いウィスキーの水割りをおススメします。

 

カフェインの摂取

 

一番の理由は体を冷やしてしまうことです。

 

他のパートで何度も解説していますが、女性にとって
不妊治療にとって体の冷えは避けておきたいものの1つです。

 

コーヒーやお茶類は1日2杯までに抑えておきましょう。

 

不妊治療中の食事の際、お茶を飲みたいのであれば

カフェインの含まず、且不妊治療を補助してくれる

成分が含まれた「ルイボスティー」がおススメです。

 

ルイボスティーは日常に取り入れるべきメリットがある

おススメの習慣なのでぜひ一度試してみましょう。



 

試してみて味が苦手、温かいお茶は飲みたくないという方は
同じ成分が含まれるサプリをおススメします。 ↓



 

<<<不妊治療中にしてはいけないこと

 

注目の「最新」妊活サプリ
makana
「現在までの利用者数」No1の妊活サプリ
よく読まれている記事
トピックのカテゴリー
必ず知っておきたいこと
このサイトについて