本気で取り組む妊活と不妊治療の克服

本気で乗り越えるための妊活・不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

不妊治療~人口受精~

身体的な理由で自然妊娠が望めない場合や
通常のタイミング法、排卵誘発剤を使用した

タイミング法で効果が出ない等

「自然に近い形での妊娠が難しい場合」に
「科学的な技術」を用いた不妊治療に段階を移していくことになります。

 

まず最初に試される方法が

人工的に膣に精液を注入する「人工授精」です。



人工授精の手順・仕組み

 

男性側から採取した精液を分離機にかけ
精製した純度の高い状態のものを専用の器具で注入します。

 

女性側に関しても、ホルモン剤を投与して卵子を活性化させ
受精しやすい状態に準備させていきます。

 

専門の医院での診察を受けてから「タイミング法」を試し始め
半年~1年で懐妊に至らない時点で移っていくことが多いです。

 

原理としては自然妊娠と仕組みは非常に近いですが
人工授精の段階に移す原因としては

  • 膣の経路に異常があり、静止が子宮まで辿り着けない
  • 精子自体の数が少ない
  • 精子の運動能力不足や受精能力が低い

 

これらの症状が見られる場合
人工授精を試すことになることが多いです。

 

また、身体障害や勃起障害などで

円滑な夫婦生活が営めない場合は
不妊治療の初期の段階で試されることもあります。

 

出来るだけベストな状態で行われ
妊娠に至る可能性は確率的には20%ほどですが
1、2回でうまくいくカップルもいれば
10回試してみても、うまくいかないカップルもいます。

 

通常の保険は適用されなくなる

 

人工授精からの「高度生殖医療」のステージでは
通常の健康保険は適応されません。

 

地域の補助金を受けられるように
必ず自分達の住んでいる自治体の制度を調べ、窓口に相談してみましょう。

 

>>不妊治療のお金のハードルについて詳しく

 

BABY葉酸

 

以前は「人の手」による妊娠に対し

抵抗があるカップルが多かったようですが
現在では段々と受け入れられ、メジャーな治療となっており
最初から視野に入れて治療するカップルも多くなってきました。

 

しかし、そうはいっても
お金や精神的な負担が増えるのは事実です。

 

この段階からは時間だけでなく
経済的な部分も考慮していかなければいけません。



タイミング法②<<<

 

>>>体外受精

 

「最新」トータル妊活サプリ

makana

よく読まれている記事

妊活サプリの紹介

必ず知っておきたいこと

このサイトについて