「月経困難症」の症状と改善策

生理期間中の不調で、日常生活に支障をきたしてしまう程
重い症状は「月経困難症」と呼ばれ、通常の生理痛とは分けて考えられています。

症状による明確な基準は設けられていないものの、
起き上がることが困難であったり、椅子に座っていられない
勉学・仕事に手が付かないなどの「非常につらい」と感じることがあれば
月経困難症の疑いがある考えられ、しかるべき対処をとる必要があります。

月経困難症の種類と症状

月経困難症は2種類あり、それぞれ原因や症状が違います。

機能性(原発性)月経困難症

特別な疾患や機能障害などが無いにも関わらず
頭痛や、下腹部を中心とした鈍い痛みが続きます。

生理時に子宮内膜で作られる、「プロスタグランジン」という物質が
子宮の過剰な収縮を招き、しめつけられることによって痛みを招き
血流がも悪くなることにより、頭痛や体のコリなどの不調が続くことになります。

器質性(続発性)月経困難症

子宮を中心とした内臓の疾患を原因とし各種重い生理痛を招きます。

「子宮内膜症」や、「子宮筋腫」を代表とした
女性機能の直接的な疾患が要因となることが多く、本格的な治療が必要な場合もあります。

年齢を経るごとに良化することが多いが

全体を占める割合としては、機能性(原発性)月経困難症が多く
生理時に必ず生成される物質の、過剰生産が原因であるため仕方がない面もありますが
基本的には、「加齢」や「出産」と共に症状は軽くなっていきます。

月経困難症の医療機関における検査は、血液検査や尿検査によるホルモンの計測が主ですが
特別な疾患が無い機能性月経困難症の場合は、主に問診による自覚症状によって診断されます。

超音波検査や内心によって、子宮の疾患が発見され
器質性月経困難症と診断された場合は、より高度な然るべき対処を検討していきます。

機能性(原発性)月経困難症の治療

機能性月経困難症の場合は、はっきりとした原因がないため
鎮痛薬等を使用した、薬物治療がメインになってきます。

場合によっては、医師の診断のもと「ピル」を使用していくこともあります。

器質性月経困難症の治療

器質性月経困難症は、基本的に子宮に関する疾患が原因であることが多く

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症

これらの治療によって、改善させていきます。

以上の疾患の症状によって、薬物治療であったり
外科手術で患部の一部を摘出(稀に全摘出)することもあります。

日常生活の中で改善できることも

基本的には、生理期間をピークとして痛むことが多いですが
それ以外の時期にも痛み出すことが多く、そういった場合は早急な対処が必要な場合もあります。

また、機能性月経困難症の場合は日常生活が原因であることもあり
その場合は、生活習慣の改善によって快報に向かうこともあります。