妊活の妨げとなる「子宮頸がん」の原因と症状

「子宮頸がん」とは、子宮の入り口(子宮頸部)に発生する「悪性腫瘍」であり
女性が患う癌の中で乳がんの次に割合が多いとされています。

「妊娠」や「出産」に大きく関わる事態になることも多いため
正しい知識を身に付けていることが、非常に大切です。

子宮頸がんの症状と原因

初期症状はほとんどなく、自覚症状を感じ始める頃には
大きく進行してしまっていることがほとんどです。

不正出血や、性交後の出血等といった
「生理期間以外」における出血を伴うことが特徴です。

またオリモノの量が増え、匂いも強くなる傾向があります。

膀胱や腸に近いため、進行・転移することによって血尿や血便を招くことがあります。

子宮頸がんは、主に「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスに
感染した結果として、発症すると考えられています。

可能性は低いがリスクは沢山ある粘膜の接触にって
感染するウイルスのため、性交が原因となり感染することがほとんどですが
ありふれたウイルスのため、感染すること自体は非常に多くまた
性交以外の単純な肌の接触だけでも感染することも考えられます。

「8割の女性が感染した経験がある」と考えられていますが
ほとんどの場合は、発症することなく消滅するため実際に
子宮頸がんまで行き着くケースは、10%程です。

子宮頸がんの治療

初期の段階では自覚症状も少ないため、
健康診断によって発見されるケースがほとんどです。

検診を受ける習慣がない場合は、発見が遅くなるため
子宮がん検診だけでも、受ける習慣をつけることを推奨します。

進行・転移していない状態で発見できた場合は
部分的な切除のみのため、その後の妊娠・出産は可能です。

しかし、一定の進行を許してしまっている場合は
子宮全摘出するケースもあり、ホルモンの乱れなどの後遺症も伴います。

子宮を残しておきたいという場合は、
レーザー治療や放射線治療も行われることが多くなっています。

定期的に検査を受けるべき疾患

子宮頸がんは、予防ワクチンも存在しますが
一時は世界的に話題になったほどに、副作用のリスクが高いことで有名です。

日本は諸外国に比べ、「子宮がん検診」
受けている女性の割合が非常に低いという現実があります。

とにかく、せめて、できるだけ定期的な「検診」を受けることが重要です。