妊活の妨げとなる「子宮内膜症」の原因と症状

「子宮内膜症」とは、通常であれば子宮なの内部に存在する「子宮内膜」
子宮の外部にできてしまう症状であり、非常に多くの弊害を招くことになります。

20代~30代といった、妊娠適齢期ともいえる時期に最も発生しやすく
また、妊娠経験の有無を関係なく発生する症状です。

発生する部位も多くのケースがあり、「子宮外」と言っても
その範囲は様々であり、それによって症状の度合いや治療法も変わってきます。

患部が子宮外で増殖し、大きくなればなるほど
痛みも増え、体に及ぼす影響も大きくなります。

発生する確かな原因は分かっておらず、また様々な原因が考えられる疾患です。

そもそも「生理」とは、子宮内部で成長(肥大)した子宮内膜が
使われない(妊娠しない)場合に、
経血や様々な要素を伴って定期的に排出されるものになります。

通常の子宮内膜と同じく、生理時に出血もしますが
排出されず滞留し血腫を形成してしまうこともあります。

「生理痛」にも関係している可能性のある症状

子宮内膜は、生理にとって非常に関わりが深い組織であり
もちろん、異常があることによって大きな悪影響を与えることになります。

いわゆる「生理痛」にも、関係していることが多く
月経困難症として「重い生理」につながることになります。

特に「経血が増える」といった症状は顕著であり
生理期間中でないにも関わらず、出血がある場合には
内膜が発生した部分に、経血が溜まってしまっている可能性もあります。

また、

  • 頭痛
  • 腰痛
  • 頻尿・排尿痛
  • 不妊

といった症状が、伴うことも一般的です。

また生理の際に、通常時以上の痛みを伴うことは言うまでもありません。

エストロゲンの分泌によって、幹部が成長し続けるため
放置したままだと徐々にに悪化することになり、適切な治療が必要です。

子宮内膜症の原因

なぜ子宮外にできてしまうのか、子宮内膜症の症状そのものである
子宮の外側にできてしまうその原因は、正確なものが分からないことが現実です。

ただし、「女性ホルモン」また「妊娠」に関わる
子宮をはじめとした様々な器官に大きく関わることは間違いありません。

戦後、時間が経つにつれ患者数は確実に増加しており
その間の「環境ホルモン」といった要因も無視できないはずです。

当然「ストレス」による、「めぐりの乱れ」も大きく関わることになります。

子宮内膜症は、閉経後には患者数が劇的に減少します。

つまり「女性としての機能」が活発であるほど、リスクが高いと言えます。

様々な要因が考えられる中で、子宮や性器周辺の
ちょっとした乱れ(性器や腸の形)によって「腫れ」や「炎症」のようなものが発生し
結果的に子宮内膜と同じものが、子宮外に作られる可能性も考えられています。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症は、月経によって症状が悪化していきます。

妊娠することによって、月経が止まり自然治癒することもあることから
薬物療法によって、生理周期をコントロールすることが一般的です。

自覚症状がないなど重い症状でない場合、経過を観察することもあります。

妊娠も問題なく出来る場合もあり、悪化しないケースもあります。

症状を軽減するための薬物療法が主流になり、パターンも様々です。

基本的にはホルモン療法やピルを使ったホルモン・月経周期のコントロールが試されます。

完治することはなく、継続的な経過観察・投薬が必要です。

日常生活に支障をきたすなどの重症の場合、外科手術が行われます。

手術の内容は、患部の摘出手術がメインですが
妊娠の希望がない場合などは子宮の全摘出が行われる場合もあります。

リスクはなくならない

子宮内膜症は、10代~40代までの幅広い年齢層にリスクがあり
摘出や切除を行わない場合は、閉経までの長い治療期間になります。

不妊症につながるケースも多く、早い段階で治療を始めることが推奨されます。

また「子宮筋腫」と同時に発症してしまった場合には、より症状が重くなることになり
痛みやオリモノといった症状が顕著であるため、早期発見がしやすいとも考えられます。

生理痛などといった、自覚症状が比較的分かりやすいため
気になる症状がある場合は早急に受信し、検査を受けましょう。