妊活に向けて女性ホルモンを整えるためにおすすめのサポートサプリランキング

妊娠は、卵子と精子が出会うことによって実現しますが
そもそも「排卵」がなければ、「卵子」は存在しません。

妊活を始めるうえでも、生理がしっかりと規則正しく
毎月訪れることが最低条件であり
「スムーズな排卵が訪れる体」を作ることが
「本当の妊活の始まり」とも考えられます。

そして、排卵周期を規則正しく整えるということは
「女性ホルモン」にまつわる環境を整えるということでもあり、
それは同時に、子宮環境や妊娠後の

  • 母体の健康
  • 胎児の成長

これらにも欠かせないものと言えます。

そしてこの、正常にホルモンを循環させるためには
まずは何と言っても「冷え性」の改善が必要と言えます。

あくまで「前提」となりますが日々進歩する、妊活サプリ・アイテムの中には
(冷え性の改善を平行する)それ以上の効果を目的とするものも増えています。

最初に整えておくべきものが、最後まで大切な要素になります。

「ホルモン環境改善」を応援するサプリランキング

基本のサプリ
基本のサプリ

女性ホルモンに関わる問題なら

女性ホルモンが、バランスを崩している状態は
更年期障害におけるトラブルと、共通する要素が多く
そのため大豆イソフラボンを中心に配合された
「更年期サプリ」が効果的であると考えられます。

更年期に悩む女性に長く利用されているアイテムであり
安心して使える点は、妊活女性にもぴったりのはずです。

価格 イチオシポイント
5,460円/単品
2,730円/月(定期便<初回>)
安心と好評の総合力

女性に嬉しい成分が、「とことん」配合されています。
妊活中に嬉しい「葉酸」もしっかり摂取することができます。

makana(マカナ)
マカナ

1つで全部・長くなら

妊活のためのトータルケアができる「マカナ」は
温めて、ホルモン環境を改善した体に
幅広い有効成分を届けることができるアイテムです。

より効果的に・幅広いケアを施すことができる
効率を考えて、設計されたアイテムでもあります。

価格 イチオシポイント
6,580円/単品
3,980円/月(定期便<初回>)
「温める」からの総合ケア

「うまくいかない」という状況では、様々な要因を想定することができ
幅広い要因を解決するためには、成分の数・より根本的な要素の両方が重要と言えます。

SAZUKARI-サズカリ-
サズカリ

高い吸収率と続けやすさ

妊活に取り組む女性が、まず最初に克服しておくべき
「ホルモン環境」の改善を目的とした成分が配合されています。

妊活における、女性側の準備をトータルでサポートできるサプリでもあり
「継続」という、最大限に効果を引き出すために
他取り組みやすい設定をメーカーが設けている点にも注目です。

価格 イチオシポイント
980円/月(定期<初回>)

5,980円/月(定期<2回目以降>)

ホルモンの角度から考えた妊活ケアに最適

希少な・良質な成分を、吸収しやすいかたちで配合しており
初回980円と、試すためのハードルが低いこともおススメポイントです。

まずクリアしたい始めの一歩

以上紹介したサプリは、本来であれば妊活準備の「その前に」
実践しおき、スムーズに妊活を始めるためのサプリです。

妊活の最も重要なパートでもある「タイミング法」
「タイミング」を計る際も、生理周期が乱れている状態では
しっかりと「バッチリ」のタイミングを予想することができません。

「スムーズ」で「規則正しい」生理・排卵が重要なのです。

妊活の初期段階である「タイミング法」の時期から
人工授精・体外受精といった、「次のステップ」を踏む場合にも
常に重要となる要素であり、最も根本的な要素でもあります。

特に生殖細胞の「鮮度」は、受精卵の質に大きく関わるため
スムーズなサイクルを保てない場合には、

  • 先天性障害
  • 流産・死産

といったものリスクを、上昇させてしまうことになります。

そして、この「排卵のタイミング」というのは
「基礎体温」の推移をもとに、予測するものであり
「基礎体温がガタガタ」といった状態というのは、早期解決する必要があります。

「めぐり」を改善するためにサプリと同時始めたいケア

「基礎体温の移り変わり」や、「排卵日の訪れ」は
いわゆる「めぐり」と呼ばれているものであり、
「生理」という体の反応に限らず、「摂取」「消化」「吸収(排泄)」といった
「代謝」と呼ばれる、一連の体の働きに関しても含まれると考えられます。

事実、体を動かしているものは「栄養素」であり
この栄養素によって、生理・代謝の反応も変わってきます。

従来の、めぐりに働きかけるアイテムであれば
「生姜」といった「体を温めるもの」を中心として配合されたものが主流でしたが
現在では、「温める」という観点からのアプローチだけでなく
「冷やさない」といった角度から考え、「冷える」要因に対し
「体の中から対抗するための配合」といったものも増えてきています。