妊活に対する効果とその先の胎児の健康を考えたおすすめ「葉酸」サプリランキング

妊活を進める際には、
「生まれた後の赤ちゃんの健康」を忘れてはなりません。

そして、健康に関わる要素というのは
「お腹に宿る前」や、「お腹にいる間」に決まってしまうことが多いのです。

そのため、本来であれば「妊活を始める前」に取り組むべき内容であり
特に「葉酸」に関しては、「赤ちゃんの健康」を考えた際に
妊娠中・妊娠初期に、非常に重要な存在でありことは常識的です。

しかしながら、妊娠中の重要度はもちろんのこと
妊娠前の、妊活時にも、同じくらい大切にすべき栄養度でもあるのです。

精子・卵子といった、「生殖細胞」を正常に保つことから
お腹に宿った後は、胎児の神経組織の構築に不可欠な栄養素であり
妊活~妊娠~育児にわたって、心強い味方となる
早い段階で、信頼できるアイテムを見つけておくべきであると言えます。

しかしながら、「妊活専用」の葉酸サプリは多すぎると言えるほどに
多くの種類が販売されおり、どれを選んでいいか迷ってしまう人も多いと思います。

ここでは、妊娠前・妊娠中の広い範囲に亘り
母体・胎児にとって、特におススメできるサプリを紹介していきます。

母体と胎児の安全のための「葉酸サプリ」ランキング

BABY葉酸ママの恵み
BABY葉酸ママの恵み

「最新」葉酸サプリ

「葉酸サプリ」というジャンルにとどまらない
従来の妊活サプリには、配合されていなかった
「新しい成分」を多数配合しているアイテムです。

高齢出産にあたる、不安の多い女性を中心に
継続して摂取したい方に、特におススメになります。

価格/th> イチオシポイント
6,980円/単品
4,980円/月(定期便<ずっとこの価格>)
幅広い「希少成分」を豊富に配合

他の葉酸サプリに比べて、やや高価な印象がありますが
「葉酸」だけに留まらない、幅広い栄養素を配合しているため「割高」ではないと言えます。

パティ葉酸サプリ
パティ葉酸サプリ

無添加・無農薬

100%無添加の、天然由来の葉酸を配合しており
コーティングのための添加物も使用していません。

葉酸はもちろん、亜鉛や各種ビタミン・ミネラルも
十分な量を配合しており「トータル妊活サプリ」を
ナチュラルに摂取したい方に、おススメです。

価格 イチオシポイント
5,400円/単品
3,780円/月(定期便<ずっとこの価格>)
とにかく全てが天然成分

高齢出産にあたる方は、特に今まで摂取してきた「余計なもの」が体に蓄積されている状態であり
これから摂取する栄養に関しては、特にこだわっていきましょう

VEGEMAMA ベジママ
VEGEMAMA ベジママ

「ピニトール」配合でママの健康もケア

葉酸だけでなく、母体の健康に有効な「ピニトール」
また、元気な細胞を作るための「ルイボス」といった
妊活時にこそ欲しい、特殊な成分も配合しています。

他のサプリにはない、珍しいコンセプトの成分も含まれ
今までのアイテムでは効果が見られなかった女性に。

価格 イチオシポイント
5,500円/単品
2,750円/月(定期便<初回>)
胎児と母体にダブルの効果

「ピニトール」は、糖尿病対策にも有効な成分であり
「妊娠糖尿病」などのリスクにもアプローチ出来ます。
低価格で試せるアイテムであり、ちょっと試してみたい方におススメです。

「妊娠してからでいい」成分ではない

改めて、葉酸は「妊活」にとっても、

非常に重要な栄養素と知って欲しいと思います。

また「胎児のため」だけでなく、「母体」の健康にとっても
葉酸は非常に重要な栄養素であり、長く続けることが大切です。

自分の体とも相談し、経済的にも無理の無いように
長い期間続けられるような、利用の仕方を考えていきましょう。

そもそも、一般にはあまり知られていない栄養素であり
不妊治療・妊活をきっかけに、知ることになったことも多いと思います。

なぜ必要なのか?について少し詳しく

葉酸は、胎児の脳の形成や神経系統の形成に
大きな影響を与える栄養素であり、不足することによって
先天的な脳・神経障害が起こりやすいと考えられています。

妊婦の必要摂取量は、一般女性の2倍に増えるとも言われ
妊娠してから必要になる栄養素だと思われがちですが
妊活中~妊娠初期段階にかけてが最も必要な状況なのです。

男性も意識して摂取するべき

葉酸は「卵子」だけでなく、「精子」にとっても重要であることから
男性にとっても欠かせない、男性こそ妊娠前に摂らなければ意味がないと言えます。

葉酸は主に「緑の野菜」や、特定の「果物」に多く含まれていますが
水溶性」のため、洗うことによって大部分が失われてしまいます。

野菜を摂取している気になっているだけで
栄養の摂取としては、ほとんど意味がないことが現実です。

だからこそ、「サプリでの摂取」が推奨されているのです。

理想としては、食材とサプリメントで半分半分を意識して
経済的にも、肉体的にも無理のないように摂取して欲しいと思います。