不妊治療克服

本気で乗り越えるための不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

二人目不妊(続発性不妊)

1人目を授かることができない不妊症のことを「原発性不妊」と呼び
2人目移行を授かることが出来ない不妊症を「続発性不妊」と呼びます。

 

続発性不妊の定義は「原発性不妊」同じで
避妊をしていないにも関わらず1年以上妊娠の兆候がないことをいいます。

 

1度妊娠・出産していることから
母親・父親の肉体(卵子・精子)に先天性の異常がないことが分かります。

 

 

1人目の時よりも「老化」していることが大きな原因に

 

2人目不妊の原因は1人目を授かれないケースと重なる部分が多くあります。

その1つとして1人目の時よりも「年齢」を経ていることです。

 

晩婚化が進み、初産の年齢も上がったため
自然と二人目の出産年齢も上がっています。

 

母親の卵子の劣化、父親の精子の劣化がおきています。

 

卵子・精子だけではなく排卵機能や勃起障害など
あらゆる機能が衰えてくることは仕方がないことです。

 

昔は「2人目は早く作れ」など言われることもありましたが
現在では時代遅れの考えで、「家族計画」を持って

妊娠・出産する方がほとんどです。

 

「1人目をしっかり育ててから」

 

「やっぱり1人だとかわいそう、兄弟を与えたい」

 

など、時間が経ってから2人目をと考える人も多いです。

 

その分、1人目の妊娠・出産の時期に比べて
加齢や生活習慣の乱れが積み重なっています。

 

1人目とは条件が違う

 

体の物理的(肉体的)な機能だけではなく

ストレスも積み重なっており、ホルモンや自立神経の乱れを

起こししまっていることも十分に考えられます。

 

そして、残念なことに1人目の子育ての

「ストレス」が原因と考えられるケースもあります。

 

ただでさえ、女性の体はストレスに敏感ですが

子育てによって、ストレスが増えることは間違いありません。

 

また、まれなケースですが、もともと不妊症の傾向があり
1人目は「非常に低い確率」で、自然妊娠出来ていたということもあります。

 

そういったケースでは「2人目もすぐできる」という感覚があり
「なかなか出来ない」となってから病院に行くケースも多いため
治療を始めるのが遅くなってしまうことが多くなります。

 

基本的な治療は通常の不妊治療と変わりません。
タイミング法から徐々に試していくことになります。

 

 

>>>タイミング法について詳しく



 

注目の「最新」妊活サプリ
makana
「現在までの利用者数」No1の妊活サプリ
よく読まれている記事
トピックのカテゴリー
必ず知っておきたいこと
このサイトについて