妊娠しやすくなる食事~女性編~

体の調子を整え丈夫な卵子作るために、「食事」という要素はとても重要です。

妊娠するための体作りは、食事習慣の改善が何よりの基礎になります。

常にバランスの良い食事を心がけることが第一ですが
その中でもこれは絶対不可欠・優先して摂取すべき栄養素を紹介します。

女性の不妊治療(妊活)時に有効な栄養素

妊娠を望む女性に、特に有効な栄養素を様々な面から解説していきます。

鉄分/子宮の環境の改善・貧血の防止・冷え性の予防

「鉄分」は不妊改善のためだけではなく
女性の体を健全に保つためにはとても大事なものです。

特に、生理環境にに問題を抱えているということは
不妊治療に対し、非常に困難を招きます。

月経の健全化にも鉄分は貢献してくれます。

また、丈夫な子宮を作り・保つ働きも鉄分にはあるため
早めに摂取する習慣をつけることが大切です。

貧血が起こりやすい体質の方も女性には多いですが
貧血がを起こしてしまう、ということは
体を健全に保つ能力が、不足しているということになります。

そして何より、女性の大敵である「冷え性」の改善には鉄分の摂取が最も有効です。

日常的な食事だけで、不足してしまうような場合は
サプリメントで摂取することは、非常に有効であり
早めの改善を求める必要がある場合には、試してみることも必要です。

makana

鉄分を多く含む食材・・・
ほうれん草、レバー、ひじき、のり、豆類、貝類(過剰摂取に注意)

亜鉛/卵胞の健全な成熟の促進

「亜鉛」といえば、男性側が摂取した方がいい印象があると思いますが
女性の体に対しても、非常に重要な役割を果たします。

卵子を作るのにも亜鉛は欠かすことはできませんし
亜鉛は遺伝子・核酸の元の要素の1つでもあります。

卵子の発育不足での妊娠は胎児の発育不足にもつながるため
未熟児の状態での出産のリスクにもなります。

妊娠中の母体・胎児の免疫力を保つためにも
欠かさず摂取しておきましょう。

鉄分を多く含む食材・・・
肉類(特にレバー)、チーズ、アーモンド、青魚

葉酸/妊娠初期の体を安定させ、胎児を守る

妊活・出産を意識するまでは、意外と知られていなかった栄養素が
この「葉酸」であり、とても大切な栄養素なのですが
積極的に摂取していない・足りていない女性が多いことが現実です。

葉酸は、妊娠前・妊娠初期・妊娠中と
妊娠時の全ての時期に必要な栄養素ですが
特に妊娠初期の摂取が非常に重要です。

働きとしては、細胞の核酸の合成に必要な栄養素のため
卵子への影響に関しても、非常に大きなものですが

それ以上に、胎児の神経の健全な発育に影響が出ます。

極端に不足した場合、脳や神経に
先天的な障害が出やすくなることが分かっています。

また妊活の段階でも精子・卵子を作り出す、「生殖細胞」の正常な生成に加え
それの細胞の
修復・再生にも必要な栄養素になります。

不足することによって、ダウン症につながる「染色体異常」
「流産」「早産」「死産」を招くリスクの上昇につながってしまいます。

食事だけで必要な葉酸を摂取することは非常に難しいため
サプリメントの活用が推奨されている栄養素でもあり
「足りていないかな?」と思ったら、前向きにサプリの導入を検討しましょう。

葉酸を多く含む食材・・・
緑の野菜・いちご・キウイ

以上の栄養素をバランスよく摂取することが、不妊治療の最初の一歩です。

>>葉酸サプリを中心とした女性向けサプリの解説

BABY葉酸

これだけも毎日摂取したい!

バナナ・牛乳・卵はこれらの栄養素をバランスよく含んでおり
女性の健康にとっても、妊娠・出産にとっても
効果的に必要な栄養素を摂取するので特におススメです。

>>妊娠しやすくなる食事~男性編~