不妊治療克服

本気で乗り越えるための不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

乗り越えるハードル~高齢出産を乗り越える~

統計的に考えた場合、不妊治療・妊活を乗り越えて

出産するカップルは「高齢出産」という別のハードルも

乗り越えなければいけない割合が高くなります。

 

「適齢期」と言う言葉に抵抗がある方や、違和感がある方もいると思いますが
医学的な観点からもしっかり把握しておくべき事柄なので、あえて記載します。

 

女性の妊娠適齢期は20台半ばと言われていて
理由としては「女性としての体が完成」していて
尚且つ「衰えていない」時期にあたるためです。

 

35歳以上での出産を「高齢出産」と位置づけていますが
もともとは30歳で定義されていたものを
初婚年齢が上がったために引き上げたものです。

 

よって、単純にくくれるものではなく
何をもって「高齢」とするかは人によって違ってきます。

 

また、初産が「高齢出産」にあたる女性は
30年前に比べ2倍になっていて、全く珍しいものではありません。

 

しかし、身近なものになり「そんなに大変なことではな」
と思われている方もいるかもしれませんが
そのリスクはしっかりと覚悟しなければなりません。

 

高齢出産のリスク

 

高齢妊娠・出産によって、特に高まるリスクを紹介していきます。

 

流産・早産

 

出産の際だけではなく

妊娠中も各トラブルのリスクは高くなります。

 

最も注意しなければならないことが流産です。

 

20代では10%程度の確立ですが

高齢出産の場合、40%前後と非常に高くなります。

 

>>>流産を乗り越える

 

分娩の際の新婦死亡率

 

そもそも日本の妊婦死亡率はかなり低く

1万件に1件程という非常に稀な症状です。

 

しかし「高齢出産」に当たる年齢の死亡例は

35歳~40歳で、20代の約2.5倍
40歳以上で約5倍と非常に高くなります。

 

また、経産婦よりも初産の女性の方がリスクは高くなります。

 

ダウン症児・先天性疾患の増加

 

「ダウン症」を含む先天性の「染色体異常」
なんらかの障害を持った胎児が生まれるリスクも高くなります。

 

「ダウン症」に限っては

20歳代での出産では「2000分の1」であったものが
40歳代では「100分の1」とそのリスクは約20倍にもなります。

 

これは卵子・精子の老化によって

染色体に以上が出やすいことが原因です。

 

>>>胎児の先天性障害・疾患のリスク

 

産後の母体の回復

 

出産に伴う体力も¥の消耗も大きく
出産後の授乳や育児に使う体力も

高齢出産の場合は回復が遅くなります。

 

最近では、有名な方が不妊治療を乗り越えて
高齢出産したことがニュースになることもあり
年齢を気にしない風潮も出てきていますが
たとえ医学が進歩しても年齢を経ることによる出産のリスク上昇は変わりません。

 

「キャリア」や「やりたいこと」などを優先している女性も
「適齢期」は十分把握しているはずですし
「お金に余裕が出来てから」と考えるカップルも増えてきています。

 

「タイミング」はそれぞれであり、自分達が決めることですが
年齢が上がることによる、その「リスク」はしっかりと心にとめておきましょう。

 



 

 

乗り越えるハードル~時間とお金~<<

 

 

>>乗り越えるハードル~流産~

 

「最新」トータル妊活サプリ

makana

よく読まれている記事
トピックのカテゴリー
必ず知っておきたいこと
このサイトについて