【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

女性器(膣)の汚れが不妊を招く




多くのカップルを悩ませている、「原因不明」とされるような
何が原因で・どの段階で問題があるのか分からない不妊の症状の中には
「受精」の段階で、何らかのトラブルが起きている場合があります。

特に「原因不明の不妊」に多いケースであり
卵子・精子には問題はなく、その他の部分の影響によるものが多いと言えます。

精子の「運動率」の問題など、様々なケースが考えられますが

もしかしたら、

単に、「女性器(膣)」が汚れていることが原因の可能性もあり
それは、非常にもったいないと言える状態です。

スポンサーリンク

受精環境の悪化を招く




「pH濃度」を含め、膣内の環境というのは
常に一定に・清潔に保たれるようにする「自浄作用」があります。

しかしながら、体調・ホルモン環境の変化によって
膣内の環境も変化するものであり、精子にとって常に適切の状態とは限りません。

それらの変化というのは、基本的には雑菌などの外敵を排除するためのものになりますが
場合によっては、悪化してしまっている(精子にとって)こともことも考えられます。

そして、特に注意するべき・防ぐことができる要因に
女性器周辺を含めた、老廃物などによる「汚れ」があります。

デリケートゾーンは汚れやすい環境にある

男女関わらず、下半身の三角ゾーン、いわゆるデリケートゾーンは
普段密閉され、蒸れていて汚れが発生しやすい環境にあります。

体の汚れというのは、通常は汗と皮脂
そして、それらの蓄積が原因となっています。

特に女性器はその形状から汚れが蓄積しやすく、また生理があることよって
経血や日常的なオリモノの分泌からも、汚れる要素が男性よりも多くなっています。

生理やオリモノに悩みがある方はこちらを参考に

膣は精子の「通り道」です。

その道が汚れているということは、あらゆる意味で精子の邪魔になり
結果的には、受精の邪魔になってしまいます。

環境が悪化していることによって、精子が通りにくくなり
また、元気な精子を弱らせてしまう可能性もあります。


洗浄しにくい部分

膣が汚れやすいことの理由として、洗いにくいことも挙げられます。

また、ゴシゴシとあらうことに抵抗もあると思いますし
強い刺激を与えて洗浄すべきではありません。

傷つけないことを優先しましょう。

基本的には事情作用があるため、意識して洗わなくてもよいとされていますが
体質によっては、生理が長引いたりオリモノが多い人もいると思います。

そういった方は、特に注意が必要です。

専用のビデを使うなどして、なるべく刺激を与えずに
良い環境を保てるように心がけましょう。

特に近年、男性側の精子が弱くなっているという現実があるからこそ
女性側の環境を正常に・健康に保つことがより重要になってきます。

>>妊活に向けた生理に関するトラブル解決コーナー