【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

夫婦生活・タイミング法がうまくいかない




子供が欲しいのにもかかわらず、
夫婦生活・タイミング法がうまくいかないということは
非常にやきもきする・焦ってしまう状況だと思います。

「コレさえうまくいけば、妊娠出来るかもしれないのに」
という気持ちが空回りし、悪循環に陥ってしまうケースは非常に多いです。

そういった場合、当事者のカップルは「不妊症ではない」
と考えている傾向がありますが

  • 勃起不全(男性器が勃たない)
  • 膣内射精障害(膣の中で射精出来ない)

以上は、不妊症・男性不妊の1つの症状として数えられており
珍しいことではなく、悩んでいるカップルもたくさんいます。

また、「夫婦生活」自体が苦手という男女も珍しくなく
「行為自体をする気にならない」というカップルも現実に多くいます。

スポンサーリンク

夫婦生活がうまくいかない原因

非常にデリケートな問題であり、それぞれ問題の状況・改善策は違いますが
「そのうちどうにかなるだろう」と考えていることによって
益々状況は悪化し、高齢出産の問題や夫婦仲の問題にもつながってきます。

正しい知識や対策で出来るだけ早い改善を行いましょう。


男性機能の問題

夫婦生活・タイミング法をうまく行えない原因として
一番多いのが、やはり「男性機能」に関するトラブルです。

勃起不全(インポテンツ)は、昔から有名な男性の症状であり
生活習慣や食生活の乱れ、加齢が原因です。

それらに加え、「妊活」というプレッシャーによる
勃起不全は非常に多い症状であり
精神面の影響が非常に多い問題でもあります。

「どうしても勃たない」と言う場合は
勃起薬を処方してもらうことになりますが
血圧の急上昇による、心臓麻痺などの死亡事故が多いことや
「薬を使わなければ勃起しない」体になってしまう恐れもあるため
おススメできる解決策ではありません。

日々の生活習慣や、精神面から改善することが
一番健康的で、唯一の正攻法の手段です。

なかなか改善しない場合は、サプリや漢方を試してみて
なるべく「自然なカタチ」での改善を目指しましょう。

高品質で評判の滋養強壮サプリを試してみる

膣内射精障害

また、「勃たない」のではなく「勃つのに」うまくいかない
「膣内射精障害」という症状もあります。

膣内射精障害は「膣の中で射精出来ない」という症状であり
プレッシャーによって射精までたどり着けない場合や

強い刺激でないと射精できないような
刺激に対して、男性器がマヒしていることも考えられます。

改善策としては、精神的なプレッシャーを取り除くことや
禁欲期間を長く取ることも有効な手段です。

これらの問題は年を経るごとに見られる・悪化する傾向があり
高齢妊娠の男性側のリスクとも考えられます。

夫婦生活が苦手

「草食系男子」という言葉が代表するように
本来、女性よりも性欲が強い(生物として当然のことです)はずの
男性の性欲が、減少傾向にあることは間違いないようです。

性行為を「汚い」と感じる女性は、昔から多かったようですが
同じ考えを持つ男性も増えてきているようです。

生まれ持った特性・性格のため、急に矯正することや
無理をして行うことは、逆効果になってしまうことも多く
「夫婦生活は苦手だけど子供が欲しい」カップルには
自宅での簡易人工授精を試してみるという手段もあります。

こういったことには抵抗のあるカップルが多いかもしれませんが
欧米などでは、こういった方法で妊娠するカップルは珍しくなく
日本でも、最近になって専用キットが販売されるようになりました。

この方法は、膣内射精障害の場合も有効であり
夫婦関係を悪化させることを防ぐためにも
一度は、試してみることをおススメします。

自宅で人口受精を試せる専用キットを見てみる

解決しなければならない問題

以上の事柄は妊娠するためには欠かせないことでもあり
目を背けたい人もいるかもしれませんが、非常に重要な問題です。

どこかで解決しなければならない問題であり
それは、早ければ早いことに越したことはありません。

※参考記事
>>男性不妊について詳しく

>>男性不妊に効果のあるサプリの解説