【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

女性の病気・不調と不妊治療・出産




女性には「独特の不調」が訪れる時期があり
突発的な症状、慢性的な症状様々ですが
基本的に男性に比べて、「調子が悪い日が多い」傾向があります。

これらの不調には「女性ホルモン」が関わっていることが多く

  • 頭痛
  • 腹痛
  • 同期
  • 不眠
  • イライラ(情緒のバランスの崩れ)

以上が典型的な症状であり
これらの症状を含む

  • 生理のトラブル(生理不順、月経前症候群)
  • 更年期障害

以上は「婦人病」とも呼ばれ、
健康である人でも悩まされることのある不調であり
妊娠を望んでいる人にとっては、大きな障害となります。

スポンサーリンク

高齢出産ほどリスクは高くなる

不妊治療に挑んでいる女性が
高齢出産に当たる方が多いのは必然的なことであり
よって更年期障害を中心に、様々なリスク・困難も多くなります。

卵子自体が劣化していることも原因ですが
上記したような「不調が増える」ということも
高齢での妊娠を困難にする理由でもあります。

若くてもリスクはある

一般的に、高齢出産の定義と同じく
35前後、30代後半から女性ホルモンの分泌が急激に減り始め
上記した体の不調のリスクが高まってきます。

しかし、若いからといって、油断しているのも非常に危険です。

30歳以前でも更年期障害と同じ症状が発生する
「若年更年期障害」という症状もあり
「高齢出産」の定義に当てはまらない女性でも
定義に当てはまる35歳以上の女性と同程度
もしくはそれ以上に体の機能が弱った(劣化した)状態で
不妊治療・出産に望む女性もいます。

また、体質的に生理が重い女性も多く
そういった女性は生理不順になりやすく
排卵時期もバラバラになる傾向があるため
不妊治療・妊娠はより困難になります。

可能性がなくなるわけではない

更年期障害・若年更年期障害での出産は
確かに困難であり、母体・胎児のリスクは高まることは確かです。

しかし、「できない」わけではありません。

確率は低くなり、困難な道にはなりますが
排卵があるかぎり、「可能」です。

まずは、出来ることをしっかりと取り組み
正しい、適切な対処をしていきましょう。

※参考ページ
>>妊娠しやすい体を作る

>>妊活に向けた生理に関するトラブル解決コーナー