男性不妊が増えている原因と改善策

研究・時代が進むにつれて、「不妊」と呼ばれる症状・現象の原因が

女性だけでなく、男性側にも存在することは徐々に認知されてきています。
そして正に、男性側が要因を抱えている「男性不妊」が年々増加しています。

女性側が、どんなにホルモン環境や子宮環境を整え
準備していても、健全な精子がなければ妊娠は叶いません。

また何かと注目されがちな「精子」という要素意外にも

男性不妊に陥ってしまう要因は、多数存在します。

なぜ増えてきた?

男性不妊が増えてきた、主な要因として
詳しくはこちらのページ>>>男性不妊の原因に記していますが

「最近になって、どうして増加しているのか」に関しては
食事を含めた、「生きている環境」の影響が大きいと考えられます。

今でこそ「冷凍食品」や「コンビニ弁当」もヘルシーになってきており
「エコ」を中心とした、環境問題も改善しようという世の中の動きがありますが
ほんの少し前・10~20年前は、それほど意識されていませんでした。

その年代に、多くを過ごした男性が
丁度現在結婚していたり、子供を考える適齢期でもあり
不妊に悩み、医療機関を訪れることが多いことから
「最近増えている」というデータに結びつく可能性もあります。

基本的には「精子」の問題

男性不妊に多い原因は「精子」周辺の問題です。

精子が少なかったり、多かったりと、根本的な問題になります。

また、運動率が低下していることは確実なデータがあり
この20年間で20%~30%の運動率の低下が確認されています。

「元気がなくなっている」ことも大きな要因の1つです。

上記した保存料や環境ホルモンが関わっている可能性も高く
また、「豊かな世の中で子孫を残す能力が衰えた」
と考える研究者もいて、完全に否定することは出来ないのも事実です。

本末転倒な事例も

生活習慣としての要因はとして
意外にも「サイクリング」や「サウナ」などの
健康志向の趣味にも男性不妊に陥る要素があります。

過度に股間を圧迫したり、高温状態に晒すことは
精子にとっては悪影響を与えてしまう恐れもあります。

必要が無いと衰える

更に、冗談では済まされない大きな要因の1つに

「夫婦生活の頻度の減少」があります。

「草食系男子」という言葉に代表されるように
「淡白」な男性が増えているようです。

現実問題として、10日以上射精していないと
精子の運動機能が落ちてしまうことが確認されており
「タイミング法」に縛られない、リラックスした「夫婦生活」も必要です。

男性の活力のための、安全で好評な「別格の」サプリ

どうしても夫婦生活が苦手なカップルは

男性にっとっては、不妊治療に関連する検査はを
「恥ずかしい」と抵抗のある人もいると思います。

しかし、2人で乗り越えなければいけない問題は
どちらかが消極的では、なかなかうまくいきません。

最初の1歩が重いことが、治療が長引く原因でもあります。

※参考ページ
>>男性用不妊克服サプリの解説

>>精子に問題があっても受精が見込める「顕微鏡治療」