高齢出産のリスクを下げるために必要なこと

妊娠・出産は、ただでさえリスクの高いものですが
高齢出産(35歳以上)での出産の場合、そのリスクは跳ね上がります。

不妊治療を受けているカップルは
必然的に高齢出産に当てはまることが多くなります。

理由として、晩婚化が進んでいること
若い年齢で結婚していて、子供を望んでいる場合でも
20代のうちは「出来なくても気にしない」

という感覚のカップルが多いことが挙げられます。

そうし、そうしているうちに
いつの間にか年をとり、それに伴いリスクも上昇します。

主な高齢妊娠・出産のリスクについては、
乗り越えるハードル~高齢出産を乗り越える~を参考に。

高齢出産のリスクを下げるために必要なこと




これらのリスクを避けるためには
卵子・精子の状態と、子宮環境が重要になります。

健全な卵子・精子が必要不可欠

流産やダウン症を中心とした障害児の原因は
卵子・精子、そしてそれらが出会って作られる

受精卵に問題があると考えられます。

流産や先天性生涯に関して、妊娠中の過ごし方が

良くなかったのではないかと思っている人も多いですが
それ以前の「根本的なもの」に原因があることがほとんどです。

特に女性側に問題があると考えられがちな不妊症の場合でも
原因が男性側の精子にあることが多いです。

精子の状態は、受精・受精卵・妊娠に大きな影響を与えます。

卵子・精子を元気蘇らせる

子宮環境を整える

女性側は卵子の状態も大切ですが
それと同時に子宮の状態も重要になります。

高齢出産の場合、卵子の老化・劣化は念頭に置く女性が多いですが
子宮、そしてその周辺の内臓も劣化していることも考慮しましょう。

受精卵・胎児が「成長しやすい子宮」を作ることが
妊娠、安全な出産を実現するためには必要不可欠です。

女性の不調の原因は「冷え」にあることがほとんどです。

冷え性を馬鹿にしてはいけない

冷え性は、あらゆる場面で女性の体にデメリットをもたらします。

重度の生理痛や、基礎体温のバラつきも冷え性が原因の場合が多いです。

女性の体の仕組みの中で、一番重要な妊娠・出産も例外ではありません。

特に良好な子宮環境を築くためには
冷え性の改善は欠かすことができない最優先課題になります。