【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

二人目をあきらめたくないカップルにもおすすめのサプリ「イースタティックミネラル」




赤ちゃんを切実に望んでいても、「どうしても授かることができない」という状態は
女性にとっては非常につらいものであり、また「責任」を感じる人が多いはずです。

そして昨今は「男性」であっても、女性と同じく悩み・苦しんでいる人が増えています。

「少し前の時代」であれば「不妊は女性側が悪い」とされる傾向があり
どのような「要因」によって、不妊が招かれているのかにも関わらず
女性が責められ、また精神的に苦しむのも女性、ということが多かったことが現実です。

しかしながら、不妊のの原因に対する理解が広まったことによって
「不妊は女性だけが悪いとは限らない」という認識も広がってきています。

と言うのも、

「不妊」要因の割合は、男女共に「ほぼ同じ程度」であり
むしろ最近では、男性側が要因を抱える「男性不妊」が増加しています。

更に、それには「精子」が大きく関わっていることも広く知られるようになってきました。

もちろん、女性側の「卵子」に要因があるケースもあり
いずれにしても「生殖細胞」というのは、不妊の大きな要因の1つであると同時に
そもそも「妊娠」することにとって、非常に重要な要素なのです。

そして、この「生殖細胞」への刺激となる成分が「イースタティックミネラル」であり
不妊に悩むカップルにとって、非常に画期的な効果を与えることになります。

スポンサーリンク

一人目の時よりも「生殖細胞」が劣化した状態での妊活になる




「不妊」と呼ばれる「<欲しいのに>うまくいかない」状況は
様々な要因によって、引き起こされることになりますが
男性不妊と女性不妊これらに加え、「原因不明」とされる不妊も存在します。

この「原因不明」とは「あるはず」の原因が特定出来ないことも含まれます。

女性不妊に関しては、主に卵子・排卵・子宮のどいずれか・全てが関わっていることになり
もちろん、「女性ホルモン」が大きく影響を与えています。

そして、男性不妊と呼ばれるものに関しては
精子に加えて、「男性機能」のいずれかになることがほとんどであり
これらに関しても、「男性ホルモン」が関わるものになります。

更に、原因不明とされる不妊要因に関しては
「受精」ができるのか・そこにまで至らないのか
いずれによって、内容が変わってくることになりますが
基本的には、生殖細胞の質が大きく関わっていることが多いと考えられます。

「なぜだか分からないけどうまくいかない」

その原因は、実は「生殖細胞の劣化」のせいだったということが多いのです。

そして、この要因・リスクは「高齢出産」と呼ばれるケースの
前段階である、「高齢妊娠」を望む際に大きく引き出されることになります。

これは「男女共に」であり、「身ごもる方(女性)だけ」ではありません。

そしてこの事態は、人によって「初めての妊娠・出産」である場合と
「二人目」や「三人目」に該当するケースに分かれますが、
基本的なリスクが上昇していることには、変わりありません。

昨今の晩婚化に伴い、

  • 初めての妊娠・出産
  • 「経産婦」の妊娠・出産

いずれも「経験年齢」の、上昇傾向が見られます。

「一人目」を望むタイミング(初産)にしても

「二人目以降」を望むタイミングにしても

生殖細胞の劣化が、見られる可能性が高い状態になります。

「初産が35歳」で「2人目が40歳」というケースは、全く珍しいことではない世の中です。

※参考記事
>>早く2人目が欲しい~二人目不妊の原因を1人目との期間から考える~

>>「二人目不妊」をあきらめないために改めて基礎から妊活を始める

「生殖細胞」のトラブルによって招かれる様々なリスク

生殖細胞の最たるものである、卵子と精子は
どちらか片方に問題があるだけでも、うまく「受精」ができない場合や
また、受精ができたとしても「着床」にまで至らないことがほとんどです。

補足として、受精→妊娠に至ることができたとしても
「流産」や「死産」、更に「ダウン症」を含めた「先天性障害」
これらに関しても、生殖細胞の劣化が大きく影響を与えます。

「授かれない」ということが、デメリットというわけではなく
また授かれないことだけが、リスクというわけではありません。

これは、非常に大切なことです。

妊娠中・出産後の「赤ちゃんの健康」に対しても、
「妊娠前」の生殖細胞が、影響を与えていいるのです。

生殖細胞をもう一度蘇らせる

この生殖細胞の劣化に関しては、「サプリ」や「治療」だけで補うことはできません。

精子を採取して行う「人工授精」や「体外受精」に関しては
「特に元気なものを選んで使う」という手段であり
「元気にする」という「根本的な解決法」ではありません。

それもそのはずであり、年をとることによって
体のパーツ、それを構成する細胞が劣化することは
「当たり前」のことであり、体は「若返る」ことはありません。

「イースタティックミネラル」とは

最近になって、不妊に関わる言葉の中で耳にするようになったイースタティックミネラルは
今までにないアプローチを実現する、特定の不妊要因にとって画期的な成分として注目されています。

イースタティックミネラルとは、基礎栄養素である「ミネラル」を
非常に高い精度で精製した、「イオン化ミネラル成分」の1つになります。

そしてこのイースタティックミネラルは、極めて小さな細胞と呼ばれる組織の
更にその「原動力」となる、「ミトコンドリア」をサポートする成分として働きます。

生殖細胞の劣化は、生殖細胞の「運動率の劣化」でもあり、
その原因は、「ミトコンドリアの活動」が関わっています。

ミトコンドリアは、「細胞のエンジン」とも言える組織であり
このエンジンが停止してしまうことで、その細胞も活動を停止します。

イースタティックミネラルは、一度活動を停止したミトコンドリアを刺激し
再度活動させることができる成分とされ、特に生殖細胞の働きが影響する
不妊に関わる要素の中で、注目が集まっている成分になります。

※参考記事
>>不妊に効果が見込める新成分「イースタティックミネラル」とは

>>やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

「ミトコア300mg」だけ

イースタティックミネラルが含まれているアイテムは
現時点で「ミトコア300mg(以下ミトコア)」だけになります。



というのも、

もともとイースタティックミネラルは、「ミトコア」の販売元である
「シンディンメディカル株式会社」が発見した「独自性分」なのです。

そのため、「ミトコア」が唯一の「イースタティックミネラル配合サプリ」になります。

「ミトコア300mg」の詳細・公式販売ページはこちら

なぜ「普通の妊活サプリ」よりも有効なのか

一般的に「妊活サプリ」と呼ばれているものに関しては、
基本的には「栄養補助」を目的としており、

  • 鉄分不足による「冷え性」
  • 「亜鉛」「葉酸」不足による「ホルモン」「細胞分裂」の滞り

こういったものを解決することで、「妊娠しやすい体」に近づけていくものでした。

もちろん、飲まないよりは飲む方が
希望が持てる・期待できることは間違いありませんが

それでも、やはり精子・卵子の劣化には
なかなか「深く」アプローチできなかったことが現実です。

確かに「亜鉛」によって、ホルモンバランスを整え(特に精子を増やし)て
更に「葉酸」によって、生殖細胞を「正常に保つ」サポートにはなります。

しかしながら、それは「新しい生殖細胞」への働きかけであり
一度衰えてしまった生殖細胞の「再起動」には、それほど効果が見込めません。

そして、高齢カップルの生殖細胞というのは衰えやすく
つまりは、すぐに機能が劣化してしまうものであり
「再利用」の過程を、優先すべき局面になってきているのです。

  • 「高齢出産」を目指す「高齢妊娠」となるカップル
  • 「二人目不妊」と呼ばれる「続発性不妊」で悩むカップル

それぞれ微妙に違う内容であり、1組として同じ事情はありません。

しかしながら、「年をとっている」ということは
「生殖細胞が劣化している」ということでもあり
それは、共通した「リスク要因」でると考えるべきことです。

「もう若くない」のは「外見」だけでなく、「体の中」にも言えることであり
より深刻に考えるべきは、「美容」よりも「健康」であることは間違いありません。

「不妊治療中」にも使える

「ミトコア」がサプリである、最大のメリットは
「治療中」であっても、平行して利用していくことができるという点です。

「ミトコア」は「薬」ではなくサプリであり、「食品」と同じように考えることができ
つまり、「食べ過ぎなければ害はない」ということになります。

これは「不妊治療」にも関わらず、定期的に処方箋(医師からの許可が必要な薬)を
摂取する習慣があるとしても、安全な成分です。
(もちろん、基本的には医師への相談をおススメします。)

女性不妊と卵子の劣化

女性不妊と呼ばれる症状につながる、女性側の体に発生する不妊要因は
主に卵子にまつわる要因と、子宮(女性器)にまつわる要因に分かれます。

それぞれが、独立しているトラブルの場合もありますが
いずれも女性ホルモンが大きく関わる要素であり、
その両方が絡み合っているケースも考えられます。

妊娠するためには、まずは排卵がなければ
受精のための、あらゆる手段を実行できないことになります。

「排卵障害」による女性不妊

ひとことで「排卵障害」と呼ばれる、排卵にまつわるトラブルですが
全く排卵がない「無月経」の状態、排卵のリズムが一定ではない「生理不順」に分かれます。

本来であれば「約1ヶ月(28日周期)」で起きる排卵~月経のサイクルが
乱れてしまうことは、それほど珍しい症状ではありません。

しかしながら、ずっとその状態が続いてしまっていることで
「排卵日」の予想をすることが困難になってしまい
効果的なタイミング法を、実践することができません。

「タイミングにしっかり合わせた」としても、必ず授かるものではなく
タイミングが合わないことによる、確率の低下は大きな要素です。

この生理サイクルを一定に・スムーズに戻すことで
授かることができたというカップルも多く、非常に初歩的でああり最も大切な要素です。

「卵子の質」のトラブルによる女性不妊

排卵周期の問題と共に、大きな問題が卵子の質にまつわるものです。

これは、

  • 「受精機能」を持たない
  • 「着床」ができない

様々な症状を考えることができますが、
実際に目に見えるものではなく、どこに問題があるか分からないことも多いです。

これは原因不明の不妊の1つとも考えられ、しっかりと排卵されていて
「元気なはず」なのに、「機能しない」ということになります。

この卵の質のトラブルは、イースタティックミネラルによる刺激を与えることで、
効果的な役割を果たしてくれる期待することが出来る「可能性」があります。

いずれにしても、機能不全に陥ってしまっていると考えられる卵子は
生殖細胞の分裂過程に問題がある可能性があり、早急なケアが必要な要素に違いありません。

「子宮環境」による女性不妊

そしてもう1つ「卵子以外」にまつわる、女性不妊の要因としては
赤ちゃんを育てる過程のその前に、受精卵を受け入れる
子宮に関わる組織に、トラブルが起きている可能性が考えられます。

考えられるのは、「子宮が成熟(準備)できいない」という状況ですが
たとえ成人であっても、「常に受け入れらる」というわけではなく
せっかく受精に成功して、受精卵が運ばれてきたとしても
十分に「温まっていない」ことで、着床ができないことも考えられます。

こういった要素によって、なかなか授かることができないという場合は
しっかりと準備してあげることで、比較的短期間での克服が望めます。

「疾患」による着床障害

最も代表的なケースでは

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症

といった、子宮内の疾患といった物理的な要因によって
受精卵の着床がうまくいかないケースが考えられます。

こういった場合には、外科手術が必要なになることも多いですが
それによって、状況が好転することも多い例になります。

また稀にですが、女性器~子宮の形状によっても
受精卵の軌道が遮られていたり、「卵管閉塞」と呼ばれる
卵子の通り道が塞がってしまっている症状も考えられるため
子宮が関係しているケースは、「どの段階で」という要素が非常に重要になります。

「ミトコア300mg」でリスクに備える

男性不妊と精子の劣化

男性不妊の要因は、そのほとんどが精子にまつわるトラブルであり
一見、解決策を見つけるのが容易であるように思われますが
「すぐ改善する」のか「とても時間がかかるのか」は
その症状・状態によって、非常に差があることが現実です。

そして、この卵自体に問題を抱えた症状というのは
イースタティックミネラルの効果を期待出来る、非常に可能性を秘めたものになります。

精子にまつわるトラブルとは、主に

  • 精子を一定の量(全く)作ることが出来ない
  • 精子の活動(運動)が低下している(動かない)

いずれかになります。

精子が「少ない」ことによる男性不妊

男性不妊の多くが、この精子を作ることができない
「造精機能障害」に当てはまると言われています。

中には、全く作ることが出来ない「無精子症」といったものもあり
そういった場合には、外科的な治療を施すこともあります。

(実際には、全く作れない症状というのは非常に稀であり
実は作れているが、精液に混ざらないという症状も多いです。)

精子は1度の射精によって、一定量(2000万/1ml)を満たしていない場合
受精確率は、著しく低くなると考えられています。

「精子の量」は「精液の量」とそれほど比例せず、あくまで精子の量が大きな問題です。

精子の量が少なくなってしまう原因としては、

  • ホルモン以上
  • 食生活の乱れ
  • 発熱による「造精機能」の低下

これらを挙げることができます。

精子の「動きが悪い」ことによる男性不妊

そして「量が少ない」と共に、男性不妊の大きな割合を占める要因に
「運動率の著しい低下」を挙げることができます。

いわゆる「元気がない」状態であり、これは元気な精子の数が少ないケースと
全ての精子に元気がない、元気な精子を作れないケースとに分かれ
その「度合」によっても、改善までの時間・労力が変わってきます。

精子の運動率が低いことによって、

  • 受精卵に辿りつくことができない
  • 辿りついたとしても、受精することができない
  • 受精後の分裂をすることができない

こういった弊害が発生してしまいます。

この運動率の低下には、量の減少以上に
「環境ホルモン」や「食品添加物」といったものが関わっているとされます。

物理的な要因による精子のトラブル

精子の減少・機能の低下をしてしまう要因は、体の内部で起きていることが多いですが
「長時間の自転車の運転」といった、物理的な要因も影響していると考えられます。

何が解決策になるかは、人それぞれでであり
精子の問題の解決策は、個人の症状によって非常に多岐にわたるため
「これ」という解決策を見つけることが、困難であることが特徴です。

いずれにしても、特定の漢方薬によって改善する例は古くからあり
現代ではサプリ等によっても、改善を期待することになります。

そして、卵の「元気を取り戻す」「蘇らせる」ことを目的とした
イースタティックミネラルによる刺激は、最新の解決策と言っても過言ではありません。

まずはとにかく「検査」を

もし「すぐに欲しい」と思って妊活に挑戦してるカップルで
精子のトラブルに心当たりがある場合、まずは医療機関での検査を受けることが必要です。

しかしながら、男性としては「恥ずかしい」といった事情によって
医療機関に通うことに、前向きになれない方も多いようです。

そういった場合には、なるべく早くサプリ等を試し
「納得」したうえで「行くしかない」と決断することをおすすめします。

できることであれば、「病院に行かず」という人は多く
「ふんぎり」を付けるためにも、早めに「本気で試しておく」ことが大切です。

「ミトコア300mg」でリスクに備える

イースタティックミネラルを配合した唯一のサプリメント

現状として、「イースタティックミネラル」を配合したサプリメントは
シンゲンメディカル社が販売する、「ミトコア300mg」のみとなっています。



イースタティックミネラルを配合したサプリを検討していて
どれを選べばいいのか、と悩んでいるカップルもいるかもしれませんが
現状は「ミトコア一択」となっており、まずはこの1種類を試してみるしかありません。

積極的に利用者の意見を聴取

前提として、

「妊活サプリ」は「薬」ではなく、その「効果」をはっきりと宣伝することができません。

そして、「効果」というのは「妊娠できた」ということ意外にはありません。

しかしながら、「100%妊娠できる」というアイテムは薬・サプリメント問わず存在しません。

そのため、「できるだけ自分達に合っている」と考えられるものを期待して
利用し続けなければならないということが現実です。

そういったことから、ミトコアを販売するシンゲンメディカル社は
サイト上で、利用者からの様々な「統計」をとったりと
「期間」や「量」等を参考にした、「効果の出方」を調査し続けています。

「おめでた報告」といった、モニターや利用者をからの意見を取り入れ

  • どういった頻度で服用したか
  • どのくらいの期間で結果が出たのか

といったことが、分かりやすく解説されています。

不妊や妊活に関わる内容は、非常にデリケートなものであり
ここまで「数字」として、発表しているアイテムは非常に稀です。

また「モニター」「感想」「意見」として、非常に多くのカップルが協力していることも
妊娠~出産といった問題が、いかに深いものか理解することができます。

イースタティックミネラルが「画期的」な成分であることは間違いない

従来の妊活サプリと呼ばれるアイテムは、

  • 葉酸
  • 鉄分
  • 亜鉛

といった3大栄養素に加え、女性が不足しがちな「基礎栄養素」を
トータルバランスを考えて配合されたものがスタンダードでした。

しかしながら男性不妊が注目さる中で、生殖細胞への重要性が見直され始めた結果
「男性専用」や「細胞にアプローチ」といったアイテムも登場してきました。

その中でも、イースタティックミネラルが持つ働きというのは
より根本的な働きかけを可能にしたものであり、他のサプリとは一線を画すアイテムす。