本気で取り組む妊活と不妊治療の克服

本気で乗り越えるための妊活・不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

改めて「流産後の過ごし方」と乗り越えて妊活を再開するために必要なこと~前向きに始めたいサプリ習慣~

「流産」や「死産」といった言葉は、耳にもしたくないことと思われますが

それはつまり、「想定できる最大のリスク」とも言えるものです。

 

長い期間にわたって、願い続けた「妊娠」が叶ったとしても

出産することができなければ、赤ちゃんに出会うことはできず

それがどれだけ辛い経験であることかは、言うまでもありません。

 

ただでさえ、辛い経験には違いありませんが

長い「妊活」の末に、やっと授かったカップルは

授かることが出来た喜びが大きい反面

落胆も大きくなってしまうことも間違いありません。

 

しかしながら、

 

待ちわびていた(高齢妊娠の可能性が高くなる)からこそ

そういった悲しいリスクが増えることも現実であり

「万が一自分達の身に降りかかった」際に、

心身共にできるだけ早く回復し、乗り越え、新たな希望を持つことも大切です。

 


スポンサーリンク

「精神的」はもちろん「肉体的」にも乗り越える必要がある

 

妊娠初期の流産を防ぐことはできるのか

 

でも解説していますが、「仕方がない」という他なく

「妊活事情」や「想い」に関係なく、リスクはつきものです。

 

ぜひ早く前向きになって、前向きになるしかないのです。

 

流産後の体の回復は「流産した時期」によって

大きく違い、時期が早ければ早いほど体への負担は小さく

遅くなればなるほど(胎児が成長しているため)

手術・処置による、母体への負担が大きくなります。

 

これは「死産」に関しても同じことであり、

また育っていた分、精神的なダメージも大きくなるはずです。

(妊娠22週目を境に「流産」「死産」と区分される)

 

そのため、当然のことながら個人差があるものですが

「安静に」といった当たり前のことだけではなく

早い段階で体が「復調」するように、心掛けましょう。

 

また妊活後に、流産をしてしまった場合には

「もう一度」と考えるカップルが多いと思いますが

精神的に乗り越えることと同時に、肉体的な「回復」が何より大切です。

 

そしてその際にも、ぜひ「サプリ」を利用して

少しでも早く「調子を戻す」ことをおススメします。

 

からだの「めぐり」と「卵の素」を考える

 

サプリを利用して、流産後の体の回復・次を見据えたケアを始める際には

ぜひ「体のめぐり」に関するもの、そして「卵」に関する要素を見直して欲しいと思います。

 

ここで指す「めぐり」とは、

  • 一度止まった生理の再開のため
  • 元気な・正常な次の卵を生み出すため
  • もちろん体をあたためて「基礎体温」等の条件を正常化させるため

 

以上の、様々な角度から考えることができます。

 

これは、体を「切り替える」ためのサイクルを早めること

「次」に備えて、最大限の準備を早めることが目的です。

 

めぐり・準備の両方におススメのサプリ「マカナ~makana~」

 

makana

 

また流産するか否かは、「受精の段階で7割決定している」という説もあります。

 

当サイトでは繰り返し述べているとおり、

何よりも卵(生殖細胞)が、妊娠・出産の鍵を握ると考えられます。

 

この卵の問題に関しては、高齢出産に備える際には

「最優先」に考えることでもあり、徐々に広く浸透してきている知識でもあります。

 

もちろん、生殖細胞が劣化していた・正常ではない受精卵によって

流産が起きてしまった可能性は、誰にでも・どのカップルにも考えられることです。

 

卵の衰えのケアには「イースタティックミネラル」配合の「ミトコア300mg」



もちろん、「卵のせいではなかった」ということも考えられますが

全てあくまで「可能性」であり、備えておく、万全にしておくべき要素と言えます。

 

早めに回復して早めに再開したいけど・・・

 

最も気になる「妊活」を再開出来る(してもよい)時期として

一般的には「3回生理を見送る」ということが定説です。

 

※詳しくは>>流産後の妊活はいつから始めて大丈夫?

 

しかし「1回」で十分な例や「半年」は様子を見るべきケースもあり

個人差が大きなものですが、「早く」と焦るのではなく

「できた経験があるから大丈夫」と余裕を持ち、慎重に慎重を重ねてください。

 

おちこみながら・納得させながらも「回復」に努める

 

ごく妊娠初期に発生する、自分自身も気遣い

「化学流産(妊娠5週目~10週目に起きる)」を含めると

流産は「7組に1組」のカップルの身に起きています。

 

※詳しくは「化学流産」の原因・症状~その後の妊娠への影響は?~

 

そういった事実で、納得できないことも多いと思われますが

やはりそういった中でも、「また」と思うのであれば

精神状態に関係なく、着々と準備を進めましょう。

 

「妊娠前」から「妊娠後」まで一貫して重要な栄養素

 

最後に、体のめぐり・回復といったことを考える際には

「葉酸」という、非常に基礎的な成分を忘れがちです。

 

しかしながら、妊娠前・妊娠中と長い間にわたり

一貫して重要になる成分であり、生殖細胞の生成はもちろん

妊娠初期の、胎児の神経細胞の成長への影響は常識的なものです。

 

ぜひこの葉酸の大切さに関しても、もう一度確認して欲しいと思います。

 

>>おススメの葉酸サプリランキングを見てみる

 

※こちらも併せて>>流産の確率を下げる妊娠



 

この記事に関連する記事一覧

「治療」の前の「妊活」のための心強い味方

 

 

「遅いスタート」でもあきらめないために

「最新」トータル妊活サプリ

makana

よく読まれている記事

妊活サプリの紹介

必ず知っておきたいこと

このサイトについて