【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

<PR>若返り成分が豊富な妊活サプリ「CHARTY(チャーティー)-WOMEN-」の効果とは~ジオゲスニン配合!~




日々新たな成分の発見、新たなアイテムの開発が続けられている
「妊活」に関わる分野ですが、昨今は特に「妊活サプリ」と呼ばれるアイテムが
特に注目され、その種類も急激に増えていることが特徴的であると言えます。

その理由としては、「サプリ」というものが一般的になってきたこと
また妊活・妊娠時における、特定の栄養素の栄養の不足による
母子へのリスクが広く知られるようになったことも影響しています。

サプリジャンルの中でも、妊活サプリというのは
「幅広い種類の成分がギュッと詰まっている」というコンセプトであり
男性に比べて小食であること、また妊活・妊娠時には
特定の栄養素に関して、必要な量が増えるという特徴があるためです。

サプリメントというのは、特定の栄養素に特化していることが「ウリ」ですが
妊活サプリに関しては、「複数のサプリの集合体」というものになります。

そのため、一般的なサプリに比べて
やや高価な価格になってしまう、という側面もありました。

スポンサーリンク

新しい時代の新たな妊活サプリ「CHARTY(チャーティー)」

数ある栄養素・その効果の中には、「葉酸」や「マカ」といった
妊活中、特にお母さんになる女性にとって、鍵となる成分があります。

そういった成分に関しては、「妊活サプリの目玉」として

その都度新たに、時代ごとに新たに発見された成分が加えられるものになります。

しかしながら最近では、その配合成分の傾向として
「栄養素の数」というよりも、妊活というイベント・命を生み出す仕組みにとって

より妊活根本的なアプローチのできる成分が、注目されている傾向があります。

それは、一言で言えば「アンチエイジング成分」であり
晩婚化・高齢出産の割合が、確実に増加している昨今
より「生殖細胞の質」の大切さについて、知られ始めたことも影響しています。

そしてその中で、新たに発売された妊活サプリが
「CHARTY(チャーティー)-WOMEN-」であり
今までにない成分・コンセプトとして、注目され始めています。

 

※現在「CHARTY(チャーティー)-WOMEN-」の紹介は休止しています。

 

葉酸・鉄分・亜鉛といった、3大成分ではなく(※葉酸は含有)
マカ・高麗人参といった、高栄養価成分でもなく

  • ジオゲスニン
  • ビタミンE
  • αリポ酸
  • ALA(5-アミノレブリン酸)

 

という、今までのサプリには配合されていなかった成分
そもそも、存在自体が知られていなかった成分を中心とした
今までにないコンセプトの妊活サプリとなっています。

若返り成分を豊富に配合

「チャーティー」は、いわゆる「若返り成分」と呼ばれる栄養素が
質・量共に、とにかく豊富に配合されています。

どれも貴重な成分であると言えますが、その中でも「ジオゲスニン」
究極の若返り成分・成長ホルモンである「DHEA」に近い成分として
副作用なく・安全に摂取できる成分として、非常に注目されている成分です。

>>「DHEA」と「ジオゲスニン」の効果についての詳しい解説ページ

また「ビタミンE」「α-リポ酸」に関しては
美容に興味のある方であれば、聞いたことがあるはずであり
「抗酸化」や「代謝」といった、美容・健康に有効な成分です。

そして、もちろん妊活にも有効な成分であり
特にビタミンEは、「着床期」において非常に重要な役割を担います。

「ALA(5-アミノレブリン酸)」に関しては
聞いたことのない方も多いと思われますが、アミノ酸の一種であり
体内で合成できるものの、加齢と同時に現象してしまうものになります。

若さを保つために、非常に重要な成分になりますが
配合されているアイテム自体が非常に貴重なものと言えます。

以上のどれもが、細胞の活性化に対して好影響を与える成分であり
もちろん「同じくらい超重要」である、「葉酸」もしっかりと配合されています。

この葉酸に関しても、もともとは
「妊娠初期の胎児の神経細胞の構築」という点が注目されていましたが
昨今では、生殖細胞の活性化にも有効であることが知られています。

「医師が監修」という安心感

また現実的な面で、安心して利用できる要素として
「医師が監修している」というポイントがあります。

日本のサプリの安全基準は、非常に厳しいものであり
国内メーカー・国内生産であれば、基本的には安全性が保たれていますが
やはり「専門家のお墨付き」というのは、ワンランク上の安心感と言えます。

妊活サプリに限らず、健康補助アイテムというのは
基本的には「新しいものほどよい」ものであり
いつから始めるにしても、その時点で最も新しいものは
必ずチェック・検討することが、大切であると言えます。