本気で取り組む妊活と不妊治療の克服

本気で乗り越えるための妊活・不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

スポンサードリンク

自宅にいながら精子の状態を調べる「検査キット」~「男性不妊」かも?と不安に思い始めたら~

「不妊治療」という言葉には、重い響きがあります。

 

「もしかしたら」と、不安に思い始めたカップルであっても

なかなか決心できず、専門の病院・クリニックに訪れることを躊躇してしまい

「不安」が芽生えた時期から、かなり時間が経って訪れるカップルも珍しくありません。

 

これは、非常に多いケースになります。

 

迷っている間にも、年をとることで体は劣化していきます。

 

そしてもし、「不妊」の要素があった場合には

時間が経つにつれ、その要因はより深刻な状態になっています。

 

そのため、できるだけ早く然るべき検査を受け

然るべき改善策・治療を開始しなければなりません。

 

特に男性は「認めたくない」傾向が強い

 

しかしながら、まず「然るべき検査」

「しっかりと受ける」ことに対し、抵抗が多い人がほとんどと言えます。

 

「まさか自分が」という思いが、必ずあります。

 

特に、男性に多い傾向があり

受け入れること・受け入れさせることが

「疑惑」の段階では、難しいものになります。

 

その結果として「男性不妊」は、発見が遅れる傾向があります。

 

しかしながら、男性不妊の確率は「女性不妊」と同等であり

決して他人ごとではない、どのカップルにも起こりうる事態なのです。

 

「見えない」から判断・決断できない?

 

当サイトに限らず、様々なメディア上で

男性不妊の原因のほとんどが「精子」にあることを解説しており

徐々に、広く知られるようになってきています。

 

  • 精子の量
  • 精子の質

 

男性不妊の要因としては、以上のいずれかである

または、両方である可能性が非常に高いです。

 

また、男性不妊の改善策ということも

日常レベルから、サプリ・漢方といったものまで幅広いものになります。

 

しかしながら、以上の「原因」「改善」といった要素の

「その状況」というのは、基本的に素人には判断が難しいものです。

 

原因も見えず、改善しているかどうかも分かりません。

 

結局は、

 

「自分に男性不妊の兆候があるのか」

 

「その状態は改善していっているのか」

 

はっきりとは分からないのです。

 

そのため「自分は違うのではないか?」という気持ちが生まれてしまいます。

 

当然、「病院」に行って「検査」する気にも、なりづらいものです。

 

一度「簡易的」に検査してみる

 

しかしながら、「もし、事実だったら」という場合には

時間が経つと共に「可能性」が閉ざされていくのです。

 

これは、絶対に避けなければなりません。

 

そのため、その状態に一度「踏ん切り」を付けるためにも

認めさせる・自分自身が認めるためにも

「検査結果」といったものを、目にする必要があります。

 

そういった場合に、「自宅で精製を検査できるキット」が非常に有効になります。

 

「そんなことができるの?」と思う方も多いと思いますが

時代の流れによって、現在では可能なものとなっています。

 

ベビーライフ研究所 郵送精子検査サービス

 

「ベビーライフ研究所」が提供する「郵送精子検査サービス」

「自宅にいながら」精子に関する検査のプロセスを受けることができるものです。

 

 

その手順は非常に簡易的であり、対人との「カウンセリング」もなく

「結果」を知ることができるサービスになります。

 

特に、「人に見られたくない」という理由で

クリニックに訪れることを躊躇う人も多く

そういった場合にも、ぜひおすすめしたいサービスになります。

 

何より「低価格」で受けることができるため

時間と同時に、経済的な「負担」も少なくてすみます。

 

 

また「簡易的」とは言っても、「知る必要」のある要素は

しっかりと検査結果を伝えてくるため、有効であることに違いなく

「疑惑」がありながらも、「まだ病院はちょっと・・・」というカップルは

ぜひ、利用してみて欲しいサービスになります。

 

「精子検査キット」のお問い合わせは公式ページから

 

「手遅れ」に近づく前に

 

20代と30代、30代前半と30代後半では

特に女性に関して、「妊娠する能力」に大きな違いがあります。

 

これは、受け入れなければならない事実です。

 

このまま検査をぜず「自然に」という形も否定できない姿勢です。

 

しかしながら、「あの時ちゃんと検査していれば」というカップルは非常に多く

「後悔」だけでなく、パートナーに対して負の感情に至ってしまうケースも考えられます。

 

>>夫(パートナー)が妊活・不妊治療に協力してくれない

 

「年をとる」「閉経」というものが、避けられないものということは

最終的には「手遅れ」ということになる可能性がある問題です。

 

早い段階での「真剣な話合い」「歩み寄り」が必要な問題であり

そのための第一歩として、利用してみる価値のあるサービスだと言えます。



 

この記事に関連する記事一覧

「治療」の前の「妊活」のための心強い味方

Pick up!!

「遅いスタート」でもあきらめないために

「最新」トータル妊活サプリ

makana

よく読まれている記事

妊活サプリの紹介

必ず知っておきたいこと

このサイトについて