【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

「プロラクチン」が高いことは不妊の原因になる?~下垂体腺腫(腫瘍)?症状を正常値に戻す治療法は?~




「プロラクチン」と呼ばれるホルモンは、
それほど広く知られてはいない、内分泌物質ではありますが
妊活を実践している場合、女性を中心に知られているものと思います。

プロラクチンとは、本来出産後の女性の分泌が活発になるホルモンであり
「乳腺」を発達させることで「母乳」の分泌を促す働きがあります。

そして、出産直後(授乳期)ではないにも関わらず
このプロラクチンの血中濃度が基準値よりも高い症状を
「高プロラクチン血症」と呼び、不妊の要因にもなり得るとされています。

スポンサーリンク

結果的に妊娠しづらい状況を招く

高プロラクチン血症が、不妊の要因になってしまう理由として
プロラクチンが女性の体に与える、もう1つの作用になります。

その働きとは「排卵を抑制する」というものであり
これは、出産直後の女性が育児(授乳)に専念するために
与える働きと考えられており、しばらくは新しい命を授かれない状態にするのです。

つまり、産後ではない女性にとっては
高プロラクチン血症は、生理不順・排卵障害を招きやすい状態であり
そのため、結果的に不妊の要因になってしまうと考えられています。

そして更に、プロラクチンの分泌が活発になっているということは
「エストロゲン」の分泌が抑制されている状態であり
女性ホルモンのバランスの乱れ、「卵胞」を正常に育てられない
結果的に、排卵を促せない(無月経症)を招くことにつながります。

「妊娠後」にも現れる影響

またプロラクチンの分泌が活発な女性は、妊娠することができたとしても
「流産」や「死産」につながる「不育症」を起こしやすいことが挙げられます。

このように高プロラクチン血症は、実は女性不妊の要因となる
諸症状の、根本原因であることも多いのです。

※参考記事>>「不育症」についての詳細はこちら


高プロラクチン血症の原因

「脳下垂体」から分泌されるプロラクチンは、
その分泌異常も、脳下垂体の状態によって招かれることになります。

その多くは、脳下垂体に「腫瘍(下垂体腺腫<プロラクチノーマ>)」
発生することによる、分泌異常になります。

この「腫瘍性<産生>高プロラクチン血症」は
高プロラクチン血症の中でも、最も多い要因となります。

また腫瘍等の問題がないにも関わらず、プロラクチンの分泌異常が起きる
「機能性高プロラクチン血症」は、下垂体腺腫の次に多い要因になります。

特殊なケースも

脳下垂体以外で、ホルモンの分泌を担っている
「甲状腺」の異常である、「甲状腺機能低下症」によっても
結果的に高プロラクチン血症の症状が現れることもあります。

いわゆる「橋本病」と呼ばれるこの症状は「高血圧」を招くことになり
もちろん妊活・妊娠時の女性にとっては、リスクでもあります。

高プロラクチンの治療・解決法

下垂体腺腫自体は「良性腫瘍」であり、主に

  • 薬物療法
  • 外科手術

のいずれかによって、改善・克服を目指すことになります。

初期の段階、また腫瘍が小さいものであれば
薬物療法によって、改善を期待します。

しかしながら、薬物療法に関しては
副作用(吐き気等)が発生することが一般的であり
長期間の薬物療法は、非常に難しい現実があります。

そのため、外科手術を決断するケースも多いです。

改善までの期間が予測しづらい薬物療法に比べ
短期間での改善が望めるため、大きな腫瘍の場合などには
最初から、外科手術を行うケースも珍しくありません。

なにが「きっかけ」になりやすい?予防が大切!

腫瘍によって招かれること以外の「原因不明」の高プロラクチン血症は
ストレスによって、ホルモンバランスが乱れることで発生するとも考えられています。

また、体質的にもプロラクチンの濃度(分泌量)が
上昇しやすいケースもあり、そういった女性が
ストレスを受けることによって、高プロラクチン血症を招くこともあります。

あらゆる面で、ストレスは妊活の大敵であり
「感じない」ことは難しいながらも「溜めない」ことが大切です。

またこの高プロラクチン血症は、女性に限らず男性にも起こりうる症状であり
「男性機能障害(インポテンツ)」を招くものでもあります。

※参考記事>>「男性機能障害」について詳しく

いずれにしても、女性の場合には「生理不順」の症状や
「異常な胸のハリ」を感じた場合、医療機関への早期の相談が推奨されます。