【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

「出産経験」と妊娠しやすさ・女性の病気(婦人病)との関係




メディア等では「大家族」といった「子だくさん」の一家の
特集が組まれたり、時に「ブーム」となったりしていますが
こういった話題を冷静に考えた際、必ず沸いてくる疑問が

「できやすい」カップルというのは存在するのか?

ということになると思います。

これは、1人も授かることが出来ていないカップルだけでなく
「2人目不妊」に悩んでいるカップルにとっても
必ず頭に浮かんでくることであるはずです。

実際に、「的中しやすい」と言えるような
「元々の確率が高い」カップルは、存在していると考えられます。

そして、この「確率」は「相性」という言葉で表されることも多く

「自分達は相性が悪いのか?」と

考え込んでしまっているカップルもいるかもしれません。

しかしながら、実際には「相性」ではなく
いかに「元々の確率」を高めるか、ということになります。

この「確率」は「状況(状態)」によって、変わってくるものなのです。

まずは「確率」で考えることができる段階にあるか
どの程度「潜在的な確率」が高まっているかは、非常に重要な要素になります。

※参考記事
>>早く2人目が欲しい~二人目不妊の原因を1人目との期間から考える~

>>妊娠しやすい時期に妊娠しやすい方法で「確率」を最大限に高める

スポンサーリンク

「経験」がある女性の方が妊娠しやすい?

「一度産んだことのある女性は授かりやすい」

「なるべく期間を空けない方が妊娠しやすい」

といった「迷信」のようなものを、聞いたことがある人もいるかもしれません。

そもそも「根本的に<不妊>ではない」という前提があるため
ある意味で、「当たり前」のことでもあります。

しかしながら、「体のめぐり」という要素を考えれば
「半分は」事実と言って差し支えないことになります。

makana

女性には「調子のいい」時期もある

女性の体調というのは「女性ホルモン」に支配されており
非常に目まぐるしく変化していくものでもあります。

基本的には、約1ヶ月周期で変化していき
時には「1日」の中でも、変わってしまうこともあります。

自分の体・体調の「癖」を掴んでいる人も多いと思いますが
「なぜか調子がいい」という時期もあるずです。

この時期には「めぐり」が良くなっている状態であり
当然、排卵~受精~着床といったサイクルが
スムーズに進むことが多くなると考えられます。

「着床障害」は「精子」に問題があるケースが多いことは事実ですが
「卵子の調子」も、もちろん「受精しやすさ」に関わります。

「ノっている時期」は確かに「妊娠しやすい」状態と言える

この「調子」に関しては「波」と呼ばれることもある
「漠然とした」要素ではありますが
実際に「妊娠しやすい時期」というものに関しても、人によって異なります。

人によっては20代前半であったり、後半であったり
もしかしたら「30代に入ってから」ということもあり得ます。

もちろん、年齢が上がれば上がるほど
「調子がいい時期の可能性」は、低下することにはなります。

※参考記事:>>年齢による「妊娠確率」の変化と「個人差」

そういった「タイミング」と言う時点で、一度妊娠・出産した時期は
「きている」「ノっている」と呼ばれるような状態であると言えます。

こうした期間を長く保つことが、「二人目の出来やすさ」といったことに
つながってくるはずであり、再度妊娠を望んでいる場合
本来であれば、この時期が授かりやすい可能性もあります。

しかしながら、現実には「年子は難しい」というケースが多く
「少し期間を空けて」と考えている間に、
「乗っている時期」が終わってしまうことも考えられます。

いい時期を出来るだけ早く・長く保つ

以上のことから、これから赤ちゃんを望むのであれば
妊娠しやすい時期を出来るだけ早く「引き寄せ」て
できるだけ長く「保つ」ことが、
妊活・2人目妊活にとって、大切な要素であると考えられます。

女性ホルモンの分泌には「自律神経」が、大きく関わっており
この自律神経を乱す、最も大きな要因が「ストレス」になります。

そのため「嬉しい」「喜び」といった、ストレスとは正反対の出来事が
ホルモンを「波に乗せる」ために役立つと考えられるはずです。

将来的にも影響があるとされる出産経験

出産経験のある女性、特に何度も経験している女性は
出産経験がない女性に比べて、「更年期障害」と呼ばれる
「女性特有の症状」が軽いとされています。

科学的な根拠には、乏しいものではありますが
確かにその「傾向」があることは事実です。

そもそも、更年期障害の根本的な原因は
「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」であり
少なくなってしまった、エストロゲンの分泌量に
体が慣れるまでの、症状が更年期障害になります。

またこれは、更年期障害に限らず「婦人病」と呼ばれる
女性の不調の症状の、全般に見られるものでもあります。

出産経験があるということは、妊娠~出産に至るまでの
「大幅なエストロゲンの変動を経験している」ということでもあり
「耐性」が出来ているという説が、最も納得できるものになります。