【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

40代以降の出産とリスクを改めて考える~「超高齢出産」についても~




「高齢出産のリスク」に関しては、何度も解説しており
「若い人よりも、リスクが高いのは当然のことだ」ということは
理解されている方が、ほとんどであると考えます。

一方で、最近では40歳以上の出産も珍しくなく
高齢出産は「難しくなくなった」と思われている方も多いかもしれません。

実際に、過去には「30歳以上」であった高齢出産の定義は
「35歳以上」に引き上げられており、状況によって変わっていくものだという印象もあります。

しかし、いくら「栄養状態の改善」「平均寿命の向上」
「うまくいった人」の数が増えたとしても、やはり「ピーク」というものは存在し
定義が再変更されることがあっても、それ以降の妊娠が「推奨」されることはないはずです。

つまり、永遠に「早ければ早いほどいい」という事実は変わらないはずです。

スポンサーリンク

「年齢」は基準に過ぎないが



妊娠・出産の可否・リスクを考える際に、
「40歳」という年齢が意識されることが多いようです。

また最近では「50歳以上」の出産を「超高齢出産」と呼び
「妊娠することができた」有名人が取り沙汰されることも多いです。

決して「不可能」ではなく、排卵があれば妊娠することは可能ですし
「人工授精」や「体外受精」での、妊娠・出産も少なくはありません。

もしかしたら、このサイトをご覧いただいている
カップルの中にも「もしかしたら」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、医学界では「あの○○が5○歳で妊娠!」といったような
報道をするべきでないと考える人も多いです。

「自分もできる」と考えてしまう女性
また「漠然とした希望」を持ってしまう女性が増えるためです。

現実的には難しい年齢です。

特に「自然妊娠」に関しては「極めて困難」であることは
ある意味、常識として考えられているはずです。

確かに「年齢」というものは「あくまで定義」に過ぎません。

万人に適用することが出来ないものです。

年を取るごとに、妊娠・出産の

  • 確立が低くなる確率が高い
  • リスクが増える可能性が高い

というものです。

やはり「万全の準備」しかできることはない

しかしながら、

たとえ、医療やサプリ等のサポート環境が進歩したとしても
「絶対できる」「絶対大丈夫」ということはありません。

「向上」「改善」させることは出来たとしても
「完全」には永遠にできないはずですし、様々な問題も孕んでいます。(宗教・生命倫理等)

50歳でも、40歳の女性と同じリスク・確率も場合もあります。

逆に30代後半で、一般的な50歳と同じリスク・確率になることもあります。

それは、誰にも、自分自身にもわかりません。

改めて、「確率」そして「リスク」は「人それぞれ」です。

いずれにしても、

もしも、ほんの少しでも、「生みたい」という気持ちがあり

「可能性にかける」可能性がある

ということであれば「常に準備しておく」ことが必要です。

「準備」しか「自力で」出来ることはありません。

「それでも産む」「リスクを引き受ける覚悟がある」のであれば
誰にも止める権利はなく、パートナーと2人で決定することになります。

その際にも「生まれてくる命」が、最優先であることは言うまでもありません。

※以下の記事も参考に
>>覚悟を持って高齢出産に臨む

>>高齢出産をするべきか

 

<高齢出産を考える際には>
「生殖細胞」の「正常化」に働きかける