【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

不妊には漢方?それとも妊活サプリ?どちらが効果的なのか




「不妊(いわゆる不妊症)」に効果がある・有効であるとされる成分は
一般的な食材に含まれる「鉄分」「亜鉛」「葉酸」といった有名なものから
「漢方」等に使用される、特殊な栄養素を含んだ食材にしか含まれない
希少な・特別な効果を見込むことが出来るものまで、幅広く存在します。

また、最近では「妊活サプリ」と呼ばれるアイテムも
非常に多くの種類が販売されており、選ぶのも一苦労です。

しかしこの「妊活サプリ」が、新しい存在である一方
「漢方」に関しては<昔から>利用されてきたものであり
中国から渡ってきたことを考えれば「何千年」という歴史があり
それぞれの歴史・効果には、当然メリット・デメリットの両方があります。

スポンサーリンク

漢方・妊活サプリのメリット・デメリット




「漢方薬」と呼ばれているものは、様々な(組み合わせによって無限大)種類が存在します。

また漢方成分は常備薬にも・処方箋としても、意外と多くのものに利用されています。

「更年期障害」を中心とした「婦人病」に関しても、
漢方薬は、古くから利用されているアイテムになります。

「養命酒」といったロングセラーアイテムは、誰でも一度は耳にしたことがあるはずです。

「漢方」は「冷え性」を中心とした、「虚弱体質」等の
ちょっとしたトラブル・しかし「妊活」において悪影響をもたらす

各種「体質」改善への効果があることは、事実として広く知られています。

「効果がある理由」「副作用」が読めない例も

もちろん「女性不妊」だけでなく「男性不妊」に対しても
効果を見込むことができ、特に「精子の運動率」に関しては
一定の確実な効果を見込める漢方成分も、存在するようです。

しかし、漢方の大きな特徴として
「科学的根拠に乏しい」という面を挙げることもできます。

確かに効くけど「なぜ効くのか」分からない

と言うことも、特徴であることを忘れないようにしましょう。

最も注意すべきは、「副作用」であり
この副作用の想定に関して「サプリ」と最も違う部分になります。

サプリは<食品>という区分であり、
基本的に副作用があるものは製品になりません。(過剰摂取を除く)

また、日本のサプリの基準は非常に・異常に厳しいことで有名です。
(<安全>である一方<非常に有効な成分>が審査に通らないデメリットもあり)

まず試すのであれば「せっかく」のサプリ

以上のことから、漢方系の成分には
「目に見えない」何らかの「いい効果」があるものが多く

母親・祖母といった、近親女性に効果が見られた成分は
血がつながっている女性に関しても、効果がある可能性があります。

事実「更年期障害」に利用される漢方に関しては
「母親が使っていたもの」が効果的であるケースも多いようです。

しかし「漢方」は、副作用も十分に考慮しなければならないこと
更に、基本的には「古い」アイテムであることから
せっかくならば、より「現代的」で「安全」な「サプリ」の使用をおススメします。

そもそもサプリの開発は「漢方」の歴史・データも参考にしており
何より「副作用」という要素が取り除かれているため、安心して利用できるものです。

>>当サイトおススメ「サプリ」の解説ページへ

副作用の心配をして、「科学的なサプリ」を避け
「天然とされている漢方」を利用している人も多いようですが
正に「本末転倒」であり「安全」を求めるのであれば、むしろ「サプリ」を試してみるべきす。

少しずついろいろ試してみる

もちろん「漢方」の効果も否定できません。

そのため、あらゆる可能性にかけて
「漢方」と「サプリ」の、
両方を試してみる価値は十分にあります。

「サプリ」は、基本的に「併用」できるため
漢方とサプリを「少しずつ」併用してみることで
自分にとっての、新たな改善策が見つかる可能性もあります。
(漢方の副作用に関しては、十分に注意すること)

またこういったアイテムを服用する際に、忘れてはいけないことが

  • 必ず効く
  • 全く効かない

といったものはなく「自分に合ったもの」を
「一定期間」続けてみて、「結果が出た」ことによって
初めて「有効」であったと判断できることです。

「希望」と「可能性」にかけ、一定期間「焦らず我慢して」
とにかく「試し続ける」ことが大切になります。

続けてみて、初めて現れる有効成分もたくさん存在します。

どちらも抵抗がある場合は「青汁」もおススメ