【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

不妊の原因にもなる「子宮筋腫」「子宮内膜症」を防ぐ方法




「子宮筋腫」「子宮内膜症」といった疾患の名称は

女性であれば、ほとんどの方が耳にした経験があるはずであり

「妊活」に取り組んでいるのであれば、なおさら気になるものであるはずです。

 

「子宮」に関わるこれらの症状は、子宮の状態が大きな要素となる

「不妊」の原因にもつながることのあることは、意外なことではなく

ならないこと・改善していくことが必要な症状であることは間違いありません。

 

「症状によって」不妊への影響は大きく変わる

 

これらの症状は、珍しい症状というわけでもなく

「子宮筋腫」「子宮内膜症」のまま、乗り越えて妊娠した女性はたくさんいます。

 

しかし「着床障害」といった症状が見られることが顕著であり

困難であることは確かなことでもあります。

 

まずは、それぞれの症状・特徴を簡単に説明します。

 

子宮筋腫

 

子宮筋腫とは、子宮内に「良性」の腫瘍ができてしまう症状であり

「痛み」や「経血」の増加等「生理が重い」時に近い症状が現れます。

(「悪性腫瘍」の場合には「子宮がん」のケースもあります。)

 

腫瘍が出来る場所によって

  • 子宮の外側にできる「漿膜下筋腫」
  • 子宮の内側にできる「粘膜下筋腫」
  • 子宮壁の筋肉の中にできる「筋層内筋腫」

 

主に以上の3種類に分けることが出来ます。

 

「妊娠可能」な年齢の30%に見られる症状であり

当然のことながら、年齢が上がるごとにリスクが高まります。

 

小さい・少ないという場合には、それほど不妊につながることもないようですが

一定以上に大きい・多いという場合は、十分に不妊の要因となりえます。

 

また「できる場所」に関しても、非常に大きな要因となります。

 

決して珍しくなく、治療内容としては

「そのまま」の状態で、経過を見守るということも一般的ですが

あまりにも大きい、健康的な生活(妊活にも)に支障が出る場合には

外科手術で取り除くことも多いです。

 

子宮内膜症

 

子宮内膜症とは、本来であれば子宮の「内側」にあるはずの「子宮内膜」が

子宮の「外側」に出来てしまう疾患であり、この症状に関しても

10%の女性に見られる、決して「特殊」ではない症状です。

 

骨盤内部の組織が「癒着」してしまう原因ともなり

卵巣に近い場合には、複雑な症状になってしまうケースもあります。

 

広い意味では「骨盤」の中で起きる「炎症」とも言え

下腹部の激しい痛みを伴うことが多いことが特徴です。

 

程度にもよりますが、どちらかというと「子宮筋腫」よりも

不妊につながる要素が多いと考えられます。

 

治療に関しては「子宮筋腫」と同じく、経過を見守りながら

場合によっては、外科手術を行うことになります。

 

また治療の一環である「薬物療法」によって、排卵を一時的に止めることもあり

いずれにしても妊活にはデメリットが多い症状と考えられます。

 

予防のために出来ることは「スムーズな生理」を実現すること

 

以上の2つの症状は「予期」することが出来ない場合が多く

また明確な予防法がないため「できてから」改善策を考えることが一般的です。

 

しかし「出来るだけ可能性を低くする」ことは非常に重要であり

そのアプローチとしては、やはり「生理がスムーズに循環する体」を作ることです。

 

女性ホルモンの環境を整える

 

生理環境を整えるためには、やはり「女性ホルモン」の分泌を

安定させ「生理」を出来るだけ「軽く」することが大切です。

 

もともと「生理が重い」「生理不順」といった症状が見られる女性は

「子宮筋腫」「子宮内膜症」が発生する確率が高い傾向があります。

 

生理環境の改善の鉄則は

  • 十分な睡眠(出来ることなら生活リズムも一定に)
  • 十分な栄養の摂取(ダイエットは一度やめる)

 

そして何よりも「冷え性の改善」です。

 

※参考記事:>>なんとしても冷え性を改善しなければならない理由

 

生理をスムーズにするということは、不妊の克服にとっても

非常に効果的であり、むしろ「最もすべきこと」でもあります。

 

「月経痛」は、2つの疾患に共通した症状であり

これがなくなるだけでも、生理・妊活がスムーズになるはずです。

 

少しでも妊娠の「確率」を挙げるために

 

本来これらの症状は、改善してから妊活をすることが望ましいですが

その状態のまま妊娠することが出来る例も多く、妊活を継続するカップルもいます。

 

しかしながら、一般的な「タイミング法」の確率は非常に低下するため

「人工授精」「体外受精」といった手段をとることが多くなります。

 

「そのままでも可能」である一方「確率が低いことは間違いない」症状であり

まずは「出来るだけ」発症しないことが望ましい症状になります。

 

>>妊活に向けた生理に関するトラブル解決コーナー