【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

「不妊」で悩むカップルはなぜ増加してきているのか




「不妊カップルが増加している」ということは、
様々なメディアで、度々警鐘が鳴らされていることです。

しかし、実際の当事者でなければ・なってみなければ
分からないこと・感じることができないことがたくさんあり

また「まだ気づいていない」カップルが
実際に「危機感」を持つことは、難しいことが事実です。

現実に直面してから、焦って改善策を取り始めますが
それでは遅いということが現実です。

「いずれ」子供を望んでいるカップルであれば
「もしかしたら」という危機感を持って、対策をしておくことが必要です。

スポンサーリンク

女性不妊と男性不妊の正反対の傾向

何らかの「不妊要素」を持つカップルは7組に1組と考えられ
これは「気づいていない」いわゆる「不妊予備軍」も含まれます。

不妊の定義が、「妊活を始めてから2年」であったものが
「1年」に短縮されたことで、早めに何らかのアクション(「サプリ」や「通院」)

をとるカップル増えたことで「従来考えられていた数字よりも多い」
という現実が見えてきたこともあり、数字上は「確実に増加」しています。

「男性不妊」と「受精障害」

そして、この増加傾向の中で特徴的なものが
「女性不妊」は、やや減少傾向であり
一方で「男性不妊」が増加傾向にあるということです。

以前であれば、男性の協力が得られずに「隠れていた」ものが
男性の協力姿勢がみられるようになったことで、現実が露呈してきており
ついに「女性不妊と同程度」の割合まで、男性不妊は増加してきてしまっています。

更に突き詰めていくことによって、
「受精障害」という、「受精」の段階に何らかのトラブルを抱えている
カップルが多いということも分かっています。

これは精子の「質」といったものが大きく関わっており
「精子の量」が十分であり「卵子」にも問題がないにも関わらず
なぜかうまくいかない、ということは「受精」する力がない
もしくは「相性の悪い状態」になってしまっている可能性が高いです。


「食生活」だけではない

「男性不妊」の原因としては、
「食生活」に関することが必ずフューチャーされることになります。

もちろん、精子の「量」「質」にとって
食生活は非常に重要なものであり、最優先で改善するべきことです。

特に「食の欧米化(高脂肪・コレステロール)」といったことが
原因として言われることもありますが、
そういった食事が本当に原因となっているのであれば
欧米人は全て不妊症であるということになってしまい
もちろん、そんな事実はあり得ないことです。

単純に「食生活」だけが、原因であるとは言い切れません。

「不妊」は世界的な傾向でもある

「食生活の欧米化はそれほど関係ない」といことを述べましたが
「不妊」の問題は、先進国を中心として世界的に増加傾向にあります。

もしかしたら、

「豊かな生活によって、生殖能力が落ちてしまう」

ということは、完全には否定できないことかもしれません。

何らかの「危機感」といったものが「生殖能力」にとって必要であり
「安全」「飽食」といった要素が、妊娠(繁殖)にまつわる
身体機能を「劣化」させているという説もあります。

「前向きに生きる」ことが最も大切なことかもしれない

そう考えると、「イキイキ生きる」といった
「漠然」としたことが、意外に最も重要であるとも考えられます。

そもそも「ストレス」は、不妊の要因の1つでもあり
「自律神経」という、生物が生きていくうえで
最も重要なものを狂わせてしまう可能性も秘めています。

「不妊治療」を進めていくうえで、ある時点から
「ストレス」は、「あらゆる意味で」避けることができないものになります。

そのため、とにかく早く対策を始める
「妊活」が「治療」になる前に、何らかのアクションを起こすことが需要であり
そのために、このサイトでは「サプリ」といったものを紹介しています。

>>まずは試して欲しい「サプリ」の解説

やはり「高齢化」は最も大きな要因

「不妊」に関する話題において、どのような要素においても
避けることができないものが、「高齢妊娠・出産」に関するものであり
「晩婚化」に従って、不妊カップルが増加していくのは「当たり前」のことでもあります。

忘れてはいけないことが「加齢」が最も大きな不妊の要因であり
それは「いずれ」誰の身にも起きることであるということです。