【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

妊娠しやすい時期に妊娠しやすい方法で「確率」を最大限に高める




「自然妊娠」のための、初歩的なアプローチとして
「タイミング法」を実践することになりますが
当然のことながら「排卵日」を意識した、というよりも
排卵日の前後であることは、前提条件になります。

しかし、この「排卵日」という基礎的な要素意外にも
妊娠しやすい「時期」や、実践すべき方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

「季節」は関係なくやはり「自分達のタイミング」が重要

「妊娠しやすい季節(四季)」ということが話題になることはありますが
「妊娠しやすい絶対的な季節」というのはありません。

しかし、人それぞれ「調子がいい季節」がある場合もあり
特に女性には「めぐり」がいい時期と、そうでない時期があり

  • 便秘
  • 肌荒れ

といったことが頻発する時期は「生理不順」といった
「究極のめぐり」のトラブルが起こりやすいことも考えられます。

また「2人のめぐり」がぴったり合う時期
「相性」が良くなる時期というのも考えられ
「ハネムーンベイビー」と呼ばれる「新婚」という状況で
2人の相性が「様々な意味で」最も「盛り上がっている」時は
やはり、体も「出来やすい」状態になるようです。

「生殖本能」といったものは、馬鹿にすることはできません。

また「盛り上がっている」時とは「正反対」の状況下
例えば「お腹がすいている時」「疲れている時」「体調が悪い時」に
なぜか「男性機能だけ」元気になるという現象は、実際に見られることです。

「生命の危機を感じて子孫を残そうとする」というのは
昔からよく言われていることであり
「精子の機能」も高まっているのでは?という説もあります。

事実、戦争に行く前に「限られたタイミング」にも関わらず
子供を残していった人も多いようです。

こういった「理論的ではない」ことが起きるのも生命の神秘です。

タイミングを「ずらす」ことも試してみる

健康な、全く生殖細胞・器官に問題のないカップルであっても
妊娠とは、ある意味「確率」に左右されるものでもあります。

「100発100中」は、たとえ「顕微鏡受精」でもありえません。

>>「顕微鏡受精」について詳しく

「タイミング法」によるアプローチは、
完璧な状態で、完璧に合わせて「30%前後」と言われており
もちろん個人差が大きなものでもあります。

また、タイミング法が最も「当たりやすい」時期は
「排卵日の前日」と言われており、理由としては

  • 卵子の寿命が短いこと(ピークは排卵後10時間・24時間後に受精能力を失う)
  • 精子は、比較的「長生き」であること(個人差があるが3~7日程)

そのため、精子を「待機」させておき「排卵次第」

すぐに「出会うことができる状況」を作ることが最も効率的だと考えられています。

そして、こういった情報に関しても「注意」する必要があります。

あくまで「一般的には」と言う前提があり
全てのカップルに当てはまるわけではないということです。

自分達の場合

  • もしかしたら「排卵日当日がいい」かもしれない
  • もしかしたら「排卵日の次の日がいい」かもしれない

ということも、想定しておきましょう。

まずは「排卵日の前日」に試してみて
「何度か」挑戦した後に「排卵日当日」「排卵日の次の日」
という、何パターンか試してみることをおススメします。



受精時の女性器の環境も重要

また、受精のタイミングの際の「女性器」の状態に関しても
非常に重要な要素になります。

通常の場合女性器(膣)は、細菌等に荒らされないよう
「酸性」を保っていますが「排卵」のタイミングで「アルカリ性」に変わります。

これは「精子を殺さないため」のメカニズムと考えられますが
場合によっては、パートナーの精子が「アルカリ性」に
「極度に弱い」というケースも考えられます。

こういったことからも、前後での「条件」による違い
大きく影響すると考えられるのです。

また、性器を清潔に保っておくことは最低限のことであり
「余計な」障害を作らないためにも、心得ておきましょう。

ちなみに、以上の「酸性」「アルカリ性」が与える
条件の違いは、一般的に「産み分け」の民間療法として用いられますが
不妊・妊活の段階では、そういった目的ではなく
あくまで、自分達に相応しいタイミングを掴むことを優先しましょう。

※一般的に、「排卵日前」のタイミングでは女の子
「排卵日後」のタイミングでは男の子が生まれやすくなるとい言われています。

あくまで「民間療法」の1つになります。

※参考ページ
>>女性器の汚れが不妊を招く

>>妊娠しやすい体を作るための「女性の食事」

>>妊娠しやすい体を作るための「男性の食事」