【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

更年期障害と妊活・不妊治療




妊活・不妊治療を行っているカップルの中には「更年期障害」という
「独特の」体調トラブルと戦いながらという女性も、少なからずいるはずです。

更年期障害とは、一般的には40代半ばから見られる
女性特有の症状です。(後述しますが、一概には言えないこともあります。)

「病気・疾患」ではありませんが、症状に関して非常に個人差が大きく
また、「症状の出方」に関しても「予測出来ない」ことから
場合によっては、「スムーズな改善」が難しいことが特徴的です。

典型的な症状としては、

  • 頭痛
  • 動悸・息切れ
  • 眩暈・耳鳴り
  • ほてり・のぼせ
  • 生理不順
  • 下痢・便秘
  • 抑うつ・イライラ

これらの症状が「慢性的」に、時には「ランダム」に現れます。

スポンサーリンク

「高齢」に加わる新たなリスク

前提として、更年期障害の症状が見られるということは
「35歳以上」の高齢出産(妊娠)の定義に含まれる人が多いはずです。

「更年期障害」は、症状の発症に低年齢化の傾向が見られますが
本格的に悩み始めるのは、30代後半からがほとんどです。

そのため「高齢」という根本的なリスクに加え
「体調不良」という、現実的なリスクが増えることになります。

「女性」としての体の機能が根本原因となっている

そもそも、更年期障害の根本的な原因というのは「女性ホルモンの減少」です。

「乱れ」ではなく「減少」であり、これは劇的に回復するものではありません。

これによって各トラブルが発生することになりますが
妊活にとって、最も懸念される事態が「生理」にまつわるトラブルです。

「女性としての機能」何より「妊娠に必要な排卵」を伴う
体のサイクルに不具合が出始めてしまうことによって
より困難な状態に訪れてしまうことになります。

「排卵障害」や「生理不順」によって、スムーズな「タイミング法」を行えなくなる等
その弊害は非常に多く、また症状の出方も予測できません。

「高齢」「女性」だけのトラブルではない

またこの更年期障害の症状は、「中年女性」だけのものではありません。

「若年更年期障害」と呼ばれる、30歳未満でも発症する例や
男性であっても、女性と同じくらいの年齢で
同じような症状が見られることは珍しくありません。

厳密には、中年女性の更年期障害とは仕組みが違いますが
女性であれば「生理の環境」に、男性であれば「勃起障害」
いずれも、妊活に悪影響を及ぼす症状が現れます。


「血圧」が大きな鍵を握る

更年期特有の体調トラブルには、血圧の上昇が大きな鍵を握っています。

女性の場合「エストロゲン」の影響によって
血管が拡張しているため、血圧は低い傾向がありますが
エストロゲンの減少に伴い、血管が収縮することによって徐々に血圧が上昇してきます。

それによって、血流への影響や心臓への直接的な負担によって
動機を代表とした、諸症状が頻繁に見られるようになります。

まずは体調の回復・安定を

更年期障害と闘いながら・うまく付き合いながら
妊娠・出産を叶えたカップルもいることは確かです。

しかし「リスク」は大きく「確率」に関しても
減少していると言わざるを得ません。

とにかく、まずは体調を安定させることが先決です。

厳密には「回復」ではなく、エストロゲンが減少した体に
体を「慣れさせる」ということが大切になります。

「不調と戦いながら」ではなく、体調が落ち着いてから
妊活を始める・再開する方が「安全」と考えられます。

※参考ページ:>>女性ホルモンを安定させるために必要なこと