【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

「不妊治療の保険」と「卵子凍結」




不妊治療を始める際に「お金」は、非常に重要な要素になります。

「検査」や「タイミング法」の段階までは、一般的な「健康保険」が適用されますが
「人工授精」以降の、「高度生殖医療」が始まることで
それまで適用されていた健康保険の「範囲外」になってしまいます。

この問題に関しては、これまでも何度か取り上げていますが

乗り越えるハードル~「お金」と「時間」~

経済的な事情で諦める・諦めていくカップルは非常に多いことが現実です。

本音では「お金なんかで赤ちゃんを諦めたくない」と思っているはずですが
最も「現実的な」要素であるため、残念な決断を下すことになるケースもあります。

中には「銀行ローン」を組んで、というカップルもいますが
無理をすることによって、結果的に「ジレンマ」が発生することになり
結果的に「夫婦関係」にトラブルが発生することも考えられます。

しかし、最近「不妊治療専門」の保険が出来たことが話題になり
実際に販売されることになる「確率」が高いことが分かっています。

まだ、全貌がはっきりしていないため
期待しすぎるのも、よくありませんが「朗報」といってもいいものです。

そして、最近では「卵子凍結」についての話題も活発になっているようです。

スポンサーリンク

基本的には「男性不妊」のための「卵子凍結保存」




この卵子の「凍結穂保存」に関しては、「男性不妊」がどうしても解決できない夫婦に対して
「問題のない卵子だけでも」劣化しない状態で保存しておこうという手段です。

早い機関では2010年から実施されている方法であり
実際に、後で妊娠したケースもあります。
(未婚女性の卵子凍結も行われていますが、その後の妊娠・出産例は、まだありません。)

体は衰えるという当たり前の現実

忘れてはいけないことは、元気な卵子を残したからといって

妊娠しやすさ・元気な赤ちゃんを産める確率まで、維持することができるわけではありません。

いずれ「妊娠・出産したい」と思ったタイミングで
「体外受精」を行い(成功する保障はありません)
子宮に戻すという工程を経ることになりますが
その時の体は、卵子を凍結した得に比べて確実に劣化しています。

最近決まった「採取上限年齢」は「40歳」です。

これから「駆け込み需要」のようなものが起きる可能性もあります。

しかし高度生殖医療の一環であり、また体外受精が絶対条件になるため
保険は「適用外」であり、医療機関によって費用も違いがあります。

また「採取」だけでなく「保管料」というものもかかるため
毎年「管理費」が積み重なっていきます。

年をとるほど数が必要になる

「体外受精」に関しても、年齢が上がるほど「確率」は減少します。

そのため、凍結保存されている卵子の「数」も重要になります。

その分、費用は増えていくことになるため
もし、卵子の凍結保存をするとしても
後の体外受精も、早く行うべきであることは間違いありません。

ほとんどの例が「男性不妊が解決次第」体外受精を行うようですが
中には「不妊」であるわけでもなく「今は欲しくないけど、いずれ」
という理由で、卵子の凍結保存をする女性もいるようです。

「個人の自由」ではありますが、決して「加齢」というリスクを
軽視することなく、妊娠・出産は早いほど「リスク」が低く
そのリスクには「お金」「時間」「安全」といった
様々な要素が、含まれていることを忘れないようにしましょう。

不妊治療を検討する前・不妊治療中にも
>>妊活サポートサプリの利用がおススメです