【最新】ぜひチェックして欲しい世界初の応用技術!

早く妊娠したいと焦っているカップルが陥りがちな症状




妊活を始めたカップルや、不妊治療を始めようか迷っているカップルが
「早く欲しい」と思うことは、当たり前のことであり
高齢出産であればあるほど、その想いは強いはずです。

しかしその想いが空回りした結果、逆にマイナスの影響を
与えてしまうということは、繰り返し紹介してきました。

できるだけ早く赤ちゃんが欲しい

主に「精神的」な面でデメリットが発生してしまい
結果的に、「肉体的」な「物理的」なマイナス要因が発生してしまいます。

そこで、実際に発生するマイナス要因を
一度しっかりと整理し、しっかりと理解しておきましょう。

精神的なトラブル

やはり、焦ることの最大のデメリットが「精神的な負担増」です。

そもそも「焦っている」こと自体が、十分なストレスです。

  • ストレスによるホルモン環境の乱れ
  • 眠れないことによる体調不良
  • 夫婦関係の悪化

これらは妊活にとって、非常にマイナスであることは
疑いようのない事実であり、理解できるはずです。

特に「夫婦関係」は「タイミング法」に非常に大きな影響を与えます。

「義務」によるタイミング法も、ストレスになり得るからです。

スポンサーリンク

ストレスによって妊活中の体に起きるデメリット




ストレスの最も大きな悪影響として、「自律神経の乱れ」を挙げることができます。

特に女性の場合は、自律神経の乱れは「生理の乱れ」に直結します。

排卵を予測出来ないことには「タイミング」は測れませんし
タイミングが測れないことも、大きなストレスにつながります。

最も影響を受ける男性機能

そして、ストレスの影響を最も受ける要素が
排卵と同じく、タイミング法に不可欠な要素である「男性機能」になります。

  • プレッシャーで勃たない
  • 義務感で勃たたない

 

ということは「冗談」でなく、
妊活・不妊治療の現場で、非常に「よく聞く」証言になります。

ストレスで影響を受けるのは女性のホルモン環境だけではない、ということを
女性側もしっかりと知っておきましょう。

「プレッシャーは厳禁」です。

環境ホルモンだけでなく、ストレスによって
「精子の量」が減ってしまう可能性も十分に考えられます。

それも「自律神経の仕業」と言える症状です。

避けられないからこそ

しかしながら「なかなかできない」という状況では
焦ってしまうことは、当たり前のことでもあり
避けることが出来ない、感情を持つ人間の「自然の摂理」でもあります。

しかし、それでも「出来るだけ焦らない」ことが大切であり
そのためには、「長期的な視野」で考えることです。

焦らないために必要なこと

このサイトでは、何度も解説していますが
「焦らないためには、早く始める(準備しておく)こと」です。

いざとなって、妊活に効果的な栄養素は・・・
タイミング法って、いつがいいの・・・?と考えるのでは、遅すぎます。

特に精子・卵子の素となる「生殖細胞」は、半年~1年前の生活・栄養素が反映されます。

次の排卵日のタイミング法で「出会う」精子と卵子は
1年前に作られたものと考えましょう。

つまり、いざ「欲しい!」「作ろう!」と決意する
その
1年前に準備を始めておかなければなりません。

そのため、このサイトでは

「いずれ欲しくなる(家族を増やす)可能性」があるのであれば

その可能性が芽生えた時点で準備を始めましょう、ということを推奨しています。

最後に、

「1人の命を生み出す行為」である妊活に

「絶対に焦りは禁物」であることを、もう1度心に刻みましょう。

「授かりものだから」という理由で、「治療」をせずに「タイミング法」だけを実践し
10年15年経ってから、授かることができたカップルはたくさんいます。

そういった「前向きな事実」を知っていることは
精神的な安定のために、非常に有益なことでもあります。

※参考記事:>>「効率のいい」準備を始める