本気で取り組む妊活と不妊治療の克服

本気で乗り越えるための妊活・不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

「AMH」の数値を上げたり「プロラクチン」の数値を下げるために妊活サプリの効果を利用することはできる?~「自然妊娠」を目指すためにすべきこと~

一般的な妊活の話題において、

 

「葉酸を欠かしてはいけない!」

 

「マカがいい!」

 

といった、体に取り入れるべき成分に関するものをはじめ

 

「排卵日の前がいい、後がいい」といった、ノウハウ的なものも目立ちます。

 

もちろん、どれも自分がいいと思ったことは取り入れるべきであり

「やれるだけのことはやる、でいきる工夫はすべてやる!」ということは非常に大切なことです。

 

しかしながら特に「不妊」を疑い始めた後、専門の病院・クリニックに通い始めた際には

より複雑な理由・用語を知ることになり、「そんなに単純なことではなかった」ということを知るはずです。

 

「何も考えずに、できてしまう」というカップルがいることも事実であり

いくら勉強・努力しても、なかなかうまくいかないカップルもたくさんいます。

 

しかしそれでも、毎日少しずつ取り組むしかないのです。

 

そして、妊娠に関する「ちょっと突っ込んだ内容」として

「AMH」や「プロラクチン」といった、やや難しい用語が現れることになります。

 

「AMH」の数値と妊活への影響

 

こと女性に関して言えば、

「これから先、どれだけ元気な卵子を排出できるか」

妊活に関わる要素の中でも、一番と言っていいほどに重要なことです。

 

「自然妊娠」に関しても、最も差が出る要素でもあります。

 

卵子というのは、女性はその母親のお腹の中にいる時に

すでに「おおよその絶対量」が決まっていることは、広く知られています。

 

この卵子の量というのは、生まれた後に減り続けるものであり

年齢を重ねるごとに、その減少は加速していきます。

 

そして、「正常な卵子がどれだけ残っているか」ということに関しては

「AMH(アンチミューラリアホルモン)」というホルモンの数値によって測ることができます。

 

「AMH」は、専門の医療機関での検査でしか判明しないものであり

「卵子」の数というのよりも、「(これから卵子となる)卵細胞」の数の指標となります。

 

「ある程度年をとってしまっている」という自覚のある女性で

且つ本気で妊活を進めるのであれば、ぜひ検査を受けて欲しいものと言えます。

 

そしてこの数値が低ければ低いほどに、「元気な卵子」は少なく

当然のことながら、自然妊娠(あらゆる不妊治療含め)の確率は低くなります。

 

AMHの数値は、「どれだけ残っているか」の指標であり

必ずしも「妊娠確率」と連動するわけではありませんが

高いよりも、低いことで「不利な条件」となることは事実と言えます。

 

※参考記事:>>「AMH」が基準値よりも低いと自然妊娠が難しい?

 

 

プロラクチンの数値とその影響

 

プロラクチンとは、本来は「出産後」に分泌されることになる

母乳の生成・分泌を促すホルモンの名称になります。

 

しかし、出産後でないにも関わらず高い状態は

「不妊を招くサイン」として知られており、この「高プロラクチン血症」と呼ばれる状態は

妊活・不妊治療に挑戦する女性であれば、改善しておきたい症状になります。

 

プロラクチンは、授乳期というイベントを支えるホルモンであり

母乳をスムーズに作る・飲ませる以外に、「排卵をさせない」という働きがあります。

 

一時的に「妊娠できない」状態に、体をコントロールするのです。

 

つまり、プロラクチンが高い状態というのは

「妊娠しづらい」と言える、極めて自然な答えが導き出されます。

 

プロラクチンが増えることで、なぜ排卵が抑制されてしまうかと言うと

プロラクチンは「エストロゲン」の分泌を抑制する働きがあるためです。

 

エストロゲンとは、卵子の熟成に欠かせない物質であり

エストロゲンによって、十分に成熟しさせられた卵子から

育った順に、排卵日に排出されることになります。

 

エストロゲンの分泌が、抑制されてしまうということは

卵子の正常な成熟ができず、排卵までたどり着かないことになります。

 

※参考記事:>>「プロラクチン」が高いことは不妊の原因になる?

 

基本的にサプリで「治す」ことはできないが

 

AMHの数値が低い状態や、プロラクチンの値が高くなってしまうメカニズムには

「脳下垂体」や「甲状腺」といった、非常に難しい要素がからみます。

 

またその治療に関しては、「外科手術」や「薬物の投与が」必要になります。

 

そのため、「なってしまったら」サプリの力だけで

劇的な改善をすることはできず、基本的には医療機関の協力が必要です。

 

しかしながら、その「原因の要因」と言えるものには

女性ホルモンのバランスが関わっていることははっきりしており

その面において、日常的に働きかけることができるはずです。

 

女性の問題は「女性ホルモン」に働きかける

 

このページで解説している、2つのホルモンの問題は

そのほとんどが、女性の問題であると言わざるをえません。

 

そして、妊活における女性の問題は

女性ホルモンという要素を避けることができず

この2つの問題は、その際たるものと言えます。

 

ホルモンバランスが、崩れているということは

「自律神経」といった深い部分が関わっている可能性も高く

そういった症状のほとんどに「ストレス」が関わっています。

 

そして、更に「冷え性」「貧血」といった症状が

自立神経・女性ホルモンの乱れを加速させていくことになります。

 

この状態の際に、効果的な妊活サプリを選ぶのであれば

やはり妊活初期段階におススメの「授かりやすい基礎を整えるサプリ」

もしくは子宮を中心とした「体を温めるためのサプリ」のいずれかが有効と考えられます。

 

↓↓女性ホルモンを含めたトータルケアに一押しのサプリ
makana

 

「期間」を決めて実践することの大切さ

 

ここで改めて、「期間」を決めることの重要性について。

 

本来であれば、可能な限り「自然妊娠」を目標としているカップルが多いはずであり

それは「治療」になってしまうことで、あらゆる面(経済的・精神的)の負担が増えるためです。

 

当然のことと思います。

 

「妊活を始めるタイミング」は、カップルそれぞれですが

「できるだけ早く始めるべき」ということには間違いなく

それに加えて、「治療を始める決断」の時期を設けることも大切です。

 

半年・1年と、それぞれのカップルで

「これまでに授かれなかったら病院に行く」という、タイミングを予め決めおき

それまでに、「できることは全てやる」という姿勢で臨んで欲しいと思います。

 

不妊の定義としては、

「タイミングを合わせた妊活で1年授かることができない」となりますが

必要なことはタイミング法以外にもあり、総合的な確率はカップルによって異なります。

 

「本気」をサポートする妊活サプリ

 

そして、「本気の妊活」をサポートするアイテムとして

ぜひ習慣的に利用して欲しいアイテムが、当サイトでも紹介している「妊活サプリ」になります。

 

まず前提として、妊活サプリを利用すれば妊娠できる訳ではありません。

 

しかしながら、「早めの本格的なアプローチ」が重要であり

あくまで例として、「AMHの数値が少ない、できないかも・・・」と何もしなかったり

また「正常」だからといって何も変えないのではなく、やはり<徹底的に>実践して欲しいと思います。

 

そして<期間>を決めることで、「経済的な負担」も制限されることになり

いずれにしても、不妊治療と比べた際には、低い価格には違いありません。

 

「判断」を早めるためにも、妊活サプリの利用は有効でもあります。

 

「もし利用したいたら」と考える心配をするのであれば、試すことが始めるべきと言えます。

 

>>「妊活サプリ」を検討しているカップルのための特設ページへ

 

「早く本気で始める」ことが最も重要な対応策

 

人間の体は、年をとるにつれて確実に「劣化」します。

 

そして、こと「ホルモン」「卵子」というのは

「加齢による肉体的な劣化」が、顕著に現れるものと言えます。

 

当サイトでも繰り返し解説していますが、不妊カップルが増えていることの

本質的な理由というのは、「妊娠を望む年齢」にあると言えます。

 

全体的に見て「遅い妊活のスタート」が、最も大きな不妊要因であることは間違いありません。

 

そしてそれには、「欲しい」「産むことができる」という時期が

昔に比べて「後ろ倒し」になっていることが影響しているはずですが

これには「女性の社会進出が進んだ」といった、様々な要因が絡み合っています。

 

女性の社会進出が活発になることは、基本的に喜ばしいことであり

それに付随する「晩婚化」は避けられないものでもあります。

 

ただし、それなりの「覚悟」や「条件の不利」が伴うことは忘れてはならないことです。

 

その結果として、「高齢出産」が増えていることは

それだけ「諦めることになったカップル」も増えているのです。

 

そして、そうならないためにできることとして

「早く始める」という処方箋が、最も有効であることもまた間違いなことと言えます。

改めて「流産後の過ごし方」と乗り越えて妊活を再開するために必要なこと~前向きに始めたいサプリ習慣~

「流産」や「死産」といった言葉は、耳にもしたくないことと思われますが

それはつまり、「想定できる最大のリスク」とも言えるものです。

 

長い期間にわたって、願い続けた「妊娠」が叶ったとしても

出産することができなければ、赤ちゃんに出会うことはできず

それがどれだけ辛い経験であることかは、言うまでもありません。

 

ただでさえ、辛い経験には違いありませんが

長い「妊活」の末に、やっと授かったカップルは

授かることが出来た喜びが大きい反面

落胆も大きくなってしまうことも間違いありません。

 

しかしながら、

 

待ちわびていた(高齢妊娠の可能性が高くなる)からこそ

そういった悲しいリスクが増えることも現実であり

「万が一自分達の身に降りかかった」際に、

心身共にできるだけ早く回復し、乗り越え、新たな希望を持つことも大切です。

 

「精神的」はもちろん「肉体的」にも乗り越える必要がある

 

妊娠初期の流産を防ぐことはできるのか

 

でも解説していますが、「仕方がない」という他なく

「妊活事情」や「想い」に関係なく、リスクはつきものです。

 

ぜひ早く前向きになって、前向きになるしかないのです。

 

流産後の体の回復は「流産した時期」によって

大きく違い、時期が早ければ早いほど体への負担は小さく

遅くなればなるほど(胎児が成長しているため)

手術・処置による、母体への負担が大きくなります。

 

これは「死産」に関しても同じことであり、

また育っていた分、精神的なダメージも大きくなるはずです。

(妊娠22週目を境に「流産」「死産」と区分される)

 

そのため、当然のことながら個人差があるものですが

「安静に」といった当たり前のことだけではなく

早い段階で体が「復調」するように、心掛けましょう。

 

また妊活後に、流産をしてしまった場合には

「もう一度」と考えるカップルが多いと思いますが

精神的に乗り越えることと同時に、肉体的な「回復」が何より大切です。

 

そしてその際にも、ぜひ「サプリ」を利用して

少しでも早く「調子を戻す」ことをおススメします。

 

からだの「めぐり」と「卵の素」を考える

 

サプリを利用して、流産後の体の回復・次を見据えたケアを始める際には

ぜひ「体のめぐり」に関するもの、そして「卵」に関する要素を見直して欲しいと思います。

 

ここで指す「めぐり」とは、

  • 一度止まった生理の再開のため
  • 元気な・正常な次の卵を生み出すため
  • もちろん体をあたためて「基礎体温」等の条件を正常化させるため

 

以上の、様々な角度から考えることができます。

 

これは、体を「切り替える」ためのサイクルを早めること

「次」に備えて、最大限の準備を早めることが目的です。

 

めぐり・準備の両方におススメのサプリ「マカナ~makana~」

 

makana

 

また流産するか否かは、「受精の段階で7割決定している」という説もあります。

 

当サイトでは繰り返し述べているとおり、

何よりも卵(生殖細胞)が、妊娠・出産の鍵を握ると考えられます。

 

この卵の問題に関しては、高齢出産に備える際には

「最優先」に考えることでもあり、徐々に広く浸透してきている知識でもあります。

 

もちろん、生殖細胞が劣化していた・正常ではない受精卵によって

流産が起きてしまった可能性は、誰にでも・どのカップルにも考えられることです。

 

卵の衰えのケアには「イースタティックミネラル」配合の「ミトコア300mg」



もちろん、「卵のせいではなかった」ということも考えられますが

全てあくまで「可能性」であり、備えておく、万全にしておくべき要素と言えます。

 

早めに回復して早めに再開したいけど・・・

 

最も気になる「妊活」を再開出来る(してもよい)時期として

一般的には「3回生理を見送る」ということが定説です。

 

※詳しくは>>流産後の妊活はいつから始めて大丈夫?

 

しかし「1回」で十分な例や「半年」は様子を見るべきケースもあり

個人差が大きなものですが、「早く」と焦るのではなく

「できた経験があるから大丈夫」と余裕を持ち、慎重に慎重を重ねてください。

 

おちこみながら・納得させながらも「回復」に努める

 

ごく妊娠初期に発生する、自分自身も気遣い

「化学流産(妊娠5週目~10週目に起きる)」を含めると

流産は「7組に1組」のカップルの身に起きています。

 

※詳しくは「化学流産」の原因・症状~その後の妊娠への影響は?~

 

そういった事実で、納得できないことも多いと思われますが

やはりそういった中でも、「また」と思うのであれば

精神状態に関係なく、着々と準備を進めましょう。

 

「妊娠前」から「妊娠後」まで一貫して重要な栄養素

 

最後に、体のめぐり・回復といったことを考える際には

「葉酸」という、非常に基礎的な成分を忘れがちです。

 

しかしながら、妊娠前・妊娠中と長い間にわたり

一貫して重要になる成分であり、生殖細胞の生成はもちろん

妊娠初期の、胎児の神経細胞の成長への影響は常識的なものです。

 

ぜひこの葉酸の大切さに関しても、もう一度確認して欲しいと思います。

 

>>おススメの葉酸サプリランキングを見てみる

 

※こちらも併せて>>流産の確率を下げる妊娠

精子・卵子の老化防止に効果的な成分・方法のまとめ~効果的なサプリも増えている~

不妊に悩んでいるカップルは、年齢に比例してが割合増えるものであり

「加齢」という要素が、「妊娠確率」を下げることは明らかです。

 

また「高齢出産」が増えている分、高齢妊娠を目指す・諦めるカップルも

同時に増えている、という無視できない現実があります。

 

そしてその本質が、「生殖細胞の劣化」にあることは

当サイトでも繰り返し述べており、高齢妊娠・出産を目指すのであれば

「精子」と「卵子」の質の向上が大きな鍵であり、不可欠な要素になります。

 

生殖細胞の質の向上は、現在に妊活のメインテーマであり

「精子・卵子を若返らせる~~~」といった働きかけやアイテムの実践は

妊活に取り組むカップルに広く知られ、実際に大切なことです。

 

まずは「食事」による栄養素の摂取から

 

体質の改善には、やはり食事による体づくりが欠かせません。

 

昨今の「アンチエイジング」ブームによって、「抗酸化成分」という

細胞の質を向上させる・老化から守る栄養素が注目されています。

 

生物の体は、細胞1つ1つの集合体であり

その1つ1つの若返りが、体全体の若返りにつながるのです。

 

そしてそれは生殖細胞にも言えることであり

精子・卵子を構成するものも細胞であり

また「それらを作る働きをする細胞」もまた、細胞の塊と言えます。

 

抗酸化成分としては

  • ビタミンC・E
  • ポリフェノール
  • リコピン

 

といったものが、広く知られおり

食事から・サプリでの摂取は、それほど難しいことではありません。

 

特に「ビタミンE」は、「着床期」にも重要な役割を果たし

タイミング法を実践した後の、「お腹に宿る段階」にとって有効な成分と言えます。

 

※参考記事>>妊活ビタミン「ビタミンE」で着床障害の確率を改善して初期流産のリスクを下げる

 

また「リコピン」に関しては、精子に質を向上させるための

ピンポイント成分であり、数少ない貴重な働きを成すものになります。

 

※参考記事>>精子の質を上げる食材・栄養素~精子無力症の対策・改善~

 

「栄養素サプリ」と「ピンポイントサプリ」

 

また「食生活」以外で、体の中からできるアプローチとして

「サプリ」や「漢方」の利用といったものが挙げられます。

 

そもそもサプリとは、「足りない栄養素」を補助するためのアイテムであり

従来の妊活サプリに関しても、「不足しがちな栄養素」が

トータルで含まれているものが、人気・利用者を集めていました。

 

しかしながら、「妊活のための食事」といった知識が

一般的に浸透してきたことから、単なる「栄養補助アイテム」ではなく

「プラスアルファ」を備えたもの、また最近では「若返り成分」を配合したもの

何より「食事では摂取できない成分」という魅力のあるアイテムが求められています。

 

そして「若返り」という点では、「生殖細胞を蘇らせる」というコンセプトを持つ

以下の2つのアイテムが利用者を増やしておし、嬉しい報告も聞かれているようです。

 

ミトコア300mg



ミトコリン

 

 

 

※参考記事

>>やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

 

>>ミトコンドリアに働きかける妊活サプリ「ミトコリン」の効果とは?

 

「卵子」の老化を食い止める

 

昨今の「男性不妊」の増加から、当サイトでも精子に関わる問題を

多く取り上げがちですが、卵子に関しても重要であることに変わりなく

特に最近では、「卵子の老化」という話題が注目されています。

 

卵子は精子と最も異なる角度として、「製造(排出)サイクル」があります。

 

精子に関しては、毎日作られているものであり

放出の有無に関わらず、新しいものが作られているために

「代謝」を軸とした、その改善スピードも比較的スムーズです。

 

しかしながら、卵子といのは「すでに持っていた卵細胞」から作られること

また「約1ヵ月に1回」というサイクルによって、放出されるために

改善の結果というのが、なかなか現れない傾向があることも事実です。

 

何より「すでにあるもの」を、若返らせる必要があり

抗酸化成分を超えた、プラスアルファがより重要な役割を果たします。

 

女性に特化したアイテムとして、最近では「ドリンク型アイテム」が注目されています。

 

妊活に特化した「酵素ドリンク」や女性ホルモンを安定させる「ザクロ」

また世界に先駆けた、新たな成分を配合したドリンクも利用者を増やしています。

 

若榴da檸檬

 

 

umulin-ウムリン-

 

 

これらは男性にとっても有効であり、カップルで一緒に始めるべき

また、「食事のお供」に取り入れやすいアイテムと言えます。

 

 

※参考記事

>>高齢出産を望む妊活中のカップルに試して欲しい「酵素ドリンク」

 

>>不妊に効果的な成分を配合した世界初のコンセプトアイテム「umulin-ウムリン-」

不妊に効果的な成分を配合した世界初のコンセプトアイテム「umulin-ウムリン-」の評判とは

「ウムリン」という成分に関して、ご存じの方はおそらく一般的には少ないと思われます。

 

ただし「妊活中」のカップルで、様々な知識を取り入れようとしている方は

耳にしたことがある可能性のある、「世界初のコンセプト」且つ「超有効成分」になります。

 

ウムリンとは「梅」から抽出した成分であり、

妊活以外の面でも、主に「アンチエイジング」に効果があるとして

様々なメディアに取り上げられたり、表彰を受けている成分となりますが

特に「妊活(妊娠)」に対して、非常に大きな効果があることが注目されます。

 

世界初のコンセプト成分であることからも、ウムリンを配合している

「umulin-ウムリン-」に関しても、今までになかったアイテムであり

ウムリンを配合しているサプリというのは、他に存在しません。

 

 

「サプリ」というよりも、正に「梅酢」に似た形状ですが

サプリと同じく、習慣的に取り入れて利用していきます。

 

「たかが梅」と思われている方も多いと思いますが、忘れてはならない点として

「梅」がいいのではなく、あくまで「ウムリン」が有効だということです。

 

梅干から抽出した成分であることは確かであり

梅酢も配合されていることから、敬遠してしまう方もいるかもしれませんが

 

ウムリンには、「熱で壊れない」という特徴があり

飲み方をアレンジしやすいアイテムである点もメリットと言え

「梅が嫌い」というだけで、試さないのは非常にもったいないことです。

 

しかるべき臨床データがとられた成分

 

そもそもウムリンに関して、

何がすごくて・妊活にどんな効果があるのかというと

昨今の主流である「生殖細胞の活性化」という点になります。

 

肉体を若返らせることで、生殖細胞を若返らせることを目的とした場合

ビタミンCを中心とした「アンチエイジング成分」の摂取が中心であり

また「ミトコア」「ミトコリン」といったサプリによって

生殖細胞に直接的に働きかけることが、主なコンセプトでした。

 

これらも十分に効果的と言えますが、ウムリンに関しては

梅自体に「抗酸化」という側面があることに加えて

その「ウムリン自体」に、生殖細胞の状態を向上させる働きがあります。

 

具体的には「顆粒膜細胞」と呼ばれる、卵子を取り巻いている細胞を

活性化させることで、卵子を活性化させることにつながることが

ウムリンを利用することによる、最も大きな効果と言えます。

 

「生殖」への効果が証明されている

 

そもそもウムリンが生まれたきっかけとしては、
「鳥に良質な卵を産ませる」ことを目的とした「餌の工夫」でした。

 

梅から抽出した成分を、鶏に与えていたところ

生む卵の「量」も「質」も、劇的に上昇したことが研究機関の目に留まり

「人間」にも、応用できるのではないか?ということで

より効果的な物質の抽出方法が開発され、その成分こそがウムリンになります。

 

梅酢の抽出方法に一手間・二手間加えた、
今までにない抽出方法で生成されたウムリンは
当初の考え通りに、実際に「ヒトの妊娠」に対しても

非常に大きな結果を生み出す、ということが判明しています。

 

臨床データは、「レディースクリニック」で行われており

正確な臨床実験が素となっている、貴重なアイテムと言えます。

 

様々な「結果」が出ているアイテム

 

ウムリンを開発しているメーカーは、様々なカタチで利用者のカップルからの

口コミ・意見、そして何より結果についてのリサーチに力を入れています。

 

 

「妊娠できた!」という意見はもちろん、卵の質の向上に加えて

「排卵サイクル」の改善が見られたといった、貴重な意見も多く見られます。

 

特に「30代」や「高齢出産」にあたる女性からも、好評を受けています。

 

その特徴から、対象は主に女性となってしまいますが

卵子に関わる問題を方を中心に、結果を伴った嬉しい声が目立つアイテムです。

 

「umulin-ウムリン-」の公式ホームページを見てみる

若返り成分が豊富な妊活サプリ「CHARTY(チャーティー)-WOMEN-」の効果とは~ジオゲスニン配合!~

日々新たな成分の発見、新たなアイテムの開発が続けられている

「妊活」に関わる分野ですが、昨今は特に「妊活サプリ」と呼ばれるアイテムが

特に注目され、その種類も急激に増えていることが特徴的であると言えます。

 

その理由としては、「サプリ」というものが一般的になってきたこと

また妊活・妊娠時における、特定の栄養素の栄養の不足による

母子へのリスクが広く知られるようになったことも影響しています。

 

サプリジャンルの中でも、妊活サプリというのは

「幅広い種類の成分がギュッと詰まっている」というコンセプトであり

男性に比べて小食であること、また妊活・妊娠時には

特定の栄養素に関して、必要な量が増えるという特徴があるためです。

 

サプリメントというのは、特定の栄養素に特化していることが「ウリ」ですが

妊活サプリに関しては、「複数のサプリの集合体」というものになります。

 

そのため、一般的なサプリに比べて

やや高価な価格になってしまう、という側面もありました。

 

新しい時代の新たな妊活サプリ「CHARTY(チャーティー)」

 

数ある栄養素・その効果の中には、「葉酸」や「マカ」といった

妊活中、特にお母さんになる女性にとって、鍵となる成分があります。

 

そういった成分に関しては、「妊活サプリの目玉」として

その都度新たに、時代ごとに新たに発見された成分が加えられるものになります。

 

しかしながら最近では、その配合成分の傾向として

「栄養素の数」というよりも、妊活というイベント・命を生み出す仕組みにとって

より妊活根本的なアプローチのできる成分が、注目されている傾向があります。

 

それは、一言で言えば「アンチエイジング成分」であり

晩婚化・高齢出産の割合が、確実に増加している昨今

より「生殖細胞の質」の大切さについて、知られ始めたことも影響しています。

 

そしてその中で、新たに発売された妊活サプリが

「CHARTY(チャーティー)-WOMEN-」であり

今までにない成分・コンセプトとして、注目され始めています。

 

 

葉酸・鉄分・亜鉛といった、3大成分ではなく(※葉酸は含有)

マカ・高麗人参といった、高栄養価成分でもなく

  • ジオゲスニン
  • ビタミンE
  • αリポ酸
  • ALA(5-アミノレブリン酸)

 

という、今までのサプリには配合されていなかった成分

そもそも、存在自体が知られていなかった成分を中心とした

今までにないコンセプトの妊活サプリとなっています。

 

若返り成分を豊富に配合

 

「チャーティー」は、いわゆる「若返り成分」と呼ばれる栄養素が
質・量共に、とにかく豊富に配合されています。

 

どれも貴重な成分であると言えますが、その中でも「ジオゲスニン」

究極の若返り成分・成長ホルモンである「DHEA」に近い成分として

副作用なく・安全に摂取できる成分として、非常に注目されている成分です。

 

>>「DHEA」と「ジオゲスニン」の効果についての詳しい解説ページ

 

また「ビタミンE」「α-リポ酸」に関しては

美容に興味のある方であれば、聞いたことがあるはずであり

「抗酸化」や「代謝」といった、美容・健康に有効な成分です。

 

そして、もちろん妊活にも有効な成分であり

特にビタミンEは、「着床期」において非常に重要な役割を担います。

 

「ALA(5-アミノレブリン酸)」に関しては

聞いたことのない方も多いと思われますが、アミノ酸の一種であり

体内で合成できるものの、加齢と同時に現象してしまうものになります。

 

若さを保つために、非常に重要な成分になりますが

配合されているアイテム自体が非常に貴重なものと言えます。

 

以上のどれもが、細胞の活性化に対して好影響を与える成分であり

もちろん「同じくらい超重要」である、「葉酸」もしっかりと配合されています。

 

この葉酸に関しても、もともとは

「妊娠初期の胎児の神経細胞の構築」という点が注目されていましたが

昨今では、生殖細胞の活性化にも有効であることが知られています。

 

「医師が監修」という安心感

 

また現実的な面で、安心して利用できる要素として

「医師が監修している」というポイントがあります。

 

日本のサプリの安全基準は、非常に厳しいものであり

国内メーカー・国内生産であれば、基本的には安全性が保たれていますが

やはり「専門家のお墨付き」というのは、ワンランク上の安心感と言えます。

 

妊活サプリに限らず、健康補助アイテムというのは

基本的には「新しいものほどよい」ものであり

いつから始めるにしても、その時点で最も新しいものは

必ずチェック・検討することが、大切であると言えます。

 

「CHARTY(チャーティー)-WOMEN-」の公式ホームページへ

結果を残している新しい妊活ドリンク「ザクロのしずく」の効果と口コミについて

妊活を進める過程において、「サプリ」を利用することが

一般的になってきてから、しばらく経ちました。

 

「なかなかできない」というカップルから

「万全の準備をしたい」というカップルまで

様々な段階・思いで利用されている「妊活サプリ」ですが

それと同じく、最近では「酵素ドリンク」

利用するカップルも、徐々に目立ってきました。

 

昨今の「酵素ドリンクブーム」によって、健康・ダイエットを目的として

何らかの酵素アイテムを利用している方が増加していますが

それに伴って、妊活を目的として摂取するカップルも多いようです。

 

「妊活酵素ドリンク」と呼ばれるこれらのアイテムは

徐々に効果・結果の報告も見られるようになり

サプリに追いつくように、普及し始めているようです。

 

>>高齢出産を望む妊活中のカップルに試して欲しい「酵素ドリンク」

 

しかしながら、酵素ドリンクには「くせ」があることも事実であり

「ちょっと受け付けない」という方も多いことが現実です。

 

そういった方のために今回は、同じ「ドリンク型」であり

「ジュース」として妊活をサポートする

「ザクロ」を主成分とした「妊活ジュース」を紹介したいと思います。

 

ザクロのしずく

 

「ザクロのしずく」は、知名度こそまだ低いものの

妊活を実践している、モニターのカップルに「結果が出た」ことから

その存在が、徐々に知られるようになりました。

 

 

ザクロは、「女性ホルモン」とよく似た働きをする

「植物性エストロゲン」を豊富に含んでおり

それも「大豆イソフラボン」や「プエラリア」等とは異なる

「エストロン」と呼ばれる、エストロゲンの一種になります。

 

もともと、食材としての摂取がそれほど一般的ではないため

妊活サプリの中にも、ザクロエキスを含むアイテムも数多く存在します。

 

「妊娠力」の衰えた女性にこそ

 

この「ザクロのしずく」に関して、注目すべきは

口コミ・意見を寄せている利用者の「属性」であり

平均年齢が「37歳」と、高齢出産の定義(35歳)を上回っていることです。

 

女性は20代後半から、いわゆる「妊娠力」が「確実に」低下します。

 

これは、受け入れなければならない事実です。

 

晩婚化・出産年齢の上昇が、不妊の症例の増加を招いていることは

間違いのないことであり、「若いうちに生むべき」ということは否定できないのです。

 

そういった、「妊娠する力」とも呼べるものが衰えてしまった女性にこそ

利用すべきアイテムであると言え、実際に結果が出ていることは心強いものです。

 

公式ページに掲載されている豊富な口コミを見てみる

 

「ジュースにしては高い」が「メリットも多い」

 

「保存料・着色料なし」の、「天然ザクロのみ」を使用しており

やはり、ジュースとしては高価格帯と言える価格になります。

(国産ではなく「イラン産」になりますが、イランはザクロの一大生産国です。)

 

しかしながら、一般的な酵素ドリンクに比べれば

3分の2ほどの価格であり、また親しみやすい味です。

 

更に、女性ホルモン成分にばかり注目しがちですが

その「抗酸化力」に関しても、非常に高いものと言えます。

 

ザクロに含まれる抗酸化成分は、肉体的な衰えだけでなく

生殖細胞の衰えを招くこととなる、活性酸素を除去する成分であり

女性だけでなく、男性にとっても有効な成分・アイテムになります。

「DHA・EPA」配合の新しいおススメ妊活サプリ「ノコア 葉酸+DHA/EPA 」の注目すべき効果について

従来の「妊活サプリ」というのは、葉酸・亜鉛・鉄分という

「妊活3栄養素」が主成分であることがほとんどでしたが

昨今では今までにない、様々な成分が配合されていることが珍しくありません。

 

不妊に悩んでいるカップルの増加や、「妊活」といった言葉の普及によって

それらのカップルを対象する商品の開発・研究が発展したためです。

 

それに伴い、妊活にとって有効な「新成分」

従来は「その他の目的」に対して、有効・利用されていきた成分が

妊活にとっても、有効ではないか?という発見も増えてきました。

 

なかなかうまくいかない、その要因は「基礎栄養素の不足」だけでなく

その他にも存在し、その分だけ改善策も存在すると考えられます。

 

そしてその中でも、従来存在していた栄養素

また「健康ブーム」の主役にもなっていた成分である

「DHA」「EPA」が、妊活に対しても有効であり

更には、それだけに留まらない効果も期待できる成分でもあります。

 

新しいコンセプトの新しいアイテム「ノコア 葉酸+DHA/EPA 」

 

しかしながら現在であっても、DHA・EPAを配合した

妊活サプリというのは、非常に少なく貴重なアイテムになります。

 

そしてそんな中、「ノコア 葉酸+DHA/EPA 」というアイテムが新たに発売され

新しいコンセプトの成分を含む新しいサプリ」として、注目されています。

 

 

「ノコア 葉酸+DHA/EPA 」は「お母さんになった女性」を対象とした

「ノコアシリーズ」を手掛ける、ヘルスケア会社が販売しており

「赤ちゃんとお母さん」のためのアイテム販売に、実績があることに関しても

これからの結果が期待できるサプリメントとして、期待されています。

 

妊活はもちろん「授かる赤ちゃん」への効果も大きい

 

まず、妊活にとってのDHA・EPAの効果としては

血液を綺麗にする働きによって、血流を改善することで

「冷え性」「めぐり」への、大きなメリットが考えられます。

 

「基礎体温」「タイミング法」「サイクル」これらは

初期の妊活にとって非常に重要、というより「全て」とも言える要素です。

 

更に、「妊娠してから」という点を考えた際には

「DHA・EPA」は、早産の確率を下げる働きがあるというデータもあります。

 

妊娠初期に重要となる栄養素に関しては、「葉酸」が有名ですが

葉酸に関しては、「不足してはならない」ということがポイントになります。

 

一方で「DHA・EPA」に関しては、「摂取した方がいい」という成分です。

 

その理由としては、摂る・摂らないによって

生まれてくる赤ちゃんの、知能の成長に大きく影響を与えるためです。

 

※詳しくは

>>脂肪酸・オメガ3は妊活に効果的?

 

「プラスアルファ成分」が当たり前になってきている

 

こうした、すでに「別の症状への効果」が知られていた成分が

妊活サプリに配合されることは、その種類・量共に非常に顕著になっており

 

「従来の妊活成分」+「様々な角度から考えた結果、妊活に効果的と期待される成分」

 

こうしたアイテムが、徐々に妊活サプリのスタンダードになろうとしています。

 

また、これは同時に「健康食品」の中でも

妊活サプリというのは、非常に高品質なアイテムとなったと言えます。

 

「ノコア 葉酸+DHA/EPA 」の公式ホームページへ

ミトコンドリアに働きかける妊活サプリ「ミトコリン」の効果とは?

妊活のために有益な「基礎栄養素」とバランスした

従来の「妊活サプリ」とは異なり、「生殖細胞」といった

より深い部分に働きかけることを目的とした妊活サプリは

近年に非常に注目されているアプローチ方法と言えます。

 

「栄養素だけでは効果が見られない」と悩んでいた

妊活カップルの利用者も増え、その「結果」に関しても

続々と「いい声」が聞こえてくるようになりました。

 

それらのサプリの内容・効果としては

「生殖細胞」を活性化・動かしている「ミトコンドリア」に働きかけることで

「より根本的な妊活ポイント」を向上させることなります。

 

そして、この「ミトコンドリアサプリ」と呼ばれるジャンルに

新たに登場した「ミトコリン」にもまた、注目されているアイテムの1つと言えます。

 

 

「ミトコンドリアに働きかける」ということとは

 

ミトコンドリアサプリと呼ばれる、1つの妊活サプリジャンルは
まだ非常に種類が少なく、それだけでも非常に貴重なものと言えます。

 

すでに利用者を増やしている、ミトコンドリアサプリとして

最も人気・知名度が高いと言える「ミトコア300mg」が販売されており

その核となる「イースタティックミネラル」と呼ばれる成分は

非常に画期的なものであるとして、当サイトでも度々紹介してきました。

 

>>やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

 

「ミトコリン」は、イースタティックミネラルとはまた異なる

「ミトアップハーバルエキス」という成分によって

ミトコアとは微妙に違う角度から、ミトコンドリアに働きかけるアイテムです。

 

「ミトアップハーバルエキス」とは

 

ミトアップハーバルエキスが、イースタティックミネラルと比べ

最も異なることは、ミトコンドリアの「数を増やす」という点です。

 

イースタティックミネラルは、弱ったミトコンドリアを

「復活させる」という点が注目されていましたが

「数を増やす」ということもまた、非常に画期的なことと言えます。

 

そもそもミトコンドリアとは、細胞を動かすエンジンのようなものであり

弱っていること・数が減ってしまっていることは

「受精」「着床」という過程において、細胞の力が問われる妊活にとって

非常に致命的な問題であることは、言うまでもありません。

 

もちろん、ミトコンドリアを「元気にする」という要素も含まれているため

ある意味で「ミトコア300mg」同等・それ以上に画期的であると言えます。

 

いずれも貴重なアイテム・コンセプトには違いないため

ぜひ公式ページをご覧になって、見比べて検討してみてください。

 

「ミトコリン」の公式ホームページへ

 

「ミトコア300mg」の公式ホームページへ

 

「サプリ」だからこそ価値がある

 

こういった、「生殖細胞に働きかける成分」というのは

非常に科学的・医学的な印象を受けるものと言えます。

 

従来であれば、こういった特殊な成分というのは

医師からの「処方」がなければ、摂取できなものでもありました。

 

しかしながら、「ミトコア300mg」であっても

「ミトコリン」であっても、「サプリ」として販売されているものであり

「健康食品」の一種であることから、自己判断で摂取できるものになります。

 

この点が、最も大きなメリットと言えます。

 

特殊な有効成分を、気楽に摂取することができるようにするまでには

非常に高い技術と安全性が不可欠であり、民間療法としての

「妊活サポートアイテム」は、着実に進化しているものと言えます。

 

>>「自宅で精子の検査」も可能になっています

自宅にいながら精子の状態を調べる「検査キット」~「男性不妊」かも?と不安に思い始めたら~

「不妊治療」という言葉には、重い響きがあります。

 

「もしかしたら」と、不安に思い始めたカップルであっても

なかなか決心できず、専門の病院・クリニックに訪れることを躊躇してしまい

「不安」が芽生えた時期から、かなり時間が経って訪れるカップルも珍しくありません。

 

これは、非常に多いケースになります。

 

迷っている間にも、年をとることで体は劣化していきます。

 

そしてもし、「不妊」の要素があった場合には

時間が経つにつれ、その要因はより深刻な状態になっています。

 

そのため、できるだけ早く然るべき検査を受け

然るべき改善策・治療を開始しなければなりません。

 

特に男性は「認めたくない」傾向が強い

 

しかしながら、まず「然るべき検査」

「しっかりと受ける」ことに対し、抵抗が多い人がほとんどと言えます。

 

「まさか自分が」という思いが、必ずあります。

 

特に、男性に多い傾向があり

受け入れること・受け入れさせることが

「疑惑」の段階では、難しいものになります。

 

その結果として「男性不妊」は、発見が遅れる傾向があります。

 

しかしながら、男性不妊の確率は「女性不妊」と同等であり

決して他人ごとではない、どのカップルにも起こりうる事態なのです。

 

「見えない」から判断・決断できない?

 

当サイトに限らず、様々なメディア上で

男性不妊の原因のほとんどが「精子」にあることを解説しており

徐々に、広く知られるようになってきています。

 

  • 精子の量
  • 精子の質

 

男性不妊の要因としては、以上のいずれかである

または、両方である可能性が非常に高いです。

 

また、男性不妊の改善策ということも

日常レベルから、サプリ・漢方といったものまで幅広いものになります。

 

しかしながら、以上の「原因」「改善」といった要素の

「その状況」というのは、基本的に素人には判断が難しいものです。

 

原因も見えず、改善しているかどうかも分かりません。

 

結局は、

 

「自分に男性不妊の兆候があるのか」

 

「その状態は改善していっているのか」

 

はっきりとは分からないのです。

 

そのため「自分は違うのではないか?」という気持ちが生まれてしまいます。

 

当然、「病院」に行って「検査」する気にも、なりづらいものです。

 

一度「簡易的」に検査してみる

 

しかしながら、「もし、事実だったら」という場合には

時間が経つと共に「可能性」が閉ざされていくのです。

 

これは、絶対に避けなければなりません。

 

そのため、その状態に一度「踏ん切り」を付けるためにも

認めさせる・自分自身が認めるためにも

「検査結果」といったものを、目にする必要があります。

 

そういった場合に、「自宅で精製を検査できるキット」が非常に有効になります。

 

「そんなことができるの?」と思う方も多いと思いますが

時代の流れによって、現在では可能なものとなっています。

 

ベビーライフ研究所 郵送精子検査サービス

 

「ベビーライフ研究所」が提供する「郵送精子検査サービス」

「自宅にいながら」精子に関する検査のプロセスを受けることができるものです。

 

 

その手順は非常に簡易的であり、対人との「カウンセリング」もなく

「結果」を知ることができるサービスになります。

 

特に、「人に見られたくない」という理由で

クリニックに訪れることを躊躇う人も多く

そういった場合にも、ぜひおすすめしたいサービスになります。

 

何より「低価格」で受けることができるため

時間と同時に、経済的な「負担」も少なくてすみます。

 

 

また「簡易的」とは言っても、「知る必要」のある要素は

しっかりと検査結果を伝えてくるため、有効であることに違いなく

「疑惑」がありながらも、「まだ病院はちょっと・・・」というカップルは

ぜひ、利用してみて欲しいサービスになります。

 

「精子検査キット」のお問い合わせは公式ページから

 

「手遅れ」に近づく前に

 

20代と30代、30代前半と30代後半では

特に女性に関して、「妊娠する能力」に大きな違いがあります。

 

これは、受け入れなければならない事実です。

 

このまま検査をぜず「自然に」という形も否定できない姿勢です。

 

しかしながら、「あの時ちゃんと検査していれば」というカップルは非常に多く

「後悔」だけでなく、パートナーに対して負の感情に至ってしまうケースも考えられます。

 

>>夫(パートナー)が妊活・不妊治療に協力してくれない

 

「年をとる」「閉経」というものが、避けられないものということは

最終的には「手遅れ」ということになる可能性がある問題です。

 

早い段階での「真剣な話合い」「歩み寄り」が必要な問題であり

そのための第一歩として、利用してみる価値のあるサービスだと言えます。

 

>>「検査キット」プラス「男性用妊活サプリ」についての更に詳しい解説はこちら

健康で元気な精子をつくることで「生存期間」を延ばすことはできるのか~「受精可能」な時間とは?~

「男性側」が、何らかの問題を抱えている「男性不妊」

不妊カップルの増加と共に、最近になって急激に認知され始めました。

 

「女性側に問題がある」と考えられていたことを覆すように

「約半数は男性不妊が原因」という「事実」が判明しています。

 

着実に増えており、決して「他人事」ではありません。

 

そしてこの男性不妊は、その多くが「精子」に関わる問題によるものです。

 

※男性不妊について詳しくは

>>詳しい不妊症の原因~男性不妊症~

 

>>男性不妊が増えている原因と改善策

 

「元気」なら長生きするの?

 

精子に関する要素には「量」と「質」があり、両方とも重要になります。

 

最低限の量、その中に受精が可能な「運動率」を持った精子が

何匹いるかで「おおよその確率」が決まります。

 

これ自体は、納得される方も多いと思いますが

そうなると次に「精子の寿命」について

「いつまで元気でいられるのか?」ということが気になると思います。

 

これは「タイミング法」を実践するうえで

非常に大きな「ポイント」となる部分であり

「ちょっと早いけど」「ちょっと遅れちゃっけど」という際に

「今でも大丈夫なの?」という疑問の裏付けになります。

 

>>精子の「生存期間」に関して詳しい記事



元気でいられる時間を延ばす

 

当然、元気な・健康な精子が、生存時間が長いことは間違いありません。

 

健康であれば「寿命」も長く、同時に「元気でいられる期間」も伸びます。

 

しかしながら、当然「限界」はあるものであり

生存期間中に、いかに「正常に働くか」が重要であり

「タイミング」という要素が、重要であることには変わりありません。

 

そして「新鮮」であることが、最も大きなアドバンテージです。

 

よって「新鮮な時間を長く」することが

妊活を進めていくうえで、大きな鍵を握ることになります。

 

※参考記事

>>精子を増やして運動率を上げるための方法

 

>>精子の量を増やす食材・栄養素

 

>>精子の質を上げる食材・栄養素~精子無力症の対策・改善~

 

画期的な成分「イースタティックミネラル」

 

昨今の、男性不妊の増加に伴い

男性に向けた「妊活サプリ」も非常に増えてきています。

 

基本的には、精子の質の向上に有効と考えられる

各種栄養素・成分に特化した内容になっていますが

その中でも「イースタティックミネラル」という成分が注目されています。



「イースタティックミネラル」を配合したサプリは

「ミトコア」のみであり、また男女関係なく服用できるアイテムです。

 

生殖細胞に対し、根本的なアプローチができる数少ないアイテムであり

特に妊活の期間が長くなってしまったカップルにこそ

日常的な改善策と合わせて、ぜひ試して欲しいものになります。

 

>>「イースタティックミネラル」についての詳しい解説

 

>>「ミトコア300mg」についての詳しい解説

 

>>男性不妊のための「妊活青汁」も

「最新」トータル妊活サプリ

makana

よく読まれている記事

妊活サプリの紹介

必ず知っておきたいこと

このサイトについて