不妊治療克服

本気で乗り越えるための不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

結果を残している新しい妊活ドリンク「ザクロのしずく」の効果と口コミについて

妊活を進める過程において、「サプリ」を利用することが

一般的になってきてから、しばらく経ちました。

 

「なかなかできない」というカップルから

「万全の準備をしたい」というカップルまで

様々な段階・思いで利用されている「妊活サプリ」ですが

それと同じく、最近では「酵素ドリンク」

利用するカップルも、徐々に目立ってきました。

 

昨今の「酵素ドリンクブーム」によって、健康・ダイエットを目的として

何らかの酵素アイテムを利用している方が増加していますが

それに伴って、妊活を目的として摂取するカップルも多いようです。

 

「妊活酵素ドリンク」と呼ばれるこれらのアイテムは

徐々に効果・結果の報告も見られるようになり

サプリに追いつくように、普及し始めているようです。

 

>>高齢出産を望む妊活中のカップルに試して欲しい「酵素ドリンク」

 

しかしながら、酵素ドリンクには「くせ」があることも事実であり

「ちょっと受け付けない」という方も多いことが現実です。

 

そういった方のために今回は、同じ「ドリンク型」であり

「ジュース」として妊活をサポートする

「ザクロ」を主成分とした「妊活ジュース」を紹介したいと思います。

 

ザクロのしずく

 

「ザクロのしずく」は、知名度こそまだ低いものの

妊活を実践している、モニターのカップルに「結果が出た」ことから

その存在が、徐々に知られるようになりました。

 

 

ザクロは、「女性ホルモン」とよく似た働きをする

「植物性エストロゲン」を豊富に含んでおり

それも「大豆イソフラボン」や「プエラリア」等とは異なる

「エストロン」と呼ばれる、エストロゲンの一種になります。

 

もともと、食材としての摂取がそれほど一般的ではないため

妊活サプリの中にも、ザクロエキスを含むアイテムも数多く存在します。

 

「妊娠力」の衰えた女性にこそ

 

この「ザクロのしずく」に関して、注目すべきは

口コミ・意見を寄せている利用者の「属性」であり

平均年齢が「37歳」と、高齢出産の定義(35歳)を上回っていることです。

 

女性は20代後半から、いわゆる「妊娠力」が「確実に」低下します。

 

これは、受け入れなければならない事実です。

 

晩婚化・出産年齢の上昇が、不妊の症例の増加を招いていることは

間違いのないことであり、「若いうちに生むべき」ということは否定できないのです。

 

そういった、「妊娠する力」とも呼べるものが衰えてしまった女性にこそ

利用すべきアイテムであると言え、実際に結果が出ていることは心強いものです。

 

公式ページに掲載されている豊富な口コミを見てみる

 

「ジュースにしては高い」が「メリットも多い」

 

「保存料・着色料なし」の、「天然ザクロのみ」を使用しており

やはり、ジュースとしては高価格帯と言える価格になります。

(国産ではなく「イラン産」になりますが、イランはザクロの一大生産国です。)

 

しかしながら、一般的な酵素ドリンクに比べれば

3分の2ほどの価格であり、また親しみやすい味です。

 

更に、女性ホルモン成分にばかり注目しがちですが

その「抗酸化力」に関しても、非常に高いものと言えます。

 

ザクロに含まれる抗酸化成分は、肉体的な衰えだけでなく

生殖細胞の衰えを招くこととなる、活性酸素を除去する成分であり

女性だけでなく、男性にとっても有効な成分・アイテムになります。

ミトコンドリアに働きかける妊活サプリ「ミトコリン」の効果とは?

妊活のために有益な「基礎栄養素」とバランスした

従来の「妊活サプリ」とは異なり、「生殖細胞」といった

より深い部分に働きかけることを目的とした妊活サプリは

近年に非常に注目されているアプローチ方法と言えます。

 

「栄養素だけでは効果が見られない」と悩んでいた

妊活カップルの利用者も増え、その「結果」に関しても

続々と「いい声」が聞こえてくるようになりました。

 

それらのサプリの内容・効果としては

「生殖細胞」を活性化・動かしている「ミトコンドリア」に働きかけることで

「より根本的な妊活ポイント」を向上させることなります。

 

そして、この「ミトコンドリアサプリ」と呼ばれるジャンルに

新たに登場した「ミトコリン」にもまた、注目されているアイテムの1つと言えます。

 

 

「ミトコンドリアに働きかける」ということとは

 

ミトコンドリアサプリと呼ばれる、1つの妊活サプリジャンルは
まだ非常に種類が少なく、それだけでも非常に貴重なものと言えます。

 

すでに利用者を増やしている、ミトコンドリアサプリとして

最も人気・知名度が高いと言える「ミトコア300mg」が販売されており

その核となる「イースタティックミネラル」と呼ばれる成分は

非常に画期的なものであるとして、当サイトでも度々紹介してきました。

 

>>やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

 

「ミトコリン」は、イースタティックミネラルとはまた異なる

「ミトアップハーバルエキス」という成分によって

ミトコアとは微妙に違う角度から、ミトコンドリアに働きかけるアイテムです。

 

「ミトアップハーバルエキス」とは

 

ミトアップハーバルエキスが、イースタティックミネラルと比べ

最も異なることは、ミトコンドリアの「数を増やす」という点です。

 

イースタティックミネラルは、弱ったミトコンドリアを

「復活させる」という点が注目されていましたが

「数を増やす」ということもまた、非常に画期的なことと言えます。

 

そもそもミトコンドリアとは、細胞を動かすエンジンのようなものであり

弱っていること・数が減ってしまっていることは

「受精」「着床」という過程において、細胞の力が問われる妊活にとって

非常に致命的な問題であることは、言うまでもありません。

 

もちろん、ミトコンドリアを「元気にする」という要素も含まれているため

ある意味で「ミトコア300mg」同等・それ以上に画期的であると言えます。

 

いずれも貴重なアイテム・コンセプトには違いないため

ぜひ公式ページをご覧になって、見比べて検討してみてください。

 

「ミトコリン」の公式ホームページへ

 

「ミトコア300mg」の公式ホームページへ

 

「サプリ」だからこそ価値がある

 

こういった、「生殖細胞に働きかける成分」というのは

非常に科学的・医学的な印象を受けるものと言えます。

 

従来であれば、こういった特殊な成分というのは

医師からの「処方」がなければ、摂取できなものでもありました。

 

しかしながら、「ミトコア300mg」であっても

「ミトコリン」であっても、「サプリ」として販売されているものであり

「健康食品」の一種であることから、自己判断で摂取できるものになります。

 

この点が、最も大きなメリットと言えます。

 

特殊な有効成分を、気楽に摂取することができるようにするまでには

非常に高い技術と安全性が不可欠であり、民間療法としての

「妊活サポートアイテム」は、着実に進化しているものと言えます。

 

>>「自宅で精子の検査」も可能になっています

改めて妊活・妊娠前における葉酸の効果・必要性について考えてみる~不足は「着床障害」も招く~

妊活における、「葉酸」の重要性に関しては

もはや改めて解説するまでもなく、常識的なものとなっています。

 

様々な種類が販売されている、「妊活サプリ」に関しても

現代においてもなお、葉酸を主要成分とするものが多くなっています。

 

葉酸に関する、その最も大きな効果・働きとしては

妊娠初期における、胎児の神経(脳神経細胞)の形成であり

不足することによって、神経が閉塞を起こすリスクが高まり

それによる弊害は、予想のでできない幅広いものが存在します。

 

最悪の場合には、流産・死産という事態と招き

また出産に至った場合にも、様々な先天性障害が想定されます。

 

こう聞くと、「妊娠した後に摂取すればいい」と考えがちですが

葉酸の効果というのは、妊活・それ以前の段階においても非常に重要なものになります。

 

「生殖細胞の成長」と「着床」に欠かせない要素

 

葉酸を「妊娠前」に摂取することの、最も大きな必要性として

生殖細胞の、健全な成長に影響するためになります。

 

健康な生殖細胞と作るためには、あらゆる不可欠な成分が存在しますが

その中でも、葉酸は「成熟」のサポート役を担っています。

 

不足していると、健康な・正常な卵子は育たないのです。

 

更には、卵子(卵胞)の成熟過程においても重要なことはもちろん

「受精」した後に、「着床」にいたるまでにも

  • 受精卵の成長
  • 子宮の発達

 

という、2つの面に大きく影響することになり

これらは、子宮に定着する・させる力とも考えられます。

 

着床しなければ「妊娠」はできない

 

当然のことながら、精子と卵子が出会い、受精に成功したとしても

子宮に定着して、細胞分裂を始める「着床」という段階を

正常に減ることができなければ、妊娠は叶いません。

 

この「着床障害」というのは、妊娠に至らない理由として

また不妊の原因としても、非常に多いケースになります。

 

その理由としては、上記したように

  • 受精卵に着床するに至る能力がない
  • 着床ができるような子宮の状態が用意できていない

 

この2つのパターンを想定することができます。

 

葉酸は、これら2つの要素を満たすためにも必要になりますが

その「スタート」というのは、卵子が「排卵される前」の段階になります。

 

>>着床時期の正しい過ごし方について

 

子宮を準備するための「合図」を送る

 

排卵後には「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが活発になり

それによって、赤ちゃんを受け入れるための準備を始めます。

 

その最たるものが、「子宮内膜」の成熟であり

この子宮内膜の厚さ(成熟度)は、着床できるか否かに大きく影響します。

 

「妊娠確立」を左右してしまう要素なのです。

 

そして、この子宮内膜の準備の「頑張り具合」というのは

卵胞の成熟度に、大きく影響を受けると考えられています。

 

つまり、「いい卵子」が作られていれば

頑張って「いい子宮」を作ることにつながるのです。

 

そういった意味で、葉酸というのは、

「できるだけ早く」「常に」十分に摂取する必要があります。

 

卵子というのは、常に・順番に成熟が続いているからです。

 

※生殖細胞の健康に関する効果として

>>「イースタティックミネラル」についても知っておきましょう

 

「血液」が増えることのメリット

BABY葉酸ママの恵み

 

そして、葉酸が持つもう1つの働きとしては

「血液」を作るための、「造血成分」の1つであることです。

 

血液を作るために、必要な栄養素としては「鉄分」が有名ですが

葉酸に関しても、血液を作るために欠かすことができません。

 

特に、冷え性の傾向の強い女性とっては

血液を増やすことによる、血流の改善は非常に有効と言えます。

 

また血流の向上は、健全な子宮の発達にとっても欠かせないものであり

ますます妊活前の段階での必要性を意味する要素になります。

 

  • 造血による貧血の予防
  • それによる冷え性の改善
  • それによる子宮の発達

 

これらには鉄分・亜鉛の効果が、広く知られていますが

その反面、葉酸の働きに関しては、注目されずらい側面があります。

 

同じくらい、重要な要素と認識しましょう。

 

サプリでの計画的な摂取が推奨される

 

葉酸は、食事によっても摂取できる成分にあんりますが

妊活・妊娠時には、必要となる基準値が増える栄養素でもあります。

 

あらゆる栄養素に対して、本来であれば自然食品からの摂取が推奨されますが

妊活時に関しては、やはりサプリの摂取が有効であると言えます。

 

こと葉酸に対しては、特に言えることでもあり

欧米においては、妊活時からの摂取が医師によって推奨されており

更にその機基準量に関しても、日本よりも多いものになります。

 

体積の違いによる事情もありますが、それだけ重要な要素として

注目されている栄養素の表れでもあります。

 

>>女性におすすめの葉酸を中心とした妊活サプリの比較・紹介

「DHEA」はなぜ不妊の症状・妊活効果的な成分なの?

日々、新しい成分・効果が発見され続けている現代ですが

そんな中でも妊活・不妊に関わる研究・開発は、特に活発になっています。

 

「イースタティックミネラル」「スピルリナ」といった

数年前では名前の聞かれなかった成分も、急激に広まっています。

 

昨今の妊活に関するキーワードとして
「アンチエイジング」と呼ばれる「若返り」に関する要素が注目されており
上記の成分に関しても、「若返えらせる成分」と考えられています。

 

※参考ページ

>>やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

 

>>話題の食材「スピルリナ」の妊活に対する効果

 

妊活におけるアンチエイジングの効果としては
「体」だけでなく「生殖細胞」も若返らせることで
妊娠の確率を高める、更に妊娠中の母子のリスクを減少させることが挙げられます。

 

そして、その若返らせるための成分として

今、「DHEA」と呼ばれる栄養素が、注目を浴びています。

 

「DHEA」とは一体どんな成分?

 

このDHEAとは、正確には「デヒドロエピアンドロステロン」と呼ばれ

「副腎皮質ホルモン」の一種になります。

 

基本的には、体内(副腎皮質)で生成されるホルモンであり

  • テストステロン
  • エストロゲン

 

といった、「性ホルモン」に変換されます。

 

若い程に、DHEAの生成・分泌は活発であり

年をとることによって、減少していきます。

 

「加齢による性ホルモンの減少」の要因の1つと言える現象です。

 

DHEAは、それ自体が若返りホルモンであり

減少することで、いわゆる「若さ」が失われていきます。

 

肌のハリや、髪のツヤが無くなるといった現象が起き

妊活に関することで言えば、「男性機能の劣化」

「排卵サイクルの乱れ」につながるものです。

 

もちろん、精子・卵子の質も落ちていることになります。

 

また、DHEAには「抗ストレス効果」もあるため

ストレスを受けやすい人に「足りていない」とも言えるものになります。

 

摂取が難しい成分の1つ

 

日本においてDHEAは、医師による「処方」でしか手に入らないものであり

海外からの「個人輸入」によって、入手するしかありません。

 

海外では容易に手に入るものが

日本ではそう簡単にいかない例はたくさんあり

そういった栄養素の1つでした。

 

そのため最近ではDHEAに変わる成分

配合したサプリが、中高年と中心に人気があるようです。

 

↓↓「DHEA」に変わる「ジオスゲニン」配合サプリ



妊活サプリ」としての販売ではありませんが

「若返り」の要素を含むサプリであり

「DHEA」の代わりを求めている方におススメです。

 

特に「副作用」に注意したい側面も

 

DHEAは、一般的な入手が限定されていたほど

「劇薬」と考えらてきた一面もあることが事実です。

 

  • 発毛
  • 脱毛
  • ニキビ

 

といった、正に年齢によるホルモンの変化によって

現れる症状と似た症状が確認されています。

 

ただし、日本において「サプリ」として販売されているものは

「食品」というくくりであり、「副作用のない」条件で販売されており

また、よくも悪くも「DHEAではない」ものになります。

 

いずれにしても「用法・容量」を守っていれば問題ありません。

 

「高齢出産」にあたるカップルを中心に

試してみることも、希望が持てる1つのアプローチになります。

 

「ジオフェルンZ」の公式ホームページを見てみる

妊活ビタミン「ビタミンE」で着床障害の確率を改善して初期流産のリスクを下げる

妊活にまつわる栄養学・栄養素の話題の際には
長く有効性が支持されている「葉酸」を代表として

最近では「オメガ3」「スピルリナ」といった

それほどメジャーではない、特殊な栄養素の名前を聞くことが多いです。

 

しかしながら、もちろん「ビタミン」や「ミネラル」といった

基礎栄養素も重要であり、その中でも「妊活ビタミン」と呼ばれる

「ビタミンE」の大切さが、改めて注目されています。

 

 

特殊な栄養素については・・・

>>脂肪酸・オメガ3は妊活に効果的?

 

>>話題の食材「スピルリナ」の妊活に対する効果

 

「生殖細胞」を健康・正常に保つサポート

 

「ビタミンE」と言えば、広く知られた「抗酸化成分」であり

美容・アンチエイジングに効果のある栄養素として知られています。

 

まずは「アンチエイジング効果」が、ビタミンEの持つ力として

妊活にとって、非常に有意義なものであることが挙げられます。

 

「抗酸化」ということは、細胞1つ1つを「錆び・劣化」から守り

特に妊活カップルにとっては「生殖細胞」の健全・正常化

卵子・精子を元気に保つことが、妊活への好影響になることは間違いありません。

 

「健康ではない生殖細胞」が招くリスク・残念な結果としては

「流産」や「死産」といったものが挙げられ、これらは「受精卵」の質によって

つまり妊娠した時点で、ある程度の「起きる確率」が決まってしまっていると考えられています。

 

「生殖細胞」を守る基礎栄養素

 

このサイトでは、ことあるごとに主張している通り

「卵子」と「精子」それらによる「受精卵」の質を高めることが

安心して、妊娠・出産を迎えるために最も重要なのです。

 

そして、そのための基礎栄養素がビタミンEであり

更にビタミンEは「受精卵」を作る過程だけでなく

「宿った後」も、赤ちゃんを助けていくれる栄養素でもあります。

 

 

より「卵子」と「精子」の健康を考える

>>「生殖細胞」を蘇らせる「イースタティックミネラル」とは

 

makana

 

お母さんと赤ちゃんのための「準備」をしてくれる

 

ビタミンEが持つ、アンチエイジングとは違った角度の効果として

「性ホルモン」の分泌を助ける・バランスを整えることが挙げられます。

 

「性ホルモン」の生成・正常な分泌に欠かせないものであり

妊活中のカップルにとって、非常に重要な要素を担うものになります。

 

もちろん、男女共に大切な要素に違いありませんが

特に女性にとっては「受精卵を守り・育む」ために大切なものです。

 

「着床障害」「化学(早期)流産」を防ぐために

 

ビタミンEは、排卵後に分泌が活発になる

「プロゲステロン」というホルモンの分泌も促します。

 

このプロゲステロンは、「子宮内膜」を発達させ

赤ちゃんを受け入れる環境を作るのに欠かせないものであり

正常に分泌していないことによって、せっかく受精できたとしても

受精卵を、しっかりと「着床」させることができません。

 

「着床障害」と呼ばれる不妊の症状には、女性器の形状の問題と共に

ホルモンが正常に分泌できていないことによることも考えられます。

 

また、十分に子宮内膜が発達していないことによって

「化学(初期)流産」のリスクも高まることになります。

 

「気づかない間に」流産してしまっているケースも存在するのです。

 

>>流産の確率を下げる妊娠

 

>>「化学流産」の原因・症状

 

「過剰」よりも「不足」を心配すべし

 

ビタミンEの「過剰摂取による弊害」として

「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」を指摘されることがありますが

一般的な食生活の中で、過剰摂取してしまうことはまずありません。

 

それよりも「不足」してしまうことの方が深刻です。

 

一般的な妊活サプリであれば、ほとんどがビタミンEを配合しています。



また、妊活サプリは経済的に難しいというのであれば

ドラッグストアで売られている「ビタミンEサプリ」を

「基準値の半分」だけ飲んでみることもおススメです。

 

ビタミンEには血行をよくし、冷え性を改善する効果もあり

「鉄分」と同時に摂取することで、より万全な準備を整えることができます。

 

「潜在的なリスク」をより低下させるために、最も手軽な栄養素と考えられます。

 

>>着床時期の正しい過ごし方

話題の食材「スピルリナ」の妊活に対する効果

「スピルリナ」という食材(成分)は、まだご存じない方も多いかもしれません。

 

スピルリナとは「藻」の一種であり、近年注目を集めている食材である

「スーパーフード」の1つとして、食生活に取り入れる方が増えているようです。

 

そして、このスピルリナに含まれる効果の中には

妊活にとっても、非常にメリットのあるものが含まれているとされ

「妊活サプリ」の中にも、スピルリナを配合しているものが販売され始めています。

 

「葉酸」等と並び、新しい「妊活のための栄養素」となる可能性を秘めた食材です。

 

そもそも「スーパーフード」とは

 

「スーパーフード」とは、少ないエネルギー(カロリー)にも関わらず

非常に高い栄養素を含んでいる食材を指す、比較的新しい言葉になります。

 

各種「ビタミン」「ミネラル」といった基礎成分から

「アミノ酸」といった「代謝」に関わる成分まで

また「食物繊維」が含まれているものも多く

便秘解消等にもアプローチ出来ることが挙げられます。

 

そして、この「スーパーフード」と呼ばれる食品群に関しては

主に「ダイエット」を目的として、利用されてきました。

 

理由としては、少ないカロリーで必要な栄養素を取れるため

食事制限に伴う、栄養不足を補えるためです。

 

「スピルリナ」を配合した女性のためのアイテムも

 

更に最近では、このスピルリナはダイエットアイテムに留まらず

様々な「女性のためのアイテム」にも配合されている傾向があります。

 

その理由としては、数あるスーパーフードの中でも

特に「たんぱく質(アミノ酸)」「鉄分」といった

冷え性、それに伴うホルモンバランスの乱れを整えるために

活用できる特徴を持っている成分が、豊富なためです。

 

従来の妊活アイテムから更に進化した妊活サプリ

 

妊活のためのスーパーフードと言えば

「マカ」を思い浮かべる人が多いと思います。

 

この「マカ」に関しては、一般的な料理には

使えない(使いづらい)ことから、サプリでの利用が一般的でした。

 

「マカ」を配合した定番のおススメ妊活サプリ

 

しかしながら、スピルリナに関してはサプリ以外でも

ドリンクアイテムも存在し、また「粉末」として販売もされています。

 

しかしながら、やはり「サプリ」による摂取が最も手軽で効果的であり

ここではスピルリナを配合した「妊活サプリ」を紹介しておきます。

 

最新の妊活サプリ「makana(マカナ)」

 

makana

 

この「makana(マカナ)」は、基本的には「マカ」を中心として

構成されたサプリになりますが、スピルリナも含まれる「最新サプリ」になります。

 

もちろん「マカ」「スピルリナ」だけでなく

 

  • 葉酸
  • 生姜
  • ルイボス

 

といった、定番の妊活成分も配合された

妊活のための「トータルケア」をすることが出来るアイテムです。

 

「makana(マカナ)」について詳しい解説・購入は公式ページから

 

「スピルリナ」の副作用は?

 

「新しい成分」を利用する際には、どうしてもその副作用が気になりますが

「サプリ」であれば、用法容量を守ってさえいれば問題ありません。

 

ただし単品で購入し、日々の食生活に取り入れていく場合に

注意すべきことして「下痢」や「胃部不快感」といったものが

副作用として、確認されていることが挙げられます。

 

しかしながら「便秘解消」や「満腹感」といった

スーパーフードとしての効果の一部であるとも考えられ

いずれにしても、過剰摂取をしなければ神経質になる必要がありません。

やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

先日(2016年8月末)発表されたニュースに

「ミトコンドリアの移植によって、妊娠に成功」といった見出しがあり

不妊治療にとって、非常に画期的なこととして注目を得ています。

 

こうした、極めてプライバシーに関わる問題は

その全貌が公開されることはありませんが

このニュースによって、新たな希望を得ることが出来た

妊活・不妊治療中のカップルの方々は、多いのではないでしょうか?

 

しかしながら「ミトコンドリアの移植」と聞いても

一体どのようなものなのか、想像出来る人は少ないはずです。

 

この治療法は、まだ「研究段階」であり

国内では実践(試験)している医療機関は少ないですが

新たに「オーグメント療法」という名称も付いています。

 

すでに、海外では「250例以上」あり

そのうちのおよそ「10%が出産に至っている」とされており

先日のニュースの内容も「2人」が妊娠したといった発表であり

決して「まぐれ」「奇跡」ではない治療法になります。

 

オーグメント療法とは、

  1. 卵巣内のミトコンドリア一度採取しておき
  2. 体外受精のタイミングで、移植する

 

という過程を経るものになりますが

簡潔に表すと「エネルギーをブーストする」という手段であり

生殖細胞の運動能力を、向上させることによって

受精能力を高める、というコンセプトになります。

 

生殖細胞の「エネルギー源」に注目



そもそも「ミトコンドリア」とは、細胞が活動するための

エネルギーを作り出す組織の名称であり

生殖細胞に関しても、例外ではありません。

 

ミトコンドリアが正常に機能していない場合

細胞も正常に機能することは出来ず

生殖細胞のミトコンドリアが機能していない状態は

「卵子の劣化」「精子の劣化」と表されます。

 

このサイトでも、何度も解説している通り

生殖細胞の劣化は、不妊の原因になるだけではなく

「ダウン症」を中心とした、先天性障害のリスクの上昇を招きます。

 

>>乗り越えるハードル「高齢出産」

 

>>高齢出産のリスクを下げる

 

>>高齢出産をするべきか~後悔しないために~

 

「生殖細胞の劣化」には、ミトコンドリアの「量」と「質」の

両方が関わっていると考えられており

今回の症例のように「補充」することによって

エンジン・エネルギー源が大きくなることは

多くの方が、なんとなく理解出来ると思います。

 

もちろん「精子」のミトコンドリアも重要

 

今回のニュースでは「卵子の若返り」という面が注目されていますが

精子にとっても、ミトコンドリア・その影響は大きなものになります。

 

ミトコンドリアの劣化は「精子の異常」として現れることが多く

流産の原因の割合として、多くを占めている要素になります。

 

「若返らせる」ということは「活性化」するということであり

「元気になる」という表現が、一番分かりやすいかもしれません。

 

>>精子を増やして運動率を上げるための方法

 

サプリで試すなら「イースタティックミネラル」配合の「ミトコア」

 

「医療」と「サプリ」は、全く別のものにはなりますが

「オーグメント療法」に似たコンセプトで

開発された「ミトコア」という、アイテムがあります。



「ミトコア」は、独自性分である

「イースタティックミネラル」を配合したサプリメントであり

今回のニュースが発表される以前から

「画期的なサプリ」として、注目されていました。

 

この「イースタティックミネラル」と「ミトコア」については

このサイトでも、何度か解説していますが

生殖細胞を蘇らせる・活性化する、ということは

オーグメント療法に、非常に近いものになります。

 

>>不妊に効果が見込める新成分「イースタティックミネラル」とは

 

>>イースタティックミネラル・妊活サプリに副作用はあるのか

 

オーグメント療法に関しては、未だ「安全性」を懸念する意見もあり

また、決して確実性の高いものではありません。

 

「金銭面」に関しても、はっきりと公表はされておらず

一般的に導入されるまでには、時間がかかることは間違いありません。

 

ある意味で、時間との闘いでもある妊活・不妊治療のことを考えれば

少しでも似た働きかけとして、早い段階で

「ミトコア」を利用してみることをおススメします。

 

一般的なサプリに比べて、少し高価であることは否めませんが

今回のニュースの内容によって「期待出来るコンセプトである」

判明したことは、大きなきっかけ・希望につながるはずです。

男性不妊の改善に有効な栄養素が豊富に含まれた「妊活青汁」

今回は、妊活中のカップル・特に「男性不妊」が疑われるカップルに

おススメしたい「青汁」の紹介になります。



このサイトでも解説しているように

昨今「男性不妊」の患者が急激に増加しており

ついに、女性不妊と男性不妊の割合がほど同じになってしまいました。

 

原因は様々なものが考えられ、もちろん1人1人の症状によって

違いがありますが、主に「食生活」と「生活環境」が挙げられます。

 

その両方に共通していることとして

  • 加工された食品に含まれる「保存料」「着色料」
  • 大気中に含まれる「生活ホルモン」

 

これらが「精子」に対して、何らかの悪影響を

及ぼしているのではないかと考えられます。

 

「精子」にまつわる要因の「悪化」

 

言うまでもなく「精子」は「卵子」と同じくらい妊活にとって重要であり

なくてはならないもの、その状態は「最重要項目」になります。

 

その精子に関して

  • 量の低下
  • 質(運動率)の低下

 

といった現象が「確実に」に起きていることが確認されています。

 

全ての男性からサンプルを取ったデータはありませんが

不妊の相談に訪れるカップルから採取したデータによって

「精子の質の低下」は、多くの男性に起きていて

「珍しいことではない」と考えられています。

 

つまり「男性不妊の患者」が、今後更に増加することが予想されます。

 

何らかの対策を早めにとることが必要であり

日常生活の中に、手軽に導入できる「妊活青汁」は

「先のこと」を考えた時に、非常に効果的なアイテムです。

 

男性不妊にとって「ピンポイント」の有効成分

 

この「妊活青汁」には、一般的な「妊活サプリ」ほど

種類が多いわけではありませんが、特に男性不妊にとって

「ピンポイント」となる栄養素が含まれています。

 

  • 精子の製造に欠かせない「亜鉛」
  • 精子の運動率の向上を促す「エコンザイムQ10」
  • 細胞の核「ミトコンドリア」をサポートする「L-カルニチン」

 

「桑の葉」を原料として、天然の精子サポート成分を中心に

ビタミン・ミネラルといった、基礎栄養素もしっかり含まれています。



「L-シトルリン」を摂取出来る貴重なアイテム

 

そして、精子を構成する栄養素として「亜鉛」と同じく

というよりも「セット」で摂取するべき栄養素に「L-シトルリン」があります。

 

このサイトで「妊活青汁」をおススメする

最も大きな理由が、この「L-シトルリン」の含有であり

サプリを含めて「L-シトルリン」を配合しているアイテムは

非常に少ないため、それだけでも貴重であると考えられます。

 

もちろん「葉酸」といった、女性にとっても必要な栄養素を含んでおり

「男性だけ」でなく、ぜひ「一緒に」試して欲しいアイテムになります。

 

妊活アイテムに必要な「受け入れやすさ」

 

「ドリンク型アイテム」である青汁は

日常生活の中に、非常に手軽に導入できるものであり

「サプリ」等に対して、抵抗のあるカップルに関しても

「健康飲料」として「野菜ジュース」、同じ感覚で摂取出来るものになります。

 

「抵抗が少ない」ということは、妊活を「円滑に」進めていくうえで

非常に重要なことであり、女性側から男性側に「サプリを飲んで」と言うよりも

「一緒に飲もう」というだけ、拒否していた男性も受け入れやすくなるはずです。

 

そういった側面から、妊活の「段階」に関わらずおススメのアイテムになります。

 

「妊活青汁」の公式ホームページへ



高齢出産を望む妊活中のカップルに試して欲しい「酵素ドリンク」

「高齢出産」は、様々なリスクを抱えていることは

言うまでもないことですが、そのリスクというのは

妊娠・出産における「基本的なリスク」が増大したものであるため

「より注意が必要」という表現が、正しいものであると考えられます。

 

赤ちゃんを望んでいる、妊活中・不妊治療のカップルは

日常的な食生活に気を使っていることと思いますが

  • バランスのいい食生活
  • 過不足ない栄養素

 

というだけでは、あくまで「正常化」するだけであり

「今までも健康だった」という人ほど、効果を実感できないことが多いです。

 

もう一歩先のケアが必要な場合も

 

そういった、なかなか効果が出ないというカップルは

「妊活サプリ」や「ヨガ」といった

特別な習慣をとり始めるカップルも多いと思います。

 

そういった場合も、取り入れるアイテムや習慣にに関して

「高齢」であることを意識した選択をしていくべきです。

 

「葉酸サプリ」1つとっても「添加物」を排除したもの

選ぶべきであり、それは日々の「食事の延長」でもあります。

 

「高齢」であるということは「積み重ねた時間」が長いということであり

その分「体に悪いもの」が体内に蓄積されているということでもあります。

 

「デトックス」が有効な場合も多い

 

「悪いものの積み重ねが原因かもと」考えた際

「体にいいものを摂取する」ことに加え

蓄積されてしまった「悪いものを排出する」という

アプローチも有効であると考えれれます。

 

プラス要素を増やすだけでなく、マイナス要素を減らしていくのです。

 

そして、この「マイナス面から体を守る」というコンセプトを

実践するためには「酵素ドリンク」というアイテムが非常に有効です。

 

高齢妊娠にもメリットが多い酵素ドリンク

 

近年「酵素ドリンク」は「美」と「健康」に効果的であるとされて

美容・健康ブームの1つになっています。

 

いわゆる「アンチエイジング」に効果的とされており

「酵素」が持つ「抗酸化成分」が、体を「さび」から守り

「細胞の劣化」を防ぐことによって「若々しさ」を保とうというコンセプトです。

 

細胞のさびを招く「活性酸素」を防ぐことによって

女性の健康を守る・促進するという働きかけは

「妊活にまつわる話題」の中では、珍しいものではありません。

 

「ルイボスティー」を中心として、抗酸化成分で活性酸素を防ぐことは

妊活に非常に有効であると、はっきりとした歴史・結果があります。

 

といっても「酵素ドリンクが遅い」という話ではなく

ぜひ、一緒に試してみる価値のあるものに違いありません。

 

現在爆発的に人気が出始めており、様々な種類が販売されていて

選ぶのに迷ってしまう人も多いと思います。

 

しかしながら、中には「妊活専用」の酵素ドリンクもあり

その「一般的な酵素ドリンク」以上のパフォーマンスに注目されています。

 

 

発想を変えることも必要

 

こういった、有効成分で「促進」するだけでなく

「解消」することも、有効な手段であり

なかなか効果が見られない・状況が改善されないという場合は

思い切って、試みを変えてみることも必要です。

 

特に高齢妊娠を望むカップルには

「良くする」よりも「悪いところをなおす」という

発想も必要であると考えれれます。

 

また「抗酸化作用による活性酸素の抑制」は

女性だけでなく、男性にも非常に有効です。

 

ぜひ、一緒に取り入れて欲しい習慣になります。

 

 

<高齢カップルにおススメのアイテムのまとめ>

 

「余計なもの」が入っていない「葉酸サプリ」

 

抗酸化アイテムの定番「ルイボスティー」

 

注目の「妊活酵素ドリンク」

精子の質を上げる食材・栄養素~精子無力症の対策・改善~

不妊原因の半分を占める「男性不妊」において

その大半が「精子」のトラブルになりますが

その精子のトラブル要因は大きく分けて

  • 精子の量
  • 精子の質

 

以上に2つに分けることが出来ます。

 

その中でも、根本的な精子を作る「量」に関する問題が

クローズアップされることが多いですが

精子の量を十分に作ることが出来ても

それらが、しっかりと機能しなければ意味が無く

精子の「質」に関しても、向上させていかなければなりません。

 

精子の質は、精子の「運動率」という言葉で

表されることが多いですが、運動率とは

その名の通り「どれだけ元気なのか」ということです。

 

今回は、この精子の運動率を上げるための

「食事」について解説していきたいと思います。

 

>>精子の量を増やすための食材・栄養素についてはこちら

 

食事によって精子の質を向上させる

 

この精子の運動率が低い症状は「精子無力症」とも呼ばれ

男性不妊の中でも「量の少なさ」に次いで、多いものとされています。

 

正常な精子であれば、精液内の8割が正常に運動していますが

精子無力症の場合は1割以下ということもあり

妊娠するためには3~4割は必要とされているため

そのままでは受精することは非常に困難です。

 

精子無力症の症状を改善する手段として

「漢方」を利用している人も多く

一定の効果が得られることが多いようです。

 

しかしそれに加え、基本的な食生活を見直すことで

より改善の近道になるため、しかkりと取り入れていきましょう。

 

リコピンとエコンザイムQ10

 

精子の質の向上を、栄養素からアプローチする場合

  • リコピン
  • エコンザイムQ10

 

以上の2つの栄養素が、特に有効になります。

 

いずれも「アンチエイジング」に効果のあるものとして

知られていますが、これらが持つ「抗酸化作用」に由来します。

 

リコピン

 

トマトで有名な「リコピン」は、抗酸化作用に加え

精巣内の「炎症」を抑える効果もあり、この炎症が原因で

精子にトラブルが起きているケースでは、直接的な解決策になります。

 

リコピンが含まれる食材は、トマト以外には非常に少ないですが

グレープフルーツに含まれており、これら2つを無理なく

習慣として摂取していきましょう。

 

エコンザイムQ10

 

「エコンザイムQ10」は、精子が機能するための

エネルギー源としても必要な・重要な栄養素であり

運動率にとって「一石二鳥」の効果を得ることが出来ます。

 

主に青魚やオリーブオイル等の「良質な油」を含む食材に

含まれており、またアボガドやナッツにも含まれます。

 

これらの栄養素は、精子の生成過程だけでなく

体全体の「若返り」にもつながるため

特に高齢出産のカップルは、意識して摂取したい栄養素になります。


長い目で見て、毎日意識して摂取する

 

精子の質の悪化は、1日で起きるものではなく

ゆっくりと進んできたものです。

 

そのため、改善には少し時間がかかることも多いです。

 

前記した漢方やサプリ等を有効に利用し

出来るだけ早い取り組みを始めましょう。

 

また、以上紹介した食材・栄養素は

男性側の精子だけでなく、女性側の「卵子」にも

非常に有効なものであるため、カップルで一緒に

食習慣に取り入れていきましょう。

 

エコンザイムQ10サプリの詳細を見てみる

注目の「最新」妊活サプリ
makana
「現在までの利用者数」No1の妊活サプリ
よく読まれている記事
トピックのカテゴリー
必ず知っておきたいこと
このサイトについて