本気で取り組む妊活と不妊治療の克服

本気で乗り越えるための妊活・不妊治療総合案内所

心の底から待ち望むカップルのための不妊症克服講座

「AMH」の数値を上げたり「プロラクチン」の数値を下げるために妊活サプリの効果を利用することはできる?~「自然妊娠」を目指すためにすべきこと~

一般的な妊活の話題において、

 

「葉酸を欠かしてはいけない!」

 

「マカがいい!」

 

といった、体に取り入れるべき成分に関するものをはじめ

 

「排卵日の前がいい、後がいい」といった、ノウハウ的なものも目立ちます。

 

もちろん、どれも自分がいいと思ったことは取り入れるべきであり

「やれるだけのことはやる、でいきる工夫はすべてやる!」ということは非常に大切なことです。

 

しかしながら特に「不妊」を疑い始めた後、専門の病院・クリニックに通い始めた際には

より複雑な理由・用語を知ることになり、「そんなに単純なことではなかった」ということを知るはずです。

 

「何も考えずに、できてしまう」というカップルがいることも事実であり

いくら勉強・努力しても、なかなかうまくいかないカップルもたくさんいます。

 

しかしそれでも、毎日少しずつ取り組むしかないのです。

 

そして、妊娠に関する「ちょっと突っ込んだ内容」として

「AMH」や「プロラクチン」といった、やや難しい用語が現れることになります。

 

「AMH」の数値と妊活への影響

 

こと女性に関して言えば、

「これから先、どれだけ元気な卵子を排出できるか」

妊活に関わる要素の中でも、一番と言っていいほどに重要なことです。

 

「自然妊娠」に関しても、最も差が出る要素でもあります。

 

卵子というのは、女性はその母親のお腹の中にいる時に

すでに「おおよその絶対量」が決まっていることは、広く知られています。

 

この卵子の量というのは、生まれた後に減り続けるものであり

年齢を重ねるごとに、その減少は加速していきます。

 

そして、「正常な卵子がどれだけ残っているか」ということに関しては

「AMH(アンチミューラリアホルモン)」というホルモンの数値によって測ることができます。

 

「AMH」は、専門の医療機関での検査でしか判明しないものであり

「卵子」の数というのよりも、「(これから卵子となる)卵細胞」の数の指標となります。

 

「ある程度年をとってしまっている」という自覚のある女性で

且つ本気で妊活を進めるのであれば、ぜひ検査を受けて欲しいものと言えます。

 

そしてこの数値が低ければ低いほどに、「元気な卵子」は少なく

当然のことながら、自然妊娠(あらゆる不妊治療含め)の確率は低くなります。

 

AMHの数値は、「どれだけ残っているか」の指標であり

必ずしも「妊娠確率」と連動するわけではありませんが

高いよりも、低いことで「不利な条件」となることは事実と言えます。

 

※参考記事:>>「AMH」が基準値よりも低いと自然妊娠が難しい?

 

 

プロラクチンの数値とその影響

 

プロラクチンとは、本来は「出産後」に分泌されることになる

母乳の生成・分泌を促すホルモンの名称になります。

 

しかし、出産後でないにも関わらず高い状態は

「不妊を招くサイン」として知られており、この「高プロラクチン血症」と呼ばれる状態は

妊活・不妊治療に挑戦する女性であれば、改善しておきたい症状になります。

 

プロラクチンは、授乳期というイベントを支えるホルモンであり

母乳をスムーズに作る・飲ませる以外に、「排卵をさせない」という働きがあります。

 

一時的に「妊娠できない」状態に、体をコントロールするのです。

 

つまり、プロラクチンが高い状態というのは

「妊娠しづらい」と言える、極めて自然な答えが導き出されます。

 

プロラクチンが増えることで、なぜ排卵が抑制されてしまうかと言うと

プロラクチンは「エストロゲン」の分泌を抑制する働きがあるためです。

 

エストロゲンとは、卵子の熟成に欠かせない物質であり

エストロゲンによって、十分に成熟しさせられた卵子から

育った順に、排卵日に排出されることになります。

 

エストロゲンの分泌が、抑制されてしまうということは

卵子の正常な成熟ができず、排卵までたどり着かないことになります。

 

※参考記事:>>「プロラクチン」が高いことは不妊の原因になる?

 

基本的にサプリで「治す」ことはできないが

 

AMHの数値が低い状態や、プロラクチンの値が高くなってしまうメカニズムには

「脳下垂体」や「甲状腺」といった、非常に難しい要素がからみます。

 

またその治療に関しては、「外科手術」や「薬物の投与が」必要になります。

 

そのため、「なってしまったら」サプリの力だけで

劇的な改善をすることはできず、基本的には医療機関の協力が必要です。

 

しかしながら、その「原因の要因」と言えるものには

女性ホルモンのバランスが関わっていることははっきりしており

その面において、日常的に働きかけることができるはずです。

 

女性の問題は「女性ホルモン」に働きかける

 

このページで解説している、2つのホルモンの問題は

そのほとんどが、女性の問題であると言わざるをえません。

 

そして、妊活における女性の問題は

女性ホルモンという要素を避けることができず

この2つの問題は、その際たるものと言えます。

 

ホルモンバランスが、崩れているということは

「自律神経」といった深い部分が関わっている可能性も高く

そういった症状のほとんどに「ストレス」が関わっています。

 

そして、更に「冷え性」「貧血」といった症状が

自立神経・女性ホルモンの乱れを加速させていくことになります。

 

この状態の際に、効果的な妊活サプリを選ぶのであれば

やはり妊活初期段階におススメの「授かりやすい基礎を整えるサプリ」

もしくは子宮を中心とした「体を温めるためのサプリ」のいずれかが有効と考えられます。

 

↓↓女性ホルモンを含めたトータルケアに一押しのサプリ
makana

 

「期間」を決めて実践することの大切さ

 

ここで改めて、「期間」を決めることの重要性について。

 

本来であれば、可能な限り「自然妊娠」を目標としているカップルが多いはずであり

それは「治療」になってしまうことで、あらゆる面(経済的・精神的)の負担が増えるためです。

 

当然のことと思います。

 

「妊活を始めるタイミング」は、カップルそれぞれですが

「できるだけ早く始めるべき」ということには間違いなく

それに加えて、「治療を始める決断」の時期を設けることも大切です。

 

半年・1年と、それぞれのカップルで

「これまでに授かれなかったら病院に行く」という、タイミングを予め決めおき

それまでに、「できることは全てやる」という姿勢で臨んで欲しいと思います。

 

不妊の定義としては、

「タイミングを合わせた妊活で1年授かることができない」となりますが

必要なことはタイミング法以外にもあり、総合的な確率はカップルによって異なります。

 

「本気」をサポートする妊活サプリ

 

そして、「本気の妊活」をサポートするアイテムとして

ぜひ習慣的に利用して欲しいアイテムが、当サイトでも紹介している「妊活サプリ」になります。

 

まず前提として、妊活サプリを利用すれば妊娠できる訳ではありません。

 

しかしながら、「早めの本格的なアプローチ」が重要であり

あくまで例として、「AMHの数値が少ない、できないかも・・・」と何もしなかったり

また「正常」だからといって何も変えないのではなく、やはり<徹底的に>実践して欲しいと思います。

 

そして<期間>を決めることで、「経済的な負担」も制限されることになり

いずれにしても、不妊治療と比べた際には、低い価格には違いありません。

 

「判断」を早めるためにも、妊活サプリの利用は有効でもあります。

 

「もし利用したいたら」と考える心配をするのであれば、試すことが始めるべきと言えます。

 

>>「妊活サプリ」を検討しているカップルのための特設ページへ

 

「早く本気で始める」ことが最も重要な対応策

 

人間の体は、年をとるにつれて確実に「劣化」します。

 

そして、こと「ホルモン」「卵子」というのは

「加齢による肉体的な劣化」が、顕著に現れるものと言えます。

 

当サイトでも繰り返し解説していますが、不妊カップルが増えていることの

本質的な理由というのは、「妊娠を望む年齢」にあると言えます。

 

全体的に見て「遅い妊活のスタート」が、最も大きな不妊要因であることは間違いありません。

 

そしてそれには、「欲しい」「産むことができる」という時期が

昔に比べて「後ろ倒し」になっていることが影響しているはずですが

これには「女性の社会進出が進んだ」といった、様々な要因が絡み合っています。

 

女性の社会進出が活発になることは、基本的に喜ばしいことであり

それに付随する「晩婚化」は避けられないものでもあります。

 

ただし、それなりの「覚悟」や「条件の不利」が伴うことは忘れてはならないことです。

 

その結果として、「高齢出産」が増えていることは

それだけ「諦めることになったカップル」も増えているのです。

 

そして、そうならないためにできることとして

「早く始める」という処方箋が、最も有効であることもまた間違いなことと言えます。

赤ちゃんが欲しいカップルが知っておくべき妊活中・妊娠中・出産それぞれのリスクのまとめ

赤ちゃんを待ちわびているカップルは、出産の喜びを想像しがちですが、

1つの命を宿し、お腹で育て、「この世に送り出す」ということは、

本来とても大きなリスクを伴うことであり、根本には「母子の健康」がありますが

様々な過程において、少しずつそのリスクの質に違いがあります。

 

妊活・不妊治療の、いずれにしても

「妊娠」するまでの過程は、赤ちゃんの人生にとって

特に重要であり、その後の過程の大半の部分に影響を与えてしまうため

当サイトは、「卵の前から考える」ことが大切としています。

 

「流産」や「死産」そして「先天性障害」等の、考えたくもない

残念な事態の多くは、妊娠した時点で決まっていると考えられています。

 

以前であれば、これらは、妊娠中の女性の過ごし方に問題があると

考えられている風潮がありましたが、実際には「妊娠前」の段階で

「決まっている」のではないか、という考えが主流になってきています。

 

つまり、妊活の段階での取り組みが最も重要になります。

 

こういったことは、今となっては広く浸透していますが

もちろん、妊娠中の過ごし方・リスクを考えることも相変わらず重要であり

加えて「妊娠できた」がゴールではなく、しっかりと「出産」に関して

更に「その後」の人生に関しても、妊活の前の段階から考えておく必要があります。

 

このページでは、妊活中・妊娠中・出産における

それぞれのリスクに関して、重要なことをまとめたいと思います。

 

「卵になる前」から存在するリスク

 

妊娠する前から、考えたくもない胎児のリスクですが

  • 流産
  • 死産
  • ダウン症
  • その他先天性障害

 

これらだけでなく、細かい内容で言えば「早産」や「未熟児等」の

「比較的軽いトラブル」(表現はよくありませんが)と考えられるものでさえ

精子と卵子の段階で、発生する確率はほとんど決まっていることが分かっています。

 

精子・卵子に何らかの要因があることによって

以上に挙げたようなトラブルが発生しますが

それらの大まかな原因としては

  • 生殖細胞の劣化
  • 誰にでも起こりうるトラブル

 

いずれかに分かれます。

 

生殖細胞の劣化

 

精子・卵子の劣化の原因は非常に単純であり

加齢による、身体機能の低下の一部です。

 

特に女性側の卵子は、老化の影響を受けやすく

「卵子が劣化する」というよりも

元気な・健康な卵子を作ることが難しくなるということです。

 

  • 40歳以上の妊娠率
  • 40歳以上の流産・死産の確率
  • 40歳以上のダウン症・その他先天性障害の発生率

 

どれを見ても、若い年代よりも数字が悪化していることは

客観的な事実であり、受け入なければいけないことです。

 

男性側の「精子の劣化」は、卵子に比べて進行が遅く

還暦を過ぎてから、子供を授かる人も珍しくありませんが

染色体異常の発生確率は、年をとると共に確実に上昇するため

加齢が精子の劣化要因となることには、変わりありません。

 

誰にでも起きうるトラブル

 

誰にでも起こり得る事態とは、他の疾患・事故と同じく

「たまたま」染色体異常が発生したりするケースです。

 

精巣・卵巣で作られる精子・卵子は

その全てが毎回完璧な・異常がない訳ではなく

一定の確率で、異常のある・発生する場合もあります。

 

避けられない場合もあることは事実ですが

それらの異常が起きないように起こる確率を少しでも下げるために

出来る限りの努力はするべきと言えます。

 

以上のトラブルは、妊活サプリを飲んでも必ず防げる訳ではありません。

 

しかし、「念のため」「少しでもリスクを下げるため」に

出来ることはやっておきたい・やっておくべきことです。

 

>>「妊活サプリ」の種類・効果・意味について詳しく



妊娠中胎児・母体のそれぞれのリスク

 

妊娠のリスクに関して、この時期だけは

主に女性側の身体的な健康問題や、過ごし方についての部分が大半です。

 

もちろん、男性のフォローも大切になります。

 

せっかく宿すことができた赤ちゃんを

流産・死産することなく健康な状態で

送り出してあげるための過ごすことが重要です。

 

妊娠後の女性の体の変わった部分といえば

何と言っても、「お腹にもう1人いる」ということです。

 

自分以外の人間が自分の中で成長していく、ということ

「中にはいるのは分かるけど、様子が見えない」という

今までにない(ことが多い)、戸惑うことを感じることになるはずです。

 

特に、健康面や環境面では「大丈夫かな」と常に考えたり

自分が体調が悪い時などは余計に心配だと思います。

 

母体の体調と胎児の成長というのは、実際にはそれほど関係がないことが多く

「つわり」で苦しい時でも、胎児はスクスク育っているものです。

 

しかし、胎児のリスクに関しては発生してしまうと

「基本的に」非常に重大なことになるケースが多く

その中でも、最特に大きなリスクが

  • 流産・死産
  • 先天性障害

 

以上の2つになると思います。

 

繰り返しになりまsが、これら2つに共通していることは

妊活前から「発生するリスクはすでに決まっている」ということですが

できる限り可能性を減らすための努力も必要になります。

 

流産・死産のリスク

 

流産と死産は、妊娠22週(約4ヶ月半)を境に判断されますが

妊活時のリスクでも解説した通り、関流産に関しては「妊娠前」の段階

リスク要因が決定していることが多く、初期の段階であればあるほど影響を増します。

 

かつては、「流産は母親の素行・過ごし方に問題がある」

という考えが主流となっていましたが、現在では

「母親だけの責任ではない」ということがはっきりしていて

むしろ精子側にトラブルがあるのではないかとも考えられます。

 

ある程度胎内で成長した後の、「死産」に関しては妊娠前のリスク要因よりも

妊娠後の過ごし方に、要因がある可能性が高まりますが

妊活の段階から、しっかりと受精卵のことを考えていく必要があります。

 

先天性障害のリスク

 

流産等以外で懸念していることとして

  • ダウン症
  • その他先天性障害

 

があると思われます。

 

ダウン症と先天性障害は、発生する仕組みが異なる要素も多いとされ

ダウン症に関しては、精子・卵子のによる、受精卵の時点での「染色体異常」

その他の先天性障害に関しては、受精後の「脳細胞」「神経細胞」の成長に問題があるとされます。

 

しかし、先天性障害に関しては様々な症状があり

喘息やアレルギーから、視覚・聴覚障害まで幅広く

原因がどの段階で発生したかを特定することも、困難なことが現実です。

 

年をとっていればいるほどリスクが上がる

 

以上、解説した胎児のリスクに関しては

年をとっていれば、とっているほど

高齢出産であればあるほど、リスクは上昇します。

 

これはもう、はっきりとした事実であり

特に40歳を境に劇的に上昇することが事実です。

 

出来れば、それ以前に出産することが望ましいですが

高齢出産を覚悟しているカップルはに関しては

若年カップルよりも、より心がけることが多くなることを

しっかりと受け入れて、行動していきましょう。

 

妊活がうまくいった後は、その宿った命を

「どうやって安全に10ヶ月間守っていく」

という、新たな目標・努力が大切になります。

 

ありきたりな言葉ですが、もう1人の体ではありません。

 

2人分の健康と安全を守らなければなりません。

 

妊活に関しても、様々な努力を重ねてきたとは思いますが

すでに、出産までの新たなスタートは切られています。

 

ここから先には、どのようなリスクや対策があるのか

しっかり知っておき、油断せずに毎日を過しましょう。

 

妊娠中の主な母体の健康に関わるリスク

 

母体のリスクに関しては

  • 赤ちゃんのために仕方がないこと
  • その結果としての体調のトラブル

 

以上の2つが挙げられます。

 

これらのリスクは、基本的には体を守るためであり

妊娠後(最後の排卵後)赤ちゃんを流産させないように

また、健康に・安全に過ごせるようにするためです。

 

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という

「女性ホルモン」の分泌が活発になることで

体が変化していくことが、主な原因になります。

 

血圧の上昇

 

いわゆる「妊娠中毒」という言葉は、聞いたことがある人も多いと思いますが

正確には「妊娠高血圧症候群」と呼び、妊娠中に血圧が上昇してしまう症状です。

 

子宮が膨らんでいくことによって、物理的に周辺の血管が圧迫され

血液が通りにくくなることによって、血圧が上昇します。

 

基本的には誰にでも起こり得る症状であり

本格的な治療は出来ないため

  • 塩分の摂取量を控える
  • 体を冷やさない
  • 軽い運動

 

等によって、血流を悪化させないように心がけるしかありません。

 

血糖値の上昇

 

稀ではありますが、妊娠中に血糖値が上がってしまう

「妊娠糖尿病」という症状が見られる場合もあります。

 

妊娠糖尿病は、大きなリスクを招く症状であり

「早産」「先天性障害」を招く危険性があります。

 

実際に、母親かが妊娠糖尿病と診断された5%の胎児は

なんらかの身体的な障害が見られるというデータもあります。

 

妊娠をきっかけとした、プロゲステロンの増加によって

血糖値が上がりやすい状態が理由と考えられますが

元々血糖値が高めの人や、インスリンの働きが弱い人が発症する傾向があります。

 

この症状に関しても本格的な治療は出来ないため

  • 糖分の摂取量の制限
  • 運動療法

 

これらによって、基本的な対策をするしかありません。

 

基本的には体調は悪くなる

 

妊娠した・ホルモン量が変わったことに体が慣れないうちは

「つわり」を始め、様々な体調不良の症状が現れます。

 

血圧が高くなることによって「むくみ」などの症状や

息苦しさが続くことがありますが、軽い運動等によって

血行を良くする等して慣れていくしかありません。

 

せめて、悪化しないように

  • 塩分を控える
  • 軽い運動で血行を良くする

 

といった、基本的な対策で乗り切りましょう。

 

また妊娠中の制限や妊娠に伴う、費用・家計の管理に関しても

しっかりと覚悟を持って、臨んでいくことが大切になります。

 

BABY葉酸ママの恵み

 

出産のタイミングにおけるリスク

 

赤ちゃんを送り出すための過程の、最終段階です。

 

出産直前や分娩中共に、トラブルが多いタイミングでもありますが

約10ヶ月育んできた命をトラブルなく送り出してあげましょう。

 

頑張って妊活を乗り越えて、心をこめて育んできたとしても

出産の段階で、不幸な事故等が発生してしまった場合

今までお腹の中で、一緒に過ごしてきた時間が長いほど

辛い思いをすることは間違いなく、想像もしたくありません。

 

現代の日本では、出産時の事故は非常に珍しいことですが

「無いことではなく」死亡例から、軽度の障害が残る

全てのケースを含めて、全体の1%に起こるとされます。

 

主な出産時の事故としては

  • 母親・胎児の死亡事故
  • 母親・退治に障害が残る事故

 

いずれかのどちらかが、懸念すべき内容になります。

 

母体のリスク

 

出産は、生きてきた期間・妊娠していた期間に比べ、短い時間ではありますが

女性にとっては、人生で最も負担の大きなイベントになります。

 

それだけにリスクは非常に高く、死亡に至らないまでも

「後遺症」が残ってしまうケースは珍しくありません。

 

特に子宮等の下半身を中心にダメージが残り

以降「子供が産めない体」なってしまうこともあります。

 

出来ることというのは、出産に備えて

「母としての丈夫な体」を作っておくことであり

いつ陣痛が始まってもいい体にしておくことが大切です。

 

そのためには、妊娠中の体を整えておくことが最も有効です。

 

胎児のリスク

 

胎児の場合は、死亡事故以外にも「酸素不足」などによる

「脳性まひ」等の重い障害が、残ってしまうケースが多くなります。

 

突発的な事故によるものがほとんどあり

防げない場合もあることは確かです。

 

しかし、それらにつながる要因は妊娠時の状態も

関わっていることが多く、リスクを下げる努力はしましょう。

 

難産になってしまうということは

胎児の発育不足・発育異常等も大きく関係しており

「出産に耐えられる状態」に成長していなければなりません。

 

また、「早産」になった場合では事故が起こる可能性は

上昇するため、早産を起こさない妊婦生活を目指しましょう。

 

「他人事」ではなく「早め」に想定して「行動」しておく

 

以上に挙げたケース以外でも、

早産や難産などの場合には、より高い確率で起こる内容であり

どの医療機関に関わらず、起きてしまうリスクがあります。

 

ただでさえ、リスクのある出産ですが、高齢出産の場合には

妊活・妊娠同様、出産の際のリスクも急上昇します。

 

40代での出産は、20代の出産に比べて

そのリスクは4倍にも膨れ上がるというデータもあり

場合によっては、帝王切開等も検討しておく必要がります。

 

いずれにしても、晩婚化・高齢出産の傾向が顕著な現代では

「他人事」と考るのでなく、早い段階で「将来」を見据えることが大切であり

冒頭で述べた通り、「出産後」のことも含めて考えることが大切です。

 

妊活のためにダイエットはするべき?太っている・痩せていると妊娠しづらいの?

「体重」と「妊娠のしづらさ」は、一見関係のない

むしろ「体が大きい」方が、よい傾向があるように思えます。

 

しかしながら、「現在極端に太っている」ということは

これから妊活・妊娠をするうえで、やはりデメリットの多いものであり

本来であればその前の段階で、可能な限り標準体型に近づけたいものと言えます。

 

また同時に、「痩せている」という状態は

太っていることと同様に、極端な場合に注意が必要です。

 

この「太っている」「痩せている」ということに関しては

その時点での、妊娠の確率に加えて「妊娠後」の経過にとってもマイナスであり

母子の健康を考えるうえでは、必ずクリアしておきたい内容と言えます。

 

最も基礎的で、それほどお金をかけずにできることは

なるべく早く・今すぐ取り組みましょう。

 

「体重」が与える妊活への影響

 

まず最初に、「極端」でなければ

それほど神経質に考える必要はありません。

 

完璧に「中肉中背」の人こそ珍しく、

一般的には、どちらかに傾いている方がほとんどであると言えます。

 

あくまで、考えられる例としての解説をしたいと思います。

 

まず、体重が「適正」から離れていることで考えられる

妊活へのデメリットとしては、「ホルモン分泌」に関するトラブルです。

 

しかしながら、肥満の傾向が見ららえる方が

注意すべき、女性が生理不順に陥る2大要素として

  • ストレス
  • ダイエット

 

以上が考えられており、「短期間の減量」は控えたいと言えます。

 

※ダイエットの際の注意点

>>不妊治療中・妊活中の食事制限はしてはいけない

 

また、極端に痩せている女性に関しても

生理のサイクルが乱れやすい傾向があり

加えて「貧血」といったリスクも上昇します。

 

一方で、太っている人に関しても

脂質が過剰に貯蔵されている状態というのは

ホルモンの分泌にとって、マイナスになります。

 

※「太っている」ことによるデメリットについて詳しくは

>>「肥満」と「不妊」の関係・妊娠への影響

 

こうして考えてみると、極端な場合は妊活にとって

非常に密接な悪影響を与えるものであると言えるのです。

 

葉酸グリーンスムージー

最も懸念される「妊娠後」に現れる影響

 

しかしながら、本当に懸念すべきは

「妊娠後」に現れるリスクと言えます。

 

当サイトでも「妊娠」が妊活のゴールではないことは

何度も述べていますが、「妊娠を見据えた妊活」を心掛けましょう。

 

そして、太っている場合・痩せている場合には

それぞれに異なるリスクが存在すると言えます。

 

妊娠中の高血糖・高血圧

 

もし「極端に太っている状態」のまま妊娠がかなった場合には

体形特有の、健康トラブル・それによるリスクが加速します。

 

特に顕著なものは、最も基礎的な要素である

血糖値・血圧によるものであり、場合によっては「かなり危険」です。

 

まず少しでも、どちらかの傾向が見られる場合には

「現在の状況が、悪化する」と考えましょう。

 

妊娠中は、体に栄養素を取り込む機能が強まることで

「便秘」「太りやすい」と同時に、血糖値が高くなる傾向もあります。

 

「妊娠糖尿病」は、胎児の健康問題につながる可能性

また出産後の糖尿病のリスクが上昇するものであり

基本的に太っている・太る生活を送っていた方は

血糖値が「妊娠する前から高い」傾向があり注意が必要です。

 

※高血糖の傾向が見られる方は

>>「ピニトール」で血糖値を改善して妊娠しやすい体へ

 

妊婦特有の症状も加速する

 

また、妊娠中に「ただでさえ多くの人が経験する」ことになる

「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)」とは

子宮周囲の組織が、血流を圧迫していることによるものであり

「余計な脂肪」が多い場合には、リスクがより高くなることは言う間までもありません。

 

※高血圧の傾向が見られる方は

>>脂肪酸・オメガ3は妊活に効果的?

 

「痩せている」ことによる影響

 

そして、「極端に痩せている」場合におけるリスクとしては

「貧血」はもちろん、つわりによる嘔吐・食欲不振によって

より痩せていく「負の連鎖」が起きやすいと言えます。

 

そもそも体が小さいことは、あらゆる変動を受けやすい

「体質が弱い」と言える状態であり、妊娠によって引き起こされる

女性ホルモンの急激な変化による影響大しても、言えることです。

 

身長が140cm未満・体重40kg未満の女性であっても

特に問題なく健康な赤ちゃんを出産をした例は、たくさんあります。

 

しかしながら、基本的にはあらゆる「許容量」が少ないと考え

入念な準備・覚悟を持つ必要があると考えましょう。

 

ちょっと極端な場合に対処するべき・あくまで初期は現状維持

 

以上は、やや極端な例も含めましたが

妊活の初期段階においては、まず「現状維持」の状態

「普段と変わらない」状態での取り組みを優先しましょう。

 

太り気味・痩せ気味の方は、妊活と平行しつつ

体形の標準化に取り組むことを心掛けましょう。

 

⇒妊娠に向けた「体重コントロール」におススメのアイテム

「妊娠力」を高めて<妊娠確率>を上げる方法~できること・すべきこと・必要なことを整理する~

「早く欲しい」という気持ちは、妊活中のカップル

また、不妊治療を受けているカップルに共通するものに違いありません。

 

その気持ちを「健康的に」保つことができている時期

その期間の間に、思いが叶うことができれば幸いですが

中には、どうしても・なかなかできないカップルもいることが現実です。

 

「不妊」と呼ばれる、

「欲しい気持ちを持って、働きかけている」にも関わらず

「1年以内に妊娠することができない」カップルの数は、年々着実に増加しています。

 

その最も大きな要因が、晩婚化・高齢出産の割合の増加であり

「スタートが遅い」ということが、紛れもない事実として分かっています。

 

「加齢」というのは、男女に共通する確実な不妊要因の1つです。

 

いわゆる「妊娠力」と呼ばれるものは、「20代前半」がピークと考えられており

それ以降は徐々に低下するしかなく、30歳・40歳という特定の節目を境に

一気に低下していくことになります。(個人差はあります、あくまで目安として)

 

そのため、それ(20代半ば)以降の時期から

「絶対的な能力高める」ということは、現実的に不可能なことと言えます。

 

これは避けられない・受け入れなければならないことであり

あくまで「現時点の妊娠力」の向上を、考えていくべきと言えます

 

 

※年齢と妊娠確率に関する参考ページ

>>年齢による「妊娠確率」の変化と「個人差」

 

>>不妊治療と年齢~何歳まで妊娠できるのか~

 

微妙に異なる「妊娠力」と「妊娠確率」

 

ここまでは、常識的なこととして広く認知されていますが

上記の妊娠力に加えて、「妊娠確率」といったものも存在します。

 

両者は同じように考えられており、実際に重なる点もありますが

異なる点として、妊娠確率という要素は

同一人物であっても、状況によって変化するものです。

 

最も典型的な要素が「排卵日」といったものであり

排卵日当日、もしくは前後1日に比べて

1週間前・1週間後というのは、桁違いに確率が変わります。

 

これは「タイミング法」を実践するうえで、前提となるものですが

それ以外にも、排卵日当日の体調・ホルモン状況によって異なるものです。

 

最高の状態に高めた「平均(妊娠力)」を

その中で、最も高い状態にすることで確率は高まるのです。

 

まずは、排卵日を規則正しく整えること

 

そして、元気な卵子を元気な状態で排出すること

 

それに加えて

 

元気な精子を当日に用意できることが、確率を高める最低条件になります。

 

更に「外堀」を埋めることも大切であり、それは「体の中のこと」だけではなく

もっと物理的な要素である「膣」の清潔度といったことも、大きく影響するものになります。

 

「最高の環境で出会わせる」こともまた、忘れてはならないことです。

 

 

※排卵日の状態を最高に高めるための参考ページ

>>妊娠しやすい時期に妊娠しやすい方法で「確率」を最大限に高める

 

 

※元気な生殖細胞を準備するための参考ページ

>>やはり「イースタティックミネラル」の効果が妊娠に期待・希望を持てる?

 

>>妊活サプリの選び方~どれを試すべき?本当に効果があるものは?~

 

>>自宅にいながら精子の状態を調べる「検査キット」~「男性不妊」かも?と不安に思い始めたら~

 

「受精」が終わりではない

 

「徹底的に条件を整えて実践する」ということは

それだけ「最終的な確率」を大きく上昇させることになりますが

もし「受精」できたとしても、それだけで妊娠が叶うわけではありません。

 

その次に、「着床」と呼ばれる

「赤ちゃん(受精卵)を子宮に根付かせる」段階を

最高の状態で迎えることが、大切なことになります。

 

受精はできたとしても、着床をしなければ

当然のことながら、「妊娠できた」ことにはなりません。

 

この段階になると、確かに男性にできることはありません。

 

ある意味で「最高の精子を作る」ことが

男性側の最大の働きかけになりますが

この着床時期に、パートナーへの最大限のケアを行うなど

できることは、すべて協力することが大切になります。

 

神経質に接することで、逆の影響を与えないよう

気遣って接っすることが、大切です。

 

また着床した後の「化学流産」と呼ばれる「超初期流産」は

珍しい現象でもなく、「気づかない間に」起きているものです。

 

「妊娠したかも分からない状態」であるため

確かに精神的なダメージは少ないものとなりますが

「せっかく授かった」ことには変わりなく

やはり起きないように、最大限の注意を払うべきものと言えます。

 

 

※着床時期の状態を最高に高めるための参考ページ

>>妊活ビタミン「ビタミンE」で着床障害の確率を改善して初期流産のリスクを下げる



もちろん「着床」が終わりでもない

 

そして着床したとしても、もちろんそれは終わりではありません。

 

いよいよ「お腹の中で育てる」という段階になります。

 

そして、ここからは妊娠力・妊娠確率とは異なる条件が

重要になってくるように思えますが、ここからの経過というのは

妊娠前に、すでに多くの要素が決まっているものでもあります。

 

ここから最も懸念する事態というのは

  • 死産
  • 流産

 

という、授かった命を失ってしまうことになりますが

「安定期(妊娠4~5ヵ月目以降)」以前の流産というのは

精子・卵子の質によるものが、7~8割であることが分かっています。

 

「最初から決まっていた」という言い方ができるものであり

これは「女性側の問題」だけでなく

もちろん男性側(精子)にも問題があったということです。

 

これは「死産」という表現に変わる、22週目以降も無関係ではありません。

 

 

※流産・死産に関する参考ページ

>>流産の確率を下げる妊娠

 

>>妊娠初期の流産を防ぐことは出来るのか

 

「現実的な」準備はできているか

 

以上、各段階に分けて解説してきましたが

妊娠とは、最終的に「健康な出産」ができないことには

「叶った」ということにはなりません。

 

もちろん、覚悟していることとは思いますが

決して神経質にならず、最善を尽くすことが必要です。

 

そして、そのために大切なこととは

結局は「できることは、全てやる」ということです。

 

繰り返しになりますが、<妊娠力>を高めた状態で

最高の<条件>を整えることを意識しましょう。

 

妊娠という現象は「奇跡」であり、

本来であれば「確率」や「効果」「効率」「条件」といった

「目的のための手段」を考えるべきではないかもしれません。

 

しかしながら、不妊カップルの増加は深刻な状況であり

決して他人ごととして、甘く考えてはならいうものです。

 

「いつできてもいい」という、気持ち以上に

迎え入れるための準備が、万全にできているのか

「本当に適切な状態」なのか、もう一度しっかりと振り返ってみましょう。

 

妊活というイベントを迎える、不妊治療を決断する際には

どうしても「気持ち」が先行してしまいがちです。

 

それこそが「ストレス」を招く要素であり

ストレスが好影響を与えることは決してありません。

 

また、物理的に十分な状態になっている状態でなければ

「本当にだめなのか」判断することはできません。

 

気持ちはもちろん大切なことですが

もう一度、「抜けている部分」がないか

「現実的な不足」はないか、確かめる必要もあるはずです。

改めて妊活・妊娠前における葉酸の効果・必要性について考えてみる~不足は「着床障害」も招く~

妊活における、「葉酸」の重要性に関しては

もはや改めて解説するまでもなく、常識的なものとなっています。

 

様々な種類が販売されている、「妊活サプリ」に関しても

現代においてもなお、葉酸を主要成分とするものが多くなっています。

 

葉酸に関する、その最も大きな効果・働きとしては

妊娠初期における、胎児の神経(脳神経細胞)の形成であり

不足することによって、神経が閉塞を起こすリスクが高まり

それによる弊害は、予想のでできない幅広いものが存在します。

 

最悪の場合には、流産・死産という事態と招き

また出産に至った場合にも、様々な先天性障害が想定されます。

 

こう聞くと、「妊娠した後に摂取すればいい」と考えがちですが

葉酸の効果というのは、妊活・それ以前の段階においても非常に重要なものになります。

 

「生殖細胞の成長」と「着床」に欠かせない要素

 

葉酸を「妊娠前」に摂取することの、最も大きな必要性として

生殖細胞の、健全な成長に影響するためになります。

 

健康な生殖細胞と作るためには、あらゆる不可欠な成分が存在しますが

その中でも、葉酸は「成熟」のサポート役を担っています。

 

不足していると、健康な・正常な卵子は育たないのです。

 

更には、卵子(卵胞)の成熟過程においても重要なことはもちろん

「受精」した後に、「着床」にいたるまでにも

  • 受精卵の成長
  • 子宮の発達

 

という、2つの面に大きく影響することになり

これらは、子宮に定着する・させる力とも考えられます。

 

着床しなければ「妊娠」はできない

 

当然のことながら、精子と卵子が出会い、受精に成功したとしても

子宮に定着して、細胞分裂を始める「着床」という段階を

正常に減ることができなければ、妊娠は叶いません。

 

この「着床障害」というのは、妊娠に至らない理由として

また不妊の原因としても、非常に多いケースになります。

 

その理由としては、上記したように

  • 受精卵に着床するに至る能力がない
  • 着床ができるような子宮の状態が用意できていない

 

この2つのパターンを想定することができます。

 

葉酸は、これら2つの要素を満たすためにも必要になりますが

その「スタート」というのは、卵子が「排卵される前」の段階になります。

 

>>着床時期の正しい過ごし方について

 

子宮を準備するための「合図」を送る

 

排卵後には「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが活発になり

それによって、赤ちゃんを受け入れるための準備を始めます。

 

その最たるものが、「子宮内膜」の成熟であり

この子宮内膜の厚さ(成熟度)は、着床できるか否かに大きく影響します。

 

「妊娠確立」を左右してしまう要素なのです。

 

そして、この子宮内膜の準備の「頑張り具合」というのは

卵胞の成熟度に、大きく影響を受けると考えられています。

 

つまり、「いい卵子」が作られていれば

頑張って「いい子宮」を作ることにつながるのです。

 

そういった意味で、葉酸というのは、

「できるだけ早く」「常に」十分に摂取する必要があります。

 

卵子というのは、常に・順番に成熟が続いているからです。

 

※生殖細胞の健康に関する効果として

>>「イースタティックミネラル」についても知っておきましょう

 

「血液」が増えることのメリット

BABY葉酸ママの恵み

 

そして、葉酸が持つもう1つの働きとしては

「血液」を作るための、「造血成分」の1つであることです。

 

血液を作るために、必要な栄養素としては「鉄分」が有名ですが

葉酸に関しても、血液を作るために欠かすことができません。

 

特に、冷え性の傾向の強い女性とっては

血液を増やすことによる、血流の改善は非常に有効と言えます。

 

また血流の向上は、健全な子宮の発達にとっても欠かせないものであり

ますます妊活前の段階での必要性を意味する要素になります。

 

  • 造血による貧血の予防
  • それによる冷え性の改善
  • それによる子宮の発達

 

これらには鉄分・亜鉛の効果が、広く知られていますが

その反面、葉酸の働きに関しては、注目されずらい側面があります。

 

同じくらい、重要な要素と認識しましょう。

 

サプリでの計画的な摂取が推奨される

 

葉酸は、食事によっても摂取できる成分にあんりますが

妊活・妊娠時には、必要となる基準値が増える栄養素でもあります。

 

あらゆる栄養素に対して、本来であれば自然食品からの摂取が推奨されますが

妊活時に関しては、やはりサプリの摂取が有効であると言えます。

 

こと葉酸に対しては、特に言えることでもあり

欧米においては、妊活時からの摂取が医師によって推奨されており

更にその機基準量に関しても、日本よりも多いものになります。

 

体積の違いによる事情もありますが、それだけ重要な要素として

注目されている栄養素の表れでもあります。

 

>>女性におすすめの葉酸を中心とした妊活サプリの比較・紹介

「AMH」が基準値よりも低いと自然妊娠が難しい?高くてもダメな理由~「自分の数字」の変調が重要~

当サイトでも度々解説していますが

「卵子(となる細胞)の量」は、すでに決まっており

後は減るだけであり、どれだけ減る・減っていくかによって

妊娠の「確率」が変わることは、広く知られています。

 

しかしながら、卵子となる細胞は目に見えないものであり

その程度残っているか、を自分で判断することができません。

 

これから先「受精卵」となれる可能性の卵子が

どの程度、まだ体の中に存在するのか

それを知るためには、検査を受ける必要があり

「AMH(アンチミューラリアホルモン)」と呼ばれる

体内分泌物質の数値から、「予想」することになります。

 

「AMH(アンチミューラリアホルモン)」とは

 

「AMH」とは、発育(分裂)過程にある卵胞細胞が

分泌している特定のホルモンの名称であり、この分泌量によって

「あとどのくらい残っているのか」ということが、判断できます。

 

もちろん、成熟段階によってその強さ(波形・数字)が違うため

確実な判断材料ではありませんが、医学の進歩と共に

その「シグナル」の質・量も見分けられるようになりました。

 

しかしながら、このAMH値は非常に個人差が大きなものであり

たとえ元気であっても、ほとんどシグナルを出さない卵胞細胞もあり

また、30代の平均が「3~6」といったように

比較的レンジの広いものでああり、わずかな年齢の違いでも異なります。

 

そのため「人と比べる」のではなく、「自分」と比べ

その数字の変化・変遷を、注視する必要があります。

 

「数値」よりも<年齢>が重要となる

 

そして、この検査の正確さが増した結果として

卵子の量・質共に「年齢と比例する」ということが証明されました。

 

「<年齢>以上のシグナルはない」ということです。

 

またこの「AMH」の数字に関して、注意しなければならないこととして

この数字が低いからといって、妊娠することができないわけではありません。

 

「成熟した受精卵」が残っていれば、妊娠は可能です。

 

しかしながら、やはり「数値が低い」ということは

「早くしなければならない」という、裏付けでもあります。

 

※もう一度

>>卵子の老化を防ぐために~元気な卵子を「減らさない」こと~

 

高くてもダメな数値

 

「AMH」の数値は「高ければ高いほどよい」と考えがちですが

実際には極度に高い場合、問題が発生していると考えられます。

 

その主な要因として

「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」があり

順番通りの順調な排卵ができず、「不完全な受精卵」が溜まり過ぎてしまい

「AMH」のシグナルが増幅されているという状態です。

 

>>「多嚢胞性卵巣症候群」の原因と治療・改善策

 

一度は受けてみるべき検査

 

この「AMH」の値を知るための検査は、簡単な血液検査であり

専門のクリニックで、いつでも受けることができます。

 

意外にも気軽に受けている人が多く

6,000~10,000円が、おおよその相場になります。

 

極端に高額ではありませんが「保険適用外」の検査であり

繰り返し行う場合は、負担となってしまうことは確かです。

 

しかしながら、「AMH以外」の

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

 

といった、女性ホルモン等の値も知ることができ

今後妊娠を望んでいる場合には、有意義な検査に違いなく

早い段階で、一度は受けておくべきと言えます。

健康で元気な精子をつくることで「生存期間」を延ばすことはできるのか~「受精可能」な時間とは?~

「男性側」が、何らかの問題を抱えている「男性不妊」

不妊カップルの増加と共に、最近になって急激に認知され始めました。

 

「女性側に問題がある」と考えられていたことを覆すように

「約半数は男性不妊が原因」という「事実」が判明しています。

 

着実に増えており、決して「他人事」ではありません。

 

そしてこの男性不妊は、その多くが「精子」に関わる問題によるものです。

 

※男性不妊について詳しくは

>>詳しい不妊症の原因~男性不妊症~

 

>>男性不妊が増えている原因と改善策

 

「元気」なら長生きするの?

 

精子に関する要素には「量」と「質」があり、両方とも重要になります。

 

最低限の量、その中に受精が可能な「運動率」を持った精子が

何匹いるかで「おおよその確率」が決まります。

 

これ自体は、納得される方も多いと思いますが

そうなると次に「精子の寿命」について

「いつまで元気でいられるのか?」ということが気になると思います。

 

これは「タイミング法」を実践するうえで

非常に大きな「ポイント」となる部分であり

「ちょっと早いけど」「ちょっと遅れちゃっけど」という際に

「今でも大丈夫なの?」という疑問の裏付けになります。

 

>>精子の「生存期間」に関して詳しい記事



元気でいられる時間を延ばす

 

当然、元気な・健康な精子が、生存時間が長いことは間違いありません。

 

健康であれば「寿命」も長く、同時に「元気でいられる期間」も伸びます。

 

しかしながら、当然「限界」はあるものであり

生存期間中に、いかに「正常に働くか」が重要であり

「タイミング」という要素が、重要であることには変わりありません。

 

そして「新鮮」であることが、最も大きなアドバンテージです。

 

よって「新鮮な時間を長く」することが

妊活を進めていくうえで、大きな鍵を握ることになります。

 

※参考記事

>>精子を増やして運動率を上げるための方法

 

>>精子の量を増やす食材・栄養素

 

>>精子の質を上げる食材・栄養素~精子無力症の対策・改善~

 

画期的な成分「イースタティックミネラル」

 

昨今の、男性不妊の増加に伴い

男性に向けた「妊活サプリ」も非常に増えてきています。

 

基本的には、精子の質の向上に有効と考えられる

各種栄養素・成分に特化した内容になっていますが

その中でも「イースタティックミネラル」という成分が注目されています。



「イースタティックミネラル」を配合したサプリは

「ミトコア」のみであり、また男女関係なく服用できるアイテムです。

 

生殖細胞に対し、根本的なアプローチができる数少ないアイテムであり

特に妊活の期間が長くなってしまったカップルにこそ

日常的な改善策と合わせて、ぜひ試して欲しいものになります。

 

>>「イースタティックミネラル」についての詳しい解説

 

>>「ミトコア300mg」についての詳しい解説

 

>>男性不妊のための「妊活青汁」も

「プロラクチン」が高いことは不妊の原因になる?~下垂体腺腫(腫瘍)?症状を正常値に戻す治療法は?~

「プロラクチン」と呼ばれるホルモンは

それほど広く知られてはいない内分泌物質ではありますが

妊活を実践している場合、女性を中心に知られているものと思います。

 

プロラクチンとは、本来出産後の女性の分泌が活発になるホルモンであり

「乳腺」を発達させることで「母乳」の分泌を促す働きがあります。

 

そして、出産直後(授乳期)ではないにも関わらず

このプロラクチンの血中濃度が基準値よりも高い症状を

「高プロラクチン血症」と呼び、不妊の要因にもなり得るとされています。

 

結果的に妊娠しづらい状況を招く

 

高プロラクチン血症が、不妊の要因になってしまう理由として

プロラクチンが女性の体に与える、もう1つの作用になります。

 

その働きとは「排卵を抑制する」というものであり

これは、出産直後の女性が育児(授乳)に専念するために

与える働きと考えられており、しばらくは新しい命を授かれない状態にするのです。

 

つまり、産後ではない女性にとっては

高プロラクチン血症は、生理不順・排卵障害を招きやすい状態であり

そのため、結果的に不妊の要因になってしまうと考えられています。

 

そして更に、プロラクチンの分泌が活発になっているということは

「エストロゲン」の分泌が抑制されている状態であり

女性ホルモンのバランスの乱れ、「卵胞」を正常に育てられない

結果的に、排卵を促せない(無月経症)を招くことにつながります。

 

「妊娠後」にも現れる影響

 

またプロラクチンの分泌が活発な女性は、妊娠することができたとしても

「流産」や「死産」につながる「不育症」を起こしやすいことが挙げられます。

 

このように高プロラクチン血症は、実は女性不妊の要因となる

諸症状の、根本原因であることも多いのです。

 

>>「不育症」について詳しく



高プロラクチン血症の原因

 

「脳下垂体」から分泌されるプロラクチンは

その分泌異常も、脳下垂体の状態によって招かれることになります。

 

その多くは、脳下垂体に「腫瘍(下垂体腺腫<プロラクチノーマ>)」

発生することによる、分泌異常になります。

 

この「腫瘍性<産生>高プロラクチン血症」は

高プロラクチン血症の中でも、最も多い要因となります。

 

また腫瘍等の問題がないにも関わらず、プロラクチンの分泌異常が起きる

「機能性高プロラクチン血症」は、下垂体腺腫の次に多い要因になります。

 

特殊なケースも

 

脳下垂体以外で、ホルモンの分泌を担っている

「甲状腺」の異常である「甲状腺機能低下症」によっても

結果的に高プロラクチン血症の症状が現れることもあります。

 

いわゆる「橋本病」と呼ばれるこの症状は「高血圧」を招くことになり

もちろん妊活・妊娠時の女性にとっては、リスクでもあります。

 

高プロラクチンの治療・解決法

 

下垂体腺腫自体は「良性腫瘍」であり、主に

  • 薬物療法
  • 外科手術

 

のいずれかによって、改善・克服を目指すことになります。

 

初期の段階、また腫瘍が小さいものであれば

薬物療法によって、改善を期待します。

 

しかしながら、薬物療法に関しては

副作用(吐き気等)が発生することが一般的であり

長期間の薬物療法は、非常に難しい現実があります。

 

そのため、外科手術を決断するケースも多いです。

 

改善までの期間が予測しづらい薬物療法に比べ

短期間での改善が望めるため、大きな腫瘍の場合などには

最初から、外科手術を行うケースも珍しくありません。

 

なにが「きっかけ」になりやすい?予防が大切!

 

腫瘍によって招かれること以外の「原因不明」の高プロラクチン血症は

ストレスによって、ホルモンバランスが乱れることで発生するとも考えられています。

 

また、体質的にもプロラクチンの濃度(分泌量)が

上昇しやすいケースもあり、そういった女性が

ストレスを受けることによって、高プロラクチン血症を招くこともあります。

 

あらゆる面で、ストレスは妊活の大敵であり

「感じない」ことは難しいながらも「溜めない」ことが大切です。

 

またこの高プロラクチン血症は、女性に限らず男性にも起こりうる症状であり

「男性機能障害(インポテンツ)」を招くものでもあります。

 

>>「男性機能障害」について詳しく

 

いずれにしても、女性の場合には「生理不順」の症状や

「異常な胸のハリ」を感じた場合、医療機関への早期の相談が推奨されます。

妊活サプリの選び方~どれを試すべき?本当に効果があるものは?~

「妊活サプリ」を実際に利用しているカップルは多く

利用者の増加に伴い、その「種類」も数えきれないほどになっています。

 

日々研究が進む中、あらゆる角度からアプローチするために

種類が増えてしまうことは、仕方がないことでもあり

豊富であればあるほど、利用者にとってメリットがあることは確かです。

 

しかしながら、多ければ多いほど「選べない」という

新たな悩み・問題も発生してしまうことになり

「正しい判断」というものが、難しくなってしまいます。

 

実際に、現在利用を検討しているカップルの方の中にも

「選べない」ことを理由に、購入を躊躇してしまっている方々も多いようです。

 

「自分に合った」ものを探すことが難しい

 

「サプリ」とは、基本的には「栄養補助」を目的としているものであり

「期待に対する100%の効果」を保証するものではありません。

 

ただし、当然のことながら「飲まないよりはいい」ことも確かであり

どのようなサプリであれ「おおまかな」目的に合致した成分を含むものであれば

「全く効果が無い」ということは、ないはずです。

 

しかしながら「出来るだけ合った」ものを利用するべきであり

そして、最も難しい部分というのも「そこ」になります。

 

まずは「トータルケア」を目的としたサプリを

 

「どれがいいかわからない」といった場合には

「とりあえず」時間を無駄にしないためにも

「トータルケア」「オールインワン」と呼ばれているサプリを

利用し始めることをおススメします。

 

不妊の要因となるものの中で、最も多くの割合を占めている要素が

「ホルモン」と「生殖細胞」であり、これらをケアする効果がある栄成分が

「妊活3大栄養素」と呼ばれている

  • 葉酸
  • 鉄分
  • 亜鉛

 

であり、これらは最低限摂取「不足しない」状態にすべきであり

そのため、ほとんどの「トータル妊活サプリ」に含まれているものになります。



 

makana

 

昨今のアイテムは、これらの成分「だけでなく」

その他の有効成分や、特別な「プラスアルファ」を含んでいるサプリが多く

「単なる不足分」以上の栄養素を摂取することが出来ます。

 

日常生活では摂取出来ない成分こそ

 

そして「不足分を補う」という観点かんら考えた際に

「不足しやすい成分」を摂取することが、最も効果的であると考えられます。



「足りていた成分」を「過剰摂取」しないためにも

「足りない成分」その中でも「特に妊活に効果的な成分」

摂取出来るサプリもあり、「効率」を考えるのであれば

そういったものを選ぶことをおススメします。

 

「男女別の希少成分」配合サプリ

プレミンパパ、プレミンママ

 

「新しいアプローチ」にも注目する

 

更に「最先端の技術・理論」を参考にすることも大切です。

 

日々、新たな商品が開発・販売される中で

「今までになかった成分」を配合したサプリや

「新商品サプリ」は、今までの効果・結果に基づいて

計算された作られたものであり、最も期待できるとも考えられます。



特に「イースタティックミネラル」を配合したサプリは

画期的なアプローチであり、「原因不明」の不妊で悩むカップルの方は

知っておいて欲しいアイテムになります。

 

「イースタティックミネラル」を配合した唯一のサプリの公式ページへ

 

「妊活」に関わる科学・研究は、日々進歩しています。

 

常にアンテナを張っておくことを意識しましょう。

 

※参考記事

>>不妊には漢方?それとも妊活サプリ?どちらが効果的なのか

 

>>「イースタティックミネラル」について詳しい記事

 

>>不妊症専用サプリメントの効果・試す意味

 

「とりあえず」そして「考えながら」試してみることが大切

 

サプリを試すためには「お金」がかかります。

 

そのため「無駄にしたくない」という思いが芽生えてしまい

  • 最初から試さない
  • 同じものをずっと利用する

 

といった傾向が、非常に多く見られます。

 

しかしながら、試さないことには

「絶対に効果は得られない」ものであり

「あまり意味のない」ものを試していても

時間とお金だけが、かかってしまうことになります。

 

どこかで「決断する」ことが大切になります。

 

また「そんなもの使いたくない」という男性も多く

女性側が、試してみたい・試して欲しいと思っていても

なかなか前に進めないというケースもあるようです。

 

それでも「決めた期間」だけでも、ぜひ試して欲しいと思います。

「出産経験」と妊娠しやすさ・女性の病気(婦人病)との関係

メディア等では「大家族」といった「子だくさん」の一家の

特集が組まれたり、時に「ブーム」となったりしていますが

こういった話題を冷静に考えた際、必ず沸いてくる疑問が

 

「できやすい」カップルというのは存在するのか?

 

ということになると思います。

 

これは、1人も授かることが出来ていないカップルだけでなく

「2人目不妊」に悩んでいるカップルにとっても

必ず頭に浮かんでくることであるはずです。

 

実際に「的中しやすい」と言われる

「元々の確率が高い」カップルは、存在していると考えられます。

 

そして、この「確率」は「相性」という言葉で表されることも多く

「自分達は相性が悪いのか?」と

考え込んでしまっているカップルもいるかもしれません。

 

しかしながら、実際には「相性」ではなく

いかに「元々の確率」を高めるか、ということになります。

 

この「確率」は「状況(状態)」によって、変わってくるものなのです。

 

まずは「確率」で考えることが出来る段階にあるか

どの程度「潜在的な確率」が高まっているかは、非常に重要な要素になります。

 

※参考記事

>>早く2人目が欲しい~二人目不妊の原因を1人目との期間から考える~

 

>>妊娠しやすい時期に妊娠しやすい方法で「確率」を最大限に高める

 

「経験」がある女性の方が妊娠しやすい?

 

「一度産んだことのある女性は授かりやすい」

 

 

「なるべく期間を空けない方が妊娠しやすい」

 

といった「迷信」のようなものを

聞いたことがある人もいるかもしれません。

 

そもそも「根本的に<不妊>ではない」

という前提があるため、ある意味で「当たり前」のことでもあります。

 

しかしながら「体のめぐり」という要素を考えれば

「半分は」事実と言って差し支えないことになります。

 

makana

女性には「調子のいい」時期がある

 

女性の体調というのは「女性ホルモン」に支配されており

非常に目まぐるしく変化していくものでもあります。

 

基本的には、約1ヶ月周期で変化していき

時には「1日」の中でも、変わってしまうこともあります。

 

自分の体・体調の「癖」を掴んでいる人も多いと思いますが

「なぜか調子がいい」という時期もあるずです。

 

この時期には「めぐり」が良くなっている状態であり

当然、排卵~受精~着床といったサイクルが

スムーズに進むことが多くなると考えられます。

 

「着床障害」は「精子」に問題があるケースが多いことは事実ですが

「卵子の調子」も、もちろん「受精しやすさ」に関わります。

 

「ノっている時期」は確かに「妊娠しやすい」可能性が高い

 

この「調子」に関しては「波」と呼ばれることもある

「漠然とした」要素ではありますが

実際に「妊娠しやすい時期」というものは、人によって違います。

 

人によっては20代前半であったり、後半であったり

もしかしたら「30代に入ってから」ということもあり得ます。

 

もちろん、年齢が上がれば上がるほど

「調子がいい時期の可能性」は、低下することにはなります。

 

>>年齢による「妊娠確率」の変化と「個人差」

 

そういった「タイミング」と言う時点で、一度妊娠・出産した時期は

「きている」「ノっている」と呼ばれるような状態であると言えます。

 

こうした期間を長く保つことが

「二人目の出来やすさ」といったことに

つながってくるはずであり、再度妊娠を望んでいる場合

本来であれば、この時期が授かりやすい可能性もあります。

 

しかしながら、現実には「年子は難しい」というケースが多く

「少し期間を空けて」と考えている間に

「乗っている時期」が終わってしまうことも考えられます。

 

いい時期を出来るだけ早く・長く保つ

 

以上のことから、これから赤ちゃんを望むのであれば

妊娠しやすい時期を出来るだけ早く「引き寄せ」て

出来るだけ長く「保つ」ことが、妊活・2人目妊活にとって

大切な要素であると考えられます。

 

女性ホルモンの分泌には「自律神経」が、大きく関わっており

この自律神経を乱す、最も大きな要因が「ストレス」になります。

 

そのため「嬉しい」「喜び」といった、ストレスとは正反対の出来事が

ホルモンを「波に乗せる」ために役立つと考えられるはずです。

 

将来的にも影響があるとされる出産経験

 

出産経験のある女性、特に何度も経験している女性は

出産経験がない女性に比べて

「更年期障害」と呼ばれる「女性特有の症状」が軽いとされています。

 

科学的な根拠に乏しいものではありますが

確かにその「傾向」がることは事実のようです。

 

そもそも、更年期障害の根本的な原因は

「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」であり

少なくなってしまった、エストロゲンの分泌量に

体が慣れるまでの、症状が更年期障害になります。

 

またこれは、更年期障害に限らず「婦人病」と呼ばれる

女性の不調の症状の、全般に見られるものでもあります。

 

出産経験があるということは、妊娠~出産に至るまでの

「大幅なエストロゲンの変動を経験している」ということでもあり

 

「耐性」が出来ているという説が、最も納得出来るものになります。

 

「めぐり」の改善は妊活の第一歩和漢&酵素のチカラ ママルナ

1 2 3 5
「最新」トータル妊活サプリ

makana

よく読まれている記事

妊活サプリの紹介

必ず知っておきたいこと

このサイトについて